無限の住人の作品情報・感想・評価

「無限の住人」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

三池崇史・無限斬りのキムタク


原作沙村広明。
製作ジェミリートーマス。
三池崇史監督。



今や1年に1本のペースで撮っているお気に入り監督、三池崇史。

今村昌平の助監督、スタッフ時代、
Vシネマを通り、
今や漫画原作映画化の職人のような感じあり。

おさらい、



本宮ひろし原作、高橋克典主演「サラリーマン金太郎」(原作1999年)

テレビドラマから
原作田島昭宇、大塚英志「多重人格探偵サイコ」
原作こしばてつや、「天然少女萬」「~横浜編」(全て未見。今やレアアイテム1999、2000年作品。)

今や海外DVD発売にまで至る三池ハードホラーラインの金字塔「殺し屋1」

大ヒット作品になり続編製作された若手不良喧嘩物、高橋ヒロシ原作「クローズZERO」未見。

原作貴家悠、ゴキブリたちの異形なる戦い「テラフォーマーズ」。すんません殆ど見たの忘れてる。

漫画原作映画化のもはやトップランナーの三池崇史監督。

今度は何かと世間をおさがわせして個別的離縁した木村拓哉主演、「無限の住人」予告見ると杉咲花の可愛さが飛び抜ける。周りのボス連中の出過ぎな悪役ども。

マイビデオ屋のビデオ屋大賞上位の本作。
2週間レンタルしました。



あれ!なかなか面白かったぞお!そして前作のごった煮潜入捜査「土竜の歌潜入捜査官REIJI」二部作より、本作の続編の方が見たいゾオ!!

そしてキムタクこと木村拓哉様殺陣お疲れさまでした。本当に何人殺すんキルキルキル、いやあねキムタクの殺陣しまくって見てる我々が訳わからなくなるくらいの殺陣百連発実践、必見。若干キムタクの「おい!ちょっとまてぇよおっ(台詞にない)」の口調なノリがあります。

曰く因縁たる無限の傷侍にキムタクがなります。
そこには涙可愛い杉咲花のちょこりんとした無限侍妹のような存在必見。

敵役の福士蒼汰のあまりにも透明な悪役が、とっても良かった。キムタクのべらんめいのミスター不良キャラに対立する清楚な立ち位置で極めて良かった。

特に私が気に入ったキャラクターが、前作「極道大戦争」で三池崇史のドラキュラ洗礼を受けカンフーの血が入った市原隼人。とにかく外道ゲスを貫いていて思わず大爆笑しました。市原隼人の汚いだけで魅力的でしょ。どっから見ても良い
人のキャラクターの真逆だから見たいんだよなあ。


そして
訳のわからぬサンセツコン女に戸田恵梨香。

他満島慎之介、
キムタクに対したキッズリターン改悪金子賢、とっても良かった。ほかほかかなりのごった煮ぐつぐつしている感じだ。

度々三池監督作品に出る格闘家黒石高大。台詞ないですが、目力半端ない。


ラストは、さながら人斬り百連発キムタク斬りで人間百枚おろしだ。

これ続編難しそうだなあ。だけど見たいなあ。

あとこれ「IZO」の芸能人配置漫画リメイクのようにも見えたなあ。
まああと時代劇の「丹下左膳」とか「雄呂血」の殺陣100%魅せまくりますリメイクだよなあ。


三池監督もジョジョやったり、感動もんやったり、振り幅が出てくるも、私は「オーディション」のホラーテイストや「ビジターQ」のような無茶苦茶な新作を期待してます。



さて
三池崇史が魅せる
キムタクの無限斬り

ぜひ!

追伸
ちょいと久々レビューですが、またポチポチあげてきます。ひとつ猛中お見舞い申しあげます。

本日執筆
なんか出演者のみなさん楽しそうです。
nenne

nenneの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

キムタクがかっこよ過ぎて全てが霞んでしまう映画。キムタクを嗜む映画です。一番好きなシーンは面倒臭そうに腕を拾うシーンです。最高。ご馳走様でした。
どことなくるろうに剣心臭
見てて血がいっぱい出てスカッとしました
白玉母

白玉母の感想・評価

2.9
俳優陣が豪華!
死なないってのはやっぱりなりたくないなーと思った作品。
でも、不死だからこそ2人は出会えたのかと。
善に潜む悪もあるし、悪はもしかすると誰かの善かもしれないと考えさせられた。
まぁ、悪に塗れた野郎は胸糞悪いけど。
マンジさんがリンちゃんに背中を貸すシーンが好きだった。
血が噴き出す様はまさに爽快感MAX
グロテスクというより過剰演出の潔さを感じた

個人的に大好物な白黒からのカラー演出を見れちゃったんでもう何も言うことないです、はい笑

木村拓哉のカッコ良さは錆びつかないなぁ…
上映してた当時、「帝一の國」か「無限の住人」見るか悩んで結局「帝一の國」をに行ってそれっきりだった映画。

実際その選択でよかった気がする。

豪華な俳優陣なのに話があんま面白くなかった。アクションはかっこいいんだけどなー
tokio

tokioの感想・評価

2.9
Rec.
❶18.10.08,ca
>|