無限の住人の作品情報・感想・評価

無限の住人2017年製作の映画)

上映日:2017年04月29日

製作国:

上映時間:141分

3.1

あらすじ

何度斬られても何度でも守る。無限の命を持つ男・万次。その命、誰のために使う?かつて100人斬りと恐れられた伝説の人斬り万次。罠にはめられ妹を失い<生きる意味>を失った時、謎の老婆に無理やり<永遠の命>を与えられてしまう。斬られた傷は、勝手に再生し、死にたくても死ねない<無限の体>になってしまった。生きるには十分すぎる時間は、剣術の腕も鈍らせ、永遠の時をただ孤独に生き続けるだけだった。ある日、親を…

何度斬られても何度でも守る。無限の命を持つ男・万次。その命、誰のために使う?かつて100人斬りと恐れられた伝説の人斬り万次。罠にはめられ妹を失い<生きる意味>を失った時、謎の老婆に無理やり<永遠の命>を与えられてしまう。斬られた傷は、勝手に再生し、死にたくても死ねない<無限の体>になってしまった。生きるには十分すぎる時間は、剣術の腕も鈍らせ、永遠の時をただ孤独に生き続けるだけだった。ある日、親を殺され、仇討ちの助っ人を依頼をしたいと現れた少女。どこか妹に似ているその姿に、無限の命を使い、用心棒として少女を守ると決めた。だがそれは、不死身の万次をも追い込む、凄絶な戦いの始まりだった。

「無限の住人」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

三池崇史・無限斬りのキムタク


原作沙村広明。
製作ジェミリートーマス。
三池崇史監督。



今や1年に1本のペースで撮っているお気に入り監督、三池崇史。

今村昌平の助監督、スタッフ時代、
Vシネマを通り、
今や漫画原作映画化の職人のような感じあり。

おさらい、



本宮ひろし原作、高橋克典主演「サラリーマン金太郎」(原作1999年)

テレビドラマから
原作田島昭宇、大塚英志「多重人格探偵サイコ」
原作こしばてつや、「天然少女萬」「~横浜編」(全て未見。今やレアアイテム1999、2000年作品。)

今や海外DVD発売にまで至る三池ハードホラーラインの金字塔「殺し屋1」

大ヒット作品になり続編製作された若手不良喧嘩物、高橋ヒロシ原作「クローズZERO」未見。

原作貴家悠、ゴキブリたちの異形なる戦い「テラフォーマーズ」。すんません殆ど見たの忘れてる。

漫画原作映画化のもはやトップランナーの三池崇史監督。

今度は何かと世間をおさがわせして個別的離縁した木村拓哉主演、「無限の住人」予告見ると杉咲花の可愛さが飛び抜ける。周りのボス連中の出過ぎな悪役ども。

マイビデオ屋のビデオ屋大賞上位の本作。
2週間レンタルしました。



あれ!なかなか面白かったぞお!そして前作のごった煮潜入捜査「土竜の歌潜入捜査官REIJI」二部作より、本作の続編の方が見たいゾオ!!

そしてキムタクこと木村拓哉様殺陣お疲れさまでした。本当に何人殺すんキルキルキル、いやあねキムタクの殺陣しまくって見てる我々が訳わからなくなるくらいの殺陣百連発実践、必見。若干キムタクの「おい!ちょっとまてぇよおっ(台詞にない)」の口調なノリがあります。

曰く因縁たる無限の傷侍にキムタクがなります。
そこには涙可愛い杉咲花のちょこりんとした無限侍妹のような存在必見。

敵役の福士蒼汰のあまりにも透明な悪役が、とっても良かった。キムタクのべらんめいのミスター不良キャラに対立する清楚な立ち位置で極めて良かった。

特に私が気に入ったキャラクターが、前作「極道大戦争」で三池崇史のドラキュラ洗礼を受けカンフーの血が入った市原隼人。とにかく外道ゲスを貫いていて思わず大爆笑しました。市原隼人の汚いだけで魅力的でしょ。どっから見ても良い
人のキャラクターの真逆だから見たいんだよなあ。


そして
訳のわからぬサンセツコン女に戸田恵梨香。

他満島慎之介、
キムタクに対したキッズリターン改悪金子賢、とっても良かった。ほかほかかなりのごった煮ぐつぐつしている感じだ。

度々三池監督作品に出る格闘家黒石高大。台詞ないですが、目力半端ない。


ラストは、さながら人斬り百連発キムタク斬りで人間百枚おろしだ。

これ続編難しそうだなあ。だけど見たいなあ。

あとこれ「IZO」の芸能人配置漫画リメイクのようにも見えたなあ。
まああと時代劇の「丹下左膳」とか「雄呂血」の殺陣100%魅せまくりますリメイクだよなあ。


三池監督もジョジョやったり、感動もんやったり、振り幅が出てくるも、私は「オーディション」のホラーテイストや「ビジターQ」のような無茶苦茶な新作を期待してます。



さて
三池崇史が魅せる
キムタクの無限斬り

ぜひ!

