パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

3.4

あらすじ

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

Lisa

Lisaの感想・評価

2.9
まってまって思ってた感じと違った。
でもエルファニングは異星人でも可愛いなあ。。。
パーティーのジーンは超シュールで謎すぎ。
最後のシーンはジーンときた。
M氏

M氏の感想・評価

3.8
私は結構好き。
初め過激なカルト集団かと思ったけど本当に宇宙人だった👽
パンクは人種を超える?エンとザンが楽しそうにはしゃいだり歌ったり、本当に楽しそうで笑顔になった。

ザンは帰って行ってしまったけど、ラストで報われた。革命を起こせたんだね…。

宇宙人さんが退出する時、不思議なパワー使ったりするんじゃなくて、そこはふつうに引っ越しするの草

大好きなエル・ファニングたん、また過激な(?)だ……。ゲロしてても可愛かった。
タイトルそのまま、内気な少年がパーティで頑張るストーリーかと思いきや、想像の斜め上いきすぎてよく分からなかった…。ラブストーリーなのは分かるけど設定が変態。曲もカルトチック、こんなストーリーどうやって思いつくんやろうと思いながら観た。ただラストシーンはグッときました パンクのライブシーンもよかった!登場人物のファッションも🙆‍♀️不思議な映画でした
mado

madoの感想・評価

3.6
あれ?思ってたのと違った!っとなった作品
エル・ファニングの異星人なミステリアスと無邪気さが最高にギャップで可愛い
Hikaru

Hikaruの感想・評価

3.2
SFでパンクで青春
なんだろうけど、SF強めでほかの要素は薄く感じる
でも最後まで割と面白いし、
エルファニングかわいいので良し!
ぺろし

ぺろしの感想・評価

3.0
デブ役の人がjack whitehallのbad educationのジョー役の人で上がった
ジャンルレスな作品だった。
強いて言うならば、青春的要素とラブストーリー要素が多かった。しかし、その二つの要素だけの作品と思って鑑賞すると、思っていたのとは違うということになるだろう。
本作品の見所は、エルファニング演じるキャラクターだ。「エターナル・サンシャイン」のケイトウィンスレット演じるキャラクターもそうだが、衝動的で奇天烈な行動を繰り返し、自分の心の赴くままに生きるヒロインはとても魅力だった。
Pachico

Pachicoの感想・評価

3.7
カルトやファッションや音楽が入り混じったラブストーリー。
ザンは異星人だったのかカルト教団だったのか。
考えたけど考えること自体無駄な気がするしわからない方がいい気がする。

ザンが本当に可愛い。
あんな綺麗な嘔吐あるんだな。

時代背景に興味を持った。
ザンとエンが歌ってた曲意味不明だけど好き。

人ってもっとぶっ飛んでてはみ出してていいんじゃないかと思える映画。
ManaMarks

ManaMarksの感想・評価

2.5
可愛い恋愛映画と思いきや宇宙人の女の子との恋のお話だった👽
え?ええ?と気持ちが乗り遅れた〜
ライブではじけちゃうエルファニングがすっごくキュートだった🤣
skiller

skillerの感想・評価

3.2
なんやろ⁉︎
よくわからん!
題名が、そう思わせるよなー

で、異星人⁉︎
>|