ノー・エスケープ 自由への国境の作品情報・感想・評価

ノー・エスケープ 自由への国境2015年製作の映画)

Desierto

上映日:2017年05月05日

製作国:

上映時間:88分

3.2

あらすじ

メキシコ=アメリカ間の砂漠の国境。不法入国を試みるモイセスと15人の移民たち。突如襲いかかる銃弾。襲撃者は正体不明。摂氏50℃。水なし。武器なし。通信手段なし。“自由の国”を目指す命懸けの逃走劇が今、始まる!

「ノー・エスケープ 自由への国境」に投稿された感想・評価

YUCHI

YUCHIの感想・評価

2.5
緊迫感は伝わったがそれぞれの人達の説明などが少ない分ただ残酷な状況を淡々と見させられてるようにも思える。
確かに酷く辛い状況が見てわかったがそれでといった感じ。
あと一つ何か欲しかった。
逃げる、追いかけるの繰り返し。ウォーキングデッドのニーガンがまた悪い事してるよ。暇つぶしにする事が最低で、人の命をなんだと思ってるんだろう。
幻玉

幻玉の感想・評価

3.3
ウォーキングデッドの悪役がまた悪役
ガエルガルシアベルナルが足速い
そんな映画だった
saiki

saikiの感想・評価

1.0

低予算でアイデア勝負の映画かと思って期待していたがこれはハズレ。

砂漠でスナイパーに狙われる映画として、
傑作「ザウォール」の足元にも及ばない。

そもそもスナイパーのキャラが薄いんだもん。正体を初めから明かすなら、それなりにユニークなキャラじゃないとダメだよ。
極悪非道なのか、頭がいかれてるのか、狂信的な愛国者なのか。
なのにこのスナイパーおじさんは
優しい目をしてるし
渋くてハンサムだし
どんくさいし…
キャスティングもキャラ設定もがおかしいだろ

正体を見せずにさ、
誰が何のために?
なぜ主人公を狙うの?て感じのさ
いつどこから弾が飛んで来るかわからない状態の方がよっぽどサスペンスだよ。
それこそ「ザウォール」の敵スナイパーなんて一度も顔みせないのにめちゃくちゃ魅力的じゃん。

逃げる主人公たちの各々のキャラも薄いから、ただ追う者と追われる者という設定でしかなくて。
もっと彼ら個々の性格とか人間らしさとかバックグラウンドとか見せないとこっちは感情移入できないわけ。
がんばれ!逃げろ!って気持ちになれないよ。
いやそれこそ何でもいいけど例えば「スピード」のキアヌリーブスとバスの乗客たちってみんなちゃんと個性あるじゃん。
あーゆーの見て勉強しないと。
なんでもいいじゃん。例えば一人妊婦の女性がいるだけでも緊迫感は違うよ。
彼女と赤ちゃんを守らないとって緊迫するじゃん。頼むから転ばないでくれってハラハラしながらこっちは見るじゃん。
何でもいいからそういう設定が必要なの。

ただ追う者と追われる者って設定のサスペンスだけじゃ足りないんだよ。

そんでこいつから逃げる方法とかでアイデア勝負するのかなと思いきやそうでもないしさ

隙を見てトラック盗んだりさ
発煙弾でスナイパーおじさんをおびき寄せたりはするんだけど
なんかつまんないんだよね
知恵を使ってる感じがしないというかさ
アイデアがつまんないというか

観客を驚かせたり
観客より一歩先の知恵を使ったりとかしないわけ

終盤で岩陰の死角に隠れてる横をスナイパーが通るとかさ
すんごい退屈
「プレデター」とか「ランボー」とか「アポカリプト」とか見たことないのかね。


あとは音楽に頼りすぎ
そんなに緊迫するシーンじゃないのに音楽で緊迫感があるように見せてるだけ。
大袈裟な音楽の割に映画の質が付いてきてないので非常にバランスが悪く、観ていてイライラした。

もうこうなったら色々気に食わなくなってくるわけ。
このスナイパーは何発持ってんだよ、とか
弾切れのサスペンスとかやれよ!とか
てかそもそもあのタイトルの出し方がダサいんだよ!とか

唯一良かったのは犬の口に発煙弾を撃ち込むシーン
あのシーンは他では見たことがないからちょっと新鮮だった

でもそれぐらい
最後にまたあのだっせータイトルの出し方やりやがって、クソかよ!って思った。
何をそんなに気に入ってんだよ!
そもそもダサいんだよ!って。

エンドロールの音楽は気取った感じだしさ
ドヤ顔が半端ない

いやー超期待はずれだった

この監督、「ゼログラビティ」のキュアロン監督の息子だけど、こいつはダメだ
砂漠でいかれたおじいちゃんと鬼ごっこする映画
引きの画はすごーく綺麗
rYt

rYtの感想・評価

2.6
メキシコからの不法移民が、運悪くキ○ガチアメリカ人に狙われて逃げ回るというもの。

とにかく逃げてる時間が信じられないほどなっがい。特段のハラハラもなく。
TSUTAYAでレンタル。
視聴開始30分でリタイアし、
そこから夢の国の中では
和歌山に戻る夢を見てました。
和歌山には絶対エスケープしたくないので
借りて良かったと思います。
DD

DDの感想・評価

3.0
車が 故障しなければ
こんな事には
ならなかった
けーな

けーなの感想・評価

3.7
アルフォンソ・キュアロンが製作し、息子のホナス・キュアロンが監督を務めた。

メキシコとアメリカの国境地帯の砂漠で、アメリカへの不法入国を試みる移民たちと彼らを狙う襲撃者の攻防を描いたスリラー。何も身を隠す物がない砂漠の中で、銃で狙われ逃げる様子は、ハラハラして、先が読めず、なかなか面白かった。

襲撃者のあまりに執拗な様子にびっくりした。犬に追いかけられたら、まず逃げるのは無理だなと思うし、襲いかかってくる犬は、犬好きから見ても怖いものだ。しかし、最後の犬のシーンは、可哀想で見ていられない。どうやって撮影したのだろうかと心配になった。

主演のガエル・ガルシア・ベルナルは、「バベル」にも出ていたとのことだが、どの役だったか、思い出せない。
Nina

Ninaの感想・評価

-
犬にひどいことさせないで(>_<)
犬にひどいことしないで(>_<)
>|