メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

-
機内で見た。

原作読んだときに感じた難解さはなくなっているけど、わかりやすくなっているから面白いのかと言われると、それはどうなんだろう… 真意にハッとする感じは弱くなった気もする
marby

marbyの感想・評価

3.8
どんなsfかと思ったけど、
これまでのsfとはまた異なる印象のsfだった。
ツカダ

ツカダの感想・評価

3.6
音響面で受賞していることに納得した。家のちゃちなAV環境じゃなくて、映画館で見た方が数段魅力的な作品なんだろうなと思わされた。

内容としては、構成がすごくて見事に騙されたし、オオオそういう話なのね、と納得もした。原作小説未読なので、ほんとに勝手な印象だけど、映像化には監督の手腕が問われる作品だったのではないかな、と思った。そして見事に映画化したのではないかな、と。
個人的には、SF的要素の方でイマイチ釈然としなかった。主人公の人生の物語としては美しくまとまっていると思います。
原作小説読みたいな!
ryuuya08

ryuuya08の感想・評価

3.6
難しい!それにルイースの決断も理解に苦しむ、あの人の精神は宇宙人と接触することで強なったのか?普通の人では耐えられないよ
さみー

さみーの感想・評価

3.7
映画館で観たほうが良かった系のやつ。
物語が静かに美しく進んでいくさまは心地よい。
腑に落ちない部分もあるけれど、良い作品でした。
今よりもっとボンクラだった中学生の頃、化学の時間。生徒達に舐められがちだった寡黙な先生が、大騒ぎする生徒達に突然背を向け黒板の隅にぐるぐるとバネの様な絵を書きだして「時間というのは実際にはこの様な形をしていると思うのです。この螺旋を縮めて飛び移ることが出来ればタイムスリップは…」とボソボソ語り出した事が有りました。先生は自分の馬鹿げた考えを、この瞬間ならば誰にも聞かれないでいられる!とでも考えたのでしょうか?実際殆ど誰も聞いてなかったみたいでした。自分は「でえれーカッケェ」と思って見てましたよ。先生は今どこで何してますかね?先生はヤバい人でしたか?

作品全体を使って、ある一つのアイデアを提示する。恐ろしく繊細で、実はシンプルで、胡散臭くもあるものの、途轍もなく魅力的なアイデア。夢を委ねてみたくなる様な。
本来的にはこのアイデアは、映画や文学の様な基本、時間軸で一方向に進む表現メディアより絵画やグラフィックの様な一度に全てを見渡せる表現の方が(サブテキストは欠かせないとは思いますが)理念を伝えやすい様に思えます。それでも、広く・分かりやすく伝える為に原作者はこのアイデアをエモーショナルに物語に織り込み、映画制作者達は、それを過不足なく2時間弱の美しい作品に詰め込みました。そしてこの完璧なバランス感覚はやはりドゥニ・ヴィルヌーヴ以外には成し遂げられなかったのではないかと思ってしまいます。ただただ見事。
心と脳が仄かに熱を持つようなSFです。『インターステラー』みたいな髭ボーボーのSFじゃなくて、もっと柔らかくて滑らかで有機的。誤解を招くのを承知で言えば、女性的。
SFと聞くと敬遠してしまう層の方が少なからずいらっしゃるとは思うのです。(気持ちは分かります。)でも、SFでしか表現出来ないフィーリングというのは確かに有って、今作で言えば、ある途方も無いアイデアを齎すのが“遥か高次元の文明を持つ生物”である、という辺りなのですが、これがもし“特定の国の天才科学者の発見”だったとしたら、果たしてそのアイデア、世界中で受け入れられるかな?なんて考えてしまいます。人間ってややこしいから…。だから、思考をちょっとだけジャンプさせるために、SFって凄く有効に思えます。“侵略者と戦う”とか、“恐ろしい何かに怯える”とかは、現実だけで充分なんではないかしら?美しい草原を走るジープの無粋さを、宇宙船のエレガントさを見よ!
…なので、普段SFを観ない人にこそ観て欲しい。あと、ちびっ子。御年配にも。勿論男女問わず。要はみんなに。2010年代を代表するマスターピースです。
言葉の無力さ…じゃなくて、既存の言語の無力さ…でもなくて、既存の言語の先の、認識の無限の可能性を示してくれました。本当に素晴らしい!次のロケットにはゴールデンディスクの代わりに今作のブルーレイディスクを搭載すべき。
「この先何が起きるかわかっていても、でも構わない。どの瞬間も大切にするわ」
理解力が、必要です
>|