ノー・エスケープ 自由への国境の作品情報・感想・評価

ノー・エスケープ 自由への国境2015年製作の映画)

Desierto

上映日:2017年05月05日

製作国:

上映時間:88分

3.3

あらすじ

メキシコ=アメリカ間の砂漠の国境。不法入国を試みるモイセスと15人の移民たち。突如襲いかかる銃弾。襲撃者は正体不明。摂氏50℃。水なし。武器なし。通信手段なし。“自由の国”を目指す命懸けの逃走劇が今、始まる!

「ノー・エスケープ 自由への国境」に投稿された感想・評価

YUCHI

YUCHIの感想・評価

2.5
緊迫感は伝わったがそれぞれの人達の説明などが少ない分ただ残酷な状況を淡々と見させられてるようにも思える。
確かに酷く辛い状況が見てわかったがそれでといった感じ。
あと一つ何か欲しかった。
メキシコからアメリカへ不法入国する移民達を殺人鬼が襲う物語。
終始緊迫感がありドキドキさせる。砂漠という環境を生かしたところはなかなか良かった。でも、それだけでたんなる鬼ごっこを見てる感じで期待ハズレだった。
水を差し入れしたくなる。
淡々としているのに緊張感を常に孕む演出は見事。

このレビューはネタバレを含みます

摂氏50度って事だったけど、不法入国者のメキシコ人は長袖長ズボンだったから、これは本当に砂漠なの?って思っちゃったす。
主人公に感情移入出来た。ラストはサイコアメリカ野郎を砂漠に置き去りってのはスッキリでした。
登場人物が少ないから見やすい。
不法入国するメキシコ人を執拗に殺しまくるハンター(?)の原動力がイマイチわからなかったのだけど、単なるシリアルキラーなのか、そんなの言わなくてもわかってるでしょ?ってことなのか…。

銃の腕前良すぎなのでハラハラしっぱなしだったのだけど、やっぱり何故にそこまで容赦なくバンバン撃ちまくるのか。。
スナイパーの動機が読みにくいため、現代の時代背景から読み取るほかない。

ただ、単にシリアルキラーからいかにして逃れるのか、というストーリーとして観るなら
なかなか面白かった。

バックで流れている音楽も緊迫感を煽る。
>|