無限の住人の作品情報・感想・評価

無限の住人2017年製作の映画)

上映日:2017年04月29日

製作国:

上映時間:141分

3.1

あらすじ

何度斬られても何度でも守る。無限の命を持つ男・万次。その命、誰のために使う?かつて100人斬りと恐れられた伝説の人斬り万次。罠にはめられ妹を失い<生きる意味>を失った時、謎の老婆に無理やり<永遠の命>を与えられてしまう。斬られた傷は、勝手に再生し、死にたくても死ねない<無限の体>になってしまった。生きるには十分すぎる時間は、剣術の腕も鈍らせ、永遠の時をただ孤独に生き続けるだけだった。ある日、親を…

何度斬られても何度でも守る。無限の命を持つ男・万次。その命、誰のために使う?かつて100人斬りと恐れられた伝説の人斬り万次。罠にはめられ妹を失い<生きる意味>を失った時、謎の老婆に無理やり<永遠の命>を与えられてしまう。斬られた傷は、勝手に再生し、死にたくても死ねない<無限の体>になってしまった。生きるには十分すぎる時間は、剣術の腕も鈍らせ、永遠の時をただ孤独に生き続けるだけだった。ある日、親を殺され、仇討ちの助っ人を依頼をしたいと現れた少女。どこか妹に似ているその姿に、無限の命を使い、用心棒として少女を守ると決めた。だがそれは、不死身の万次をも追い込む、凄絶な戦いの始まりだった。

「無限の住人」に投稿された感想・評価

親分

親分の感想・評価

3.0
福士蒼汰 大ファンの中2の娘と鑑賞。
豪華俳優いっぱい使ってるし、キムタクの太刀さばきも すげー良かったんだけどね、、、
なんつったらいーんだろ?
ゲームとかで よくある無双系だな。
最初っからラストまで 斬りっぱなし!
そりゃ いい加減 飽きてもくるぞ。
3回目となると劇場で観たほどのめり込めなかったが逆に色々考えながら鑑賞できた。
全員いい演技だったと思う。敵を詰め込みすぎて一人一人の消化が難しくなっているが一応の見せ場もあるのでまあいいのでは。
海老蔵の役はその頃の海老蔵の私生活の状況も相まって感慨深いものがある。憑依するとはこういうことでもあるのではなかろうか。
キムタクはやっぱりキムタクだが万次を完璧に自分のモノにしているし虚無を纏いながらもその目は修羅場を生き抜いた男の確かな生を感じる殺気を持っている。白黒の時なんて丹下左膳ですし、かっこよすぎい!!
殺陣はカット割りが多い印象だがまあ悪くはない。ただこの映画の構成自体が戦闘シーンが大半なので色々魅せ方があってもよかったとは思う。でも素晴らしいことには変わりない
しかしエンディングのMIYAVIは本当にすごい。あれはまじですごい。(語彙力)

このレビューはネタバレを含みます

不死身設定の為だろうけど、虫入れられる前の方が強かったのでは…
個人的に爽快な殺陣を見たくて借りたけど、そこまでは…と感じた
決して面白くないわけではない
ただ、強キャラであろう人たちが実力発揮する前に殺されるからただの奇抜な変態
Youhei

Youheiの感想・評価

1.5
2018年 69本め
殺陣アクションを見たいなら◎

先輩に原作勧められて読み終わったすぐ後に見たのでストーリーはわかってましたが
途中で飽きてしまった、、、

140分なので仕方ないけども吐さんの悪者感も中途半端でシラさんのクズ感も中途半端で、、、

凛役の子は可愛くて🙆‍♀️戸田恵梨香のまきえさんも🙆‍♂️
Ika

Ikaの感想・評価

2.2
原作のダイジェスト。なのになぜかあまり面白く無い

このレビューはネタバレを含みます

キムタクボロボロ笑
なかなか見ることができない映画

万次の「誰切りゃいいんだよ」からのくだりがかっこよかった!!

永遠に続く殺陣!
アクションだったら十三人の刺客のほうが好きだった!
mochi

mochiの感想・評価

-
優しさを捨てられない万の
敵をみる鋭く挑発的な目が好き
清水

清水の感想・評価

2.7
キムタク師匠に対して「何を演じてもキムタク」という評価がネット上にはよく見られる。
しかし、この映画は違います。まさかキムタクの腕が斬り落とされるとは…。誰が想像したでしょうか。この映画でキムタクはズタボロにされるんですよね。最早スプラッタ映画。
キムタクがやられ役をやっているわけです。惨めな姿を惜しげもなく晒すのです。今までの二枚目のヒーロー的なキムタクはどこへやら。SMAP解散前最後に撮られた映画なので、「アイドルではないキムタク」を見せた、という意味ではエポックメイキングな作品でしょう。
「今までは同じような役のオファーしか来なかっただけで、本当はこんな役もできるんだぜ」というキムタクのドヤ顔が浮かぶようでした。

生まれ変わったらキムタクになりたい。
>|