メッセージのネタバレレビュー・内容・結末

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「メッセージ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

辛い未来が見えてしまう。その未来を選ばないことだってできる。でも一緒にいたい、一緒に過ごしたい、あなたに出会いたい。選択肢なんて、ない。『未来が見えるなら、自分の思いをもっと伝えるようにするよ』彼はそう言ってくれた。確かにうまくはいかなかった、だけど。『時に流れがなかったら』あなたの物語は映画の始まりじゃない、終わりでもない。出会えたことだけが、すべて。"Arrival"

なにこれ、完璧すぎた。

ネタバレフィルターかけといて書くことではないけど、ぜひ大切な人と観て。その人のことを無性に抱き締めたくなること請け負います。同じ思いなら、私もあなたも、絶対に放さないで。


だらだらワケわからないこと書いたけど、一言で言ってしまえば最高。「もっと早く観といてよ自分!シリーズ」に入れときます。あと、かなり久しぶりに良質な映画音楽に出会えた気がする。『ガタカ』といい音楽で心を揺さぶってくるSF作品の素晴らしさよ。どこをとっても名作すぎる。ここまで素晴らしい作品なら、もっとみんな騒いどいてよ、こんなに観るの遅くなっちゃったよ。もっとアンテナ張ります。
見終わって意味がわかると愕然とする。エイリアンの話ではなく主人公の話だった。時間の概念がないと過去も未来もバラバラになって滅茶苦茶になってしまう。主人公の選択が正しいのかそれはわからない。同じ立場でその選択ができるか?だから夫は信じられないと出て行ってしまう。だから、”あなたの人生の物語”。最近観た洋画では久しぶりにいい映画だった。 飛行体、確かにバカウケに似てる。
うわあ…すごいなあって映画でした。

でもイアンも多少言語分かるはずやから未来見えるんじゃないん??ってなったけど違んうかなあ…
2017年のマイベスト1でした。
劇場で5回観て、Blu-rayも何故か4枚あるのでさらに数回は観てます(笑)
フィルマークス100個目記念?に、久しぶりに鑑賞。

当時Twitterでたくさん呟くほど好きな映画で、原作も読んだし(原著もサントラもパンフも買ったし)、今さら何も書けない状態なのだけど。あぁ…私、何度観ても最初と最後で泣いちゃうんだな。

初見では、ルイーズが「見てる」ものは彼女の「過去」なのだと多くの人は思う。でも「未来」を見ていたのよね。
夫とは別れ、娘は早くに死んでしまうことをルイーズは知っている。それでも彼女は恐れず、愛することの方を選ぶ。
これを理解した時、静かに涙が流れて。

ヘプタポッドには時制がなく、彼らの文字は「環」だよね。映画の冒頭と最後で流れる「on the nature of daylight」も同じメロディの繰り返し。
本当に、何から何まで上手すぎて(ルイーズが見る未来の映像を挟むタイミング、フラッシュバックの時のエイミーの表情)、自分の中でピタッとはまった映画。もしかすると人によっては難しかったり、退屈なのかもしれないけど。

映画のあとで原作も読んだが、映画の脚色は見事で上手だなぁ、と。映画らしく盛り上げたというか。原作は学者二人がもっともっとややこしく難しい話を繰り返してるし、ヘプタポッドの文字もまるで想像つかなかったので(笑)難しすぎて逆に笑っちゃうけど面白いです。

映画にしろ原作にしろ、ちょっと難しい思考系SFだけど、根幹は母が語る娘の物語。もう大好き。エイミーも大好き。この作品のエイミーが一番好き。好きすぎて、自分の為に乱文を垂れ流しました(笑)
何度でも観たい映画の一つです。
ラストシーンに圧巻された。
娘が病気で亡くなるという不幸が起こることを知ってしまった彼女は、それでも娘と会うという未来を選択する。彼女の中に娘がいない人生はないのだろう。なぜなら、彼女はすでに未来の娘と会ってしまったのだから。愛してしまったのだから。
観ようと思ってようやく観た一本。

人類と宇宙人のコンタクト映画は多くあるが、この映画は特にリアリティが強く、人の想像と映像技術が進化したんだなぁ、と、しみじみ感じさせてもらいました。

しかし、内容の矛盾点として、宇宙人は3000年後に人類に助けてもらうから、今の人類を助けたと言っているが…?

………?

宇宙人が主人公に未来予測の能力を与え、武力行使をしようとしている中国を説得したから、宇宙人が人類に攻撃をせず撤退した流れになっているが。。
いや、そこまで分かっているのであれば、宇宙人が自ら撤退すれば良かったのでは⁇

主人公に中国を説得させたところで、その後の人類の未来に何かポジティブなことはあるのか??

宇宙人を相手にした事で、地球が一丸となったのが人類の平和に繋がったと言うのであれば、そこをもう少し掘り下げて欲しかったかなぁ。

中国やロシアが余計なことしなければ、世界は平和なんだよ感が強かったなぁ。

はっ

これこそがメッセージ…。
言語を理解することによって人間の思考構造が変わる。
言葉って知的生命体を象徴する最大のツールですよね。彼らが与えてくれたのは光速で移動する技術でも重力を操作する技術でもなかった。
ラストに近づくにつれ解明されていくストーリーに快感を覚えた!たまらぬー!
SFは、知識欲を掻き立てられる。脳みそが喜んでます。
原作読んでて、映画あるよって聞いたらまさかの世間を賑わしていたバカウケ。ヘプタポイドBの自由意志が存在しない世界で、何が面白いんだろう。何がいいんだろう。とか思っちゃうよね。
ちょうど最近、未来に貸しを作る系のSF小説を読んだばかりで不思議だった。
「前後がない」「非線形」「時間の概念がない」

最初から伏線がはられていて、そしてこの映画自体がそれを体現している

正直 彼らの言語を理解することで彼らの時間の概念を理解できる因果が捉えきれなかったが、映画自体の構造が彼らの時間の概念を体感させてくれるものになっていてストーリーの構成として完璧すぎる

(以下ネタバレ含む感想)

物語の出だしに娘を病で失う描写がありそれはルイーズがこの物語が始まるまでに起こったことなのかと思っていた

が、話が進むにつれ違和感に気づく

「この子は誰?」とヘクタポットに問うルイーズ。そこで全てを理解する。これまで私たちがルイーズの過去だと思って見てきた娘との時間は来れたら先の未来に起こることであることに。

娘が病で死んでしまうことを知っていながら、イアンと子をなし育てる。尋常ではないその覚悟に感銘を受ける面もあり、怒って離れていったイアンの気持ちも理解できる。多くが語られない中で感情やストーリーを強く刻んでいく。
>|