パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価 - 69ページ目

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

3.5

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

alpcpn2

alpcpn2の感想・評価

3.3
180603
思ってたよりB級感強い
意外とパンクは流れない
好き嫌いめっちゃ別れそう
エンが小藪に似てる
エル・ファニング目当てでなんとなく借りたら、監督、ジョン・キャメロン・ミッチェルだったのか。そりゃこんなことになるわ。徐々に四肢が生えての分裂や、あごを外して頭からかぶりつくみたいな、実写じゃ視たことのないシーンが楽しかったし、一方で、エルがボーカルとなったライブのシーンは、純粋に楽しくて、でも途中からあっちの世界に行ってしまった。そんなことしちゃだめだよ、一気にカルト映画だと思われちゃうところだったじゃないか、危なかった。
危なかったというのは、この人の映画は、そっち側に行ききっちゃうということがないのだ。たぶんこの人、理性的な常識人の感覚が、ちゃんとわかっている。だって、奇抜なことをするキャラクターがいても、それにリアクションをとる人を、必ず配置しているのだよね。これって、日本の笑いに近い。漫才やコント、ギャグ漫画なんかでも、必ずツッコミがいて、「破綻」への、注意・説明・驚き、なんかの役目をしているのだ。演じながらもナレーターをする落語や講談もそうかもしれない。海外の笑いには、意識的な「ツッコミ」はないはず。
「エイリアンVS」はいろいろとあって、「プレデター」や「カウボーイ」は傑作であったが、今回は「エイリアンVSパンク」だった。最近の心境として、最後の方でようやくニコール・キッドマンだとわかった。さいきん、通勤中に聴きたくなるのが、ラモーンズとかクラッシュとかだったので、パンクの気分だったことは間違いないから、ちょうどよかった。楽しかった。
吹き替え斉藤壮馬だったのと疲れてたから衝動的に見た。
若者の中でも限られた領域の世界に住む少年たちが主人公なのがすごくよかった。俗な世界が何一つなくて、映画見てる間違う世界にいる感じがする映画。
くろ

くろの感想・評価

3.1
妹の方のファニング。
独特な世界観のラブコメで
一人だけ目立ってかっこいい人が居て
じーっと見たら、ニコールキッドマンだった。
宇宙人要素が強すぎてパンクよりサイケ
パンクはほぼピストルズっぽい。
パンクとかジャズは
反抗とか反逆の意味があるから
ザンの生き方がパンクって事かなーって。
ちょっと思ってたのと違った。
RYOBEER

RYOBEERの感想・評価

3.4
好きか嫌いに別れるやろなぁこの映画…と言っときながら僕は普通でした。

パンクが重要なテーマになってるけど、漂う雰囲気はほぼサイケ。

異星人の暮らす模様やしきたり。面白いけど突飛すぎてラストも泣けないです。。。

キスの時〇〇しても美しいエルファニングは間違いなく宇宙人。コート姿は天使。
yu

yuの感想・評価

4.0
単なるボーイミーツガール×音楽ものだと思って見たら思いの外違くてうーんと思いつつ見続けたんですが、めちゃくちゃぶっ飛んでる変態映画で驚きながらもたまらん!ってなった。自転車3人乗りで爆走したりキラキラした目をステージに向けて踊ったりピュアな気持ちだったりパンクな青春!って思うところもありつつ、宇宙(カルト?)集団の現代アート感とかエルファニングのキスゲロとか攻めすぎではみたいなのもあって良い。なんだこりゃー!って思ってから面白いとなるか微妙となるか見た人は極端に分かれそう。
エンディングの曲の和訳素敵なので最後まで見るべきです👀
あと1人じゃなく誰かと一緒に見たらもっと楽しかったと思うしなんなら爆音上映で観たかった。
み

みの感想・評価

4.0
グッドでした
地味な顔と感じの主人公が、恋をきっかけに覚醒する話、すきですね
惑星とか、すっとんきょうな話が出てきても、さむざむしくならなかったのでグッドです
パンクと宇宙人は相性がいいのかな

デートに行く友達に、急に真顔で哲学的なアドバイスするのよかった
最後のオチがちょっと安易な気もしましたけども、まあいいか〜
Mia

Miaの感想・評価

3.8
雰囲気、世界観が凄い素敵。エルファニングは美しすぎる...そしてニコールキッドマンがとにかく凄すぎて笑った。
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.2
カルトよりオカルト
パンキッシュよりもサイケデリック

開始15分くらいで 設定はもう宇宙だった…
な・の・に… ホント “なのに”だよ
なんだ この淡い青春に対する ド直球な心の痛みってヤツはさぁ?

そうだった そうだった
まさしく その通りだったんだよ!
あの頃の自分にゃ 女子って生き物は宇宙人くらいに 何もかも未知でわかんなくて それこそ隣の席だって 惑星と惑星くらい距離があって 女子グループなんて もう違う種族のコロニーだったっけな
なんとか相手の手を自分の世界に引っ張るコトに必死だったもん

法律とかルールとか 学校とか親とか助言とか そんな全部が何の役にも立ってくれなくて ロックやパンクの中の痛みだけが 励ましてくれたんだっけかな…
もう忘れちゃったけどさ
エルファニングがただただひたすらかわいい。2人のイチャイチャシーンもお母さんとか家族間の問題も、異星人設定だとしてもみやすいようにできてたから、普通に見れた。けど少しはてなが残る感じが良かった