追伸
ちょいと久々レビューですが、またポチポチあげてきます。ひとつ猛中お見舞い申しあげます。

本日執筆

このレビューはネタバレを含みます

ひたすらアクションな映画

漫画原作なこともあり、
アクションに見応えのある作品でした。

不死の主人公の
不死ならではの戦い方。
まぁ腕が取れる取れる。

物語を語るには尺が足りない感が否めかったですが、おもしろかった。
marino

marinoの感想・評価

3.0

ちょっと早送りしちゃった。笑
パツキンの栗山千明可愛ええ。
Emi

Emiの感想・評価

3.3
お盆映画生活14本目🎬
コミック、キムタク、三池監督
韻ぽくなった
長い。福士蒼汰くんの志が最後の最後で揺らいで結局悪い人だったのがなー
お互いの正義がぶつかり合うのが絵としてあるべき姿で話としておもろいと思ったんだけどな🤔
戦闘シーンが長くてストーリーがちょいちょいぼんやりした🌀
あぁ、守られたい…
ほんで戸田恵梨香が美人っていう‼️
すみか

すみかの感想・評価

2.0
アクションはかっこいいけど、内容がおもしろいとはいえないかな。最後の結局むやみやたらに殺してる感がすごい。
HITOMI

HITOMIの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

とても豪華キャストの侍アクション。万次さんが絶対的に強い訳ではなくて、不死だから最後は勝っちゃいます😅なんか納得いかない感じもするけれど、原作もこんな感じなのかな?
長いと感じるところもあるけれど、戸田恵梨香、福士蒼汰、市原隼人など魅力的なキャラの登場で最後は結構ワクワクさせて貰えました。
無双系アクションが、日本以上に外国の評価が高いんだろうなぁ。福士君の殺陣はクールでかっこいい!でも殺陣の説得力で言えば松方弘樹!なんか支離滅裂な感想になりました😝
原作未読

ただのキムタク映画
ファンにはたまらん!
のでしょう

まず卍斬られすぎ
弱っちく見える
不死身じゃなかったら
何回死んでるか
あとツンツンしすぎ

杉咲の役
もう少し強くなって
卍を守ってみせろよ...
原作だと救出する場面も
あるみたいだけど
最後の戦闘シーンとか
刀構えて後ずさりしてるだけやん

福士蒼汰は
統主感ない

戸田の役は
覚悟持って襲撃してね
キャラもよく知らんのに
いきなり襲ってきて
やっぱり斬れません!
はちょっと...

その他大勢は特に印象もなく

ひたすらキムタクが
色んな敵キャラと
戦うだけのストーリー
剣劇も長いし
斬って斬られての繰り返し
キムタクファンですら
映画の長さも相まって
飽きちゃうんじゃないかと笑
しかもその度に卍が
致命傷を負っちゃうからなんか冷める



そして聞いたら30巻くらいの
長編コミックを
140分程度にまとめたという話
無理があるのでは笑

最後はながら観でした
キャラ、アクション多め
漫画、ゲーム好きが好きそうな話。

なので僕は好きです

ただセリフ音声小さすぎ。
何言ってるかわからないので
字幕出しながら観ましたw

その割に効果音大きすぎ。
たくや

たくやの感想・評価

2.8
オシャレの方向性を間違えてしまった時代劇アクションムービー。

三池監督の『13人の刺客』や『クローズ』大好き。
でも、最近の『風に立つライオン』や『テラフォーマーズ』はつまらない。

三池監督はくだらないながらも、ダサカッコ良さ・男の生きざまをワンシーンで表現するなど、センスがずば抜けていた。
けど、最近の作品はただただダサい。
そして、観てて飽きる。

特にこの作品は、
刺客がどんどん襲ってきて、一人ずつ倒していくワンパターン展開。
これは漫画だから許される設定を、そのまま映画でやっちゃダメ。
漫画との違いをみせるなら、たとえば音をこだわったりするべき。

なのに、その音をあまり使わない。
もし、あえて音を使わないで画で魅せるにしては、
画面が暗くてよく見えないシーンが多い。

これをあえて製作陣がやっているなら、
なるほど本当にセンスがない。

カッコ“良さげ”なシーンが多いけど、けっしてカッコ良くない。
殺陣は『るろ剣』のほうがよっぽど良かった。

唯一の見所は、
最近の100人斬り、ラストの300人斬りのアクション。
ここは凄い。
まるで無双シリーズ。

正直、ここだけ観れば良い。
全体の141分は本当に時間がもったいない。

ということで、多人数斬りシーンだけなら、オススメ!
>|