ksk

ハンガー・ゲームのkskのレビュー・感想・評価

ハンガー・ゲーム(2012年製作の映画)
3.3
アメリカ版バトルロワイヤル思って観てたら、全編を通してみると戦うまでのパートがとにかく長い長い。

が、それは予告詐欺と広報ミスだと考えれば、この映画はアクションシーンよりも貧困層が富裕層に立ち向かう、でもそれすらも富裕層のゲームとして扱われてる構図である。
それを理解した上で主人公のカットニスがどう自分をプロデュースして生き残っていくか、という所を観るのが何よりも面白い映画だなと思った。

映画って構造自体が貧困層に対して色んな演出で売り出してるものだから、オチや展開を考えれば、そのままの形で広報すること自体が不可能だったりして笑

にしては映画の展開も経済格差が拡大した炭鉱が主な第12地区の中身や、大統領の希望を持たせる云々の言葉とかが軽くて、もっと大きく扱うべきじゃないかな、原作は見ていないが未読だと分からないようなシーンが多くって、そこが何だかなぁ。

戦いの舞台では色んな意味でトゥルーマンショーを思い出した。
映像は戦闘シーンとかは初っ端の混乱を丸っきり無音にしたり、ハチに刺された幻覚のシーンとかがすごい良かったです。