パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価 - 69ページ目

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

3.6

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

エマ

エマの感想・評価

3.5
エルたんにならマウスtoゲロされても怒らないよね!全人類がね!
angryaoi

angryaoiの感想・評価

3.5
TSUTAYAで借りてきた昔のVHS、めっちゃヘンテコで意味わからず、作られた当時を疑う…けど、奇跡的に最後まで見れちゃったような映画でした。
TS

TSの感想・評価

3.6
ザンを家に連れて帰って
母親がダンスで歓迎し
そこでザンが一緒にダンスする姿に
なんか惹かれたな

一緒に駆け回ったり
レコードショップ行ったり
音楽を聴いたり・・・
何気ないことがより
新鮮に感じる瞬間って
とても素敵だと改めて感じた
Bowie

Bowieの感想・評価

4.0
宇宙人は規則の中で生きる現代人のメタファーなのでは...と思った。
エルファニングならゲロ吐いても許す。というか可愛い。
ミク

ミクの感想・評価

4.0
このユルさ好き!ショボいと言ってしまえば、ショボいのかもしれない。一歩間違えれば悲惨な駄作に成りかねない危険性はめちゃ含んでる!でも、作品として楽しく見れちゃうのは流石です!フェティッシュカルチャーに興味ある人間にとって、全身ラバーな宇宙人はどストライク。この手作り感溢れるSF映画は逆に新鮮で、もっとこういうの観たい!

ミッチェルは、フリーセックス/ジェンダーフリーのセックス提案者であり、性の快楽の追求者であり、どこまでも変態。そんで、変態でいることが大好きなんだろうなーと伝わる。

第1チャクラから第7チャクラまで性の快楽が流れていき、全チャクラの出口が解放(=オーガズム)された時宇宙と繋がる。チャクラの予備知識があるとこの作品は決して難解ではなく、シンプルに性とパンクの快楽をリンクさせた最高のSF映画として楽しめる!と思う!

オープニングでダムドが流れ始めた時点で、私は解放されました。

一緒に見に行った人に、「あんまり深く考えちゃダメだよ」と言われましたが、いやはやこれは…

劇中の歌は素直によかったと思います
歌詞がね、いい

ザンの性的な行動もアピールも不思議で愛らしい
エンがそれを性的だと感じていた(?)のも二人の相性あってのものかなと思いました

エルファニング、最後に見たのがマレフィセントだったのですがさらに魅力的になっていてハマってしまいそう 透明感がありすぎて照明に溶けてしまうんじゃないかと心配になるほど
いやいやいやこの内容でよくこんなタイトル&ヴィジュアル広告うちましたねってぐらいに、観る前に思い描いた映画と実際のギャップが激しい。恋愛青春音楽要素はあるけれど、それ以外の情報が濃すぎて、どういう系統の物語か形容しがたい。まさにパンクな作品。ザンとエンのライブシーンはいったい何を観ているんだ状態で笑ってしまった。おしゃれで甘酸っぱい映画を期待して観に行ったとしたら文句も言いたくなるかもしれないが、個人的にはこれはこれで面白かった。エル・ファニング可愛いし。
kazco

kazcoの感想・評価

3.6
久しぶりに未知との遭遇系SF映画を観た。
理解しようとせずにただ画面の中の物語を受け入れれば楽しめる。
途中、寝落ちしてどこで妊娠したのかがわからなかった。
とこで妊娠したんですか?
邦題から想像していた内容と全く違うくて、放心状態のままエンディング(笑)
エルファニングがマレフィセントの時とはまた違った印象で良かった。
caky

cakyの感想・評価

3.8
パンクロックな青春映画と思うと度肝を抜かれる。現代アートの表現にも似たカニヴァルなカルト集団が、何のメタファーなのか。宇宙的な異物との戦いがぶっ飛んでて、笑えて、爽快な映画。エル・ファニングの男をあざ笑うようなキャラクターも相変わらずステキだ。