るの子

ハンガー・ゲームのるの子のレビュー・感想・評価

ハンガー・ゲーム(2012年製作の映画)
4.0
反乱への見せしめのためのサバイバルゲーム。若者達がどんどん死んでいくから可哀想で仕方がない。緊張感が張り詰める中、生き残ろうと頑張るカットニスが非常にかっこいい。
後半は人も少なくなり、殺し合いも減ってくるが、物資を貰うためにピータと”悲劇の恋人”を演じていたのが、その嘘が馴染んでくるのが恐ろしい。これが今後に影響するのかと思うと胃が痛い。
めちゃくちゃ面白いと思ったが、意外に評価が低くて驚いた。原作既読の家族の解説を聞きながら観たから、面白かったのかもしれない。吹き替え声優が豪華だから久々に吹き替えで鑑賞したが、やっぱり本職の声優さんは最高だった。