Hir

メッセージのHirのレビュー・感想・評価

メッセージ(2016年製作の映画)
4.0
言語と世界観


突如、ばかうけに似た乗り物(?)で、世界12ヶ所にやってきたエイリアン。
彼らは何のために地球に現れ、どのようなメッセージを人類に伝えたいのか。

前情報はほとんど無しで見たが、この映画の世界観には終始どハマりしてしまい見入ってしまった。

ノンリニアな時系列展開と、メインテーマである「言語」が如何に絡み合ってストーリーが進んでいく様子は、難解であるものの観ていて心地よい。

ーーー

言語哲学者ソシュールによると、人の世界観は「言語」によって構成されるという。

例えば日本語と英語において顕著に現れているのは、一人称の表し方が挙げられると思う。

日本語では「私」「僕」「俺」「拙者」...など様々存在するが、英語では全て"I"で表現される。

日本語における一人称では、複数存在するが日本人である我々からすると、「どんな場面で、どういった人が使うのか」が何となくわかる。

それに対して英語の一人称では、如何なる場面でも一つの単語で表されるため、おそらくそれぞれのネイティブスピーカーから見た世界は微小ながら異なるものであると考えられる。

昔、アニメにおける兄の呼称と、それに対する英訳が話題になったが、これと似た現象だと思う。

概念から言語が生まれるのではなく、言語から概念が生まれるのである(という考え)。

ーーー

この「メッセージ」という映画では、この考え方が主軸にある。

エイリアンたちは「人類が使う言語」とは違う「言語」を提供することで、同時に新たな「世界観」を提供する。


と、このようなテーマが主軸になった映画。(長くなってしまった)



最後に感想をつらつら書くが、予想以上に自分好みの映画で本当に終始飽きることなく見入ってしまった。

ただ、エイリアンたちがなぜ人類に言語を提供しに来たのか、という理由が少し雑だったと感じる。

一応理由は語られていたけど、ざっくりすぎて、見終わったあとでは記憶に薄い。

あとは、テーマが壮大故に言語と時間に関する世界観の結びつきが、いまいち分からなかった。

何度か見たり考察記事を見れば解決できるかもしれないが、少なくとも一度の視聴ではあまり理解できなかった。

しかし、この壮大なテーマをうまくまとめた映画であることは確かで、見終わった後に「わかった気になれる」のは良い映画である証拠であると思う。

あと、音楽の使い方は独特の緊張感を演出していてとても良かった。


ほかの人にも勧めたい映画であるが、何もあらすじを伝えずにネタバレ無しで見てほしい映画。