メッセージ(2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:116分
    監督
    ドゥニ・ヴィルヌーヴ
    脚本
    エリック・ハイセラー
    原作
    テッド・チャン
    キャスト
    エイミー・アダムス
    ジェレミー・レナー
    フォレスト・ウィッテカー
    マイケル・スタールバーグ
    ツィ・マー
    ナタリー・ティボー
    マーク・オブライエン
    アナナ・リドヴァルド
    ラッセル・ユエン
    ジョー・コブデン
    あらすじ
    突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

    「メッセージ」に投稿された感想・レビュー

    ngsm
    ngsmの感想・レビュー
    2017/03/16
    -
    機内で見た。

    原作読んだときに感じた難解さはなくなっているけど、わかりやすくなっているから面白いのかと言われると、それはどうなんだろう… 真意にハッとする感じは弱くなった気もする
    piroshi
    piroshiの感想・レビュー
    7時間
    2.5
    SF宇宙人モノですが新しい切り口?視点?でのストーリー展開はマァマァ楽しめたかな。

    ただラストの1番重要なシーンでこの映画『矛盾』してる事に気付きました。

    なのでこの評価😅
    licccccc
    liccccccの感想・レビュー
    15時間
    3.0
    非常に個人的な先入観ですが、キャストや映像、音楽いろいろが「あ、これたぶん最大にクリエイティブではないパターンだ」って思ってしまって最後までなんかそんな感じだった。年に数回お届けされる、期待が膨らみそうでそうでもないSFにガッカリするのはもうやめよう
    間接照明
    間接照明の感想・レビュー
    18時間
    3.5
    ストーリーは至極単純なSFです。
    「エイリアンがやってきた。」ただそれだけです。

     この映画はそんな単純なストーリーに、巧みにサイドストーリーを絡めてきます。そのサイドストーリーこそ、本来の原作の題名である「story
    of your life」。映画の序盤から、エイリアン到来のメインストーリーと、ヒロイン娘のサイドストーリーが複雑に・執拗に繰り返されます。

     メインストーリーは、ひたすら接触。エイリアンと接触。その過程が創造的で面白いのですが、静かな深みがあります。ワクワクハラハラな展開ではないけれど、なかなか目が離せない…そんな印象です。人間の「特定の言語に頼った思考回路」、「文字の認識の仕方(表音文字・表意文字を使ったコミュニケーション)」、「単語・文・文法の扱い方」……その深みはまるで言語SFです。

     サイドストーリーは、そんな一見単調に見える接触プロセスの随所に差し込まれます。終盤まではなぜそのシーンが散りばめられるのかワカラナイのですが、”記憶”・”時間”をキーワードにメインストーリーと結びつき、最後に美しく謎が解けます。

     『宇宙戦争』や『インデペンスデイ』、のようなアクション・スリルに長けた展開ではなく、ただただ、宇宙人との接触が協調されます。今までのSFと敢えて区別するなら「言語SF」です。
     『プロメテウス』『インターステラー』のような「未知との遭遇」「未来からの予感」のようなテーマは似ていますが、音響も映像にもスリルさ・迫力はありません。寧ろ、そういったことに頼らない良さがあります。

     一時期盛り上がったエイリアン領域も、『トランスフォーマー』『オデッセイ』『インターステラー』などテーマや監督の趣向で多くの作品が出ていますが、”コミュニケーション”・”時間”を武器に、本作は知的な深みのある作品に仕上がっています。

     毎回、映画に使われる音に注目して観るのですが、冒頭の音楽「On the nature of daylight」然り、キャストの呼吸音、異星人の発する音など、「静けさの中で響く音」を大切にしているように感じます。この映画に「壮大な」とか「迫力のある」という言葉はあまり似合わないのではないでしょうか。まるでキャストの耳元で聞いているような呼吸音・物音は、実際にコミュニケーションをとる人間にクロースアップしたかったような気がします。大きなスケールではなく、あくまで静かに、淡々と、深みのある作品を作り出したかったのではないでしょうか。
    lalachinooo
    lalachinoooの感想・レビュー
    19時間
    4.1
    どうしよう、こんなことが起こったら。

    言語は人間の進化の象徴である。
    ゆっけ
    ゆっけの感想・レビュー
    21時間
    5.0
    間違いなく、SF映画の傑作です。

    原題が「Arrival」ですが、『メッセージ』という邦題いいなと思いました。
    なぜなら、コミュニケーション=「対話」の大切さを描いた深い感動のあるドラマ性の高い映画だからです。

    ある日、地球外から見たことのないものがやってきます。それもなぜか世界中12ヶ所の地点に。
    「一体何が目的なのか?」ということがキーになってくるのですが、、、、これはやられます。

    ネタバレは絶対できないのですが、途中から、ゾワッと鳥肌立ちました。「え!てことは、あのはじめのはあれで、だからあのシーンはあれで、そしてこうなのか?てことはあの言葉ってこういう意味があるってことて。。。深すぎる。。」と一気にSF映画の範疇を越えて、深い感動を呼ぶ美しく、そして切ないヒューマン映画に切り替わるのです。

    つまり、SF映画なのかなぁと思っていたら、何かが起こるのではないかという不穏な雰囲気とともに、ミステリー的に物語が進み、最終的に切なくも美しいヒューマンドラマになるんですよ。
    (ちなみに、原作は「Story of Your Life(「あなたの人生の物語」」です)

    この編集の上手さといい、音響や撮影技術、そして原作は短編らしいのですが、よくぞここまで膨らませてより深みのある映画にしたもんだと感心しきりなんです。

    だからこそ、今年のアカデミー賞にも作品賞初め、監督賞、脚色賞、撮影、美術ほか計8部門ノミネートされているわけです。

    もしかしたら、どんぱち系のスペクタクルSF映画を期待している人にとっては、拍子抜けしてしまうのかもしれません。でも、大作SF映画にありがちな、ド派手な戦いだけが、解決への唯一の手段ではないと思います。

    この映画の主人公は、言語学者です。未知の異星人が私たち人類に対して、必死に何のメッセージを伝えようとしているかを解読しようとします。言語が通じない相手に対して、何をしでかすかわからないという不安の中、怖いから攻撃するのではなく、「対話」を続けます。

    これって、未知の異星人だけでなくて、私たちの身の回りのことでも大切なことなんじゃないかと思います。何考えているかわからないから、攻撃するんじゃなくて、きっと相手のことを理解する努力を惜しまないことが、一番大切なんじゃないかって、そんなことを考えさせられます。

    その意味で、『インデペンデンス・デイ』より好きです。

    過去、未来という壮大な時間という軸を描いているという点で『インターステラー』と比較されそうですが、自分は『メッセージ』のテーマ性の方が好きかもしれません。

    また、SF映画としては、『コンタクト』や『未知との遭遇』とも比べられるかもしれません。中国など他国とのやりとりがある点は『オデッセイ』を彷彿させます。ただ、自分はそれらのSF映画よりも、「深み」や「切なさ」がある点で、好きになってしまいました。

    言語を覚えることは、新たな価値観を知ることになる。
    「コミュニケーション」を題材にしていることと、そして自分が大好きな「切なさ」があるので、生涯に残る作品でした。

    もしかしたら、「?」がつく映画かもしれません。ただ、こういうことなのかと解釈を伝え合えば、どんどんこの映画の虜になること間違いない映画です。
    もう一度観たらまた違った感動を味わえる、そんな映画だと思いました。

    『プリズナーズ』『ボーダーライン』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。カナダの監督ですが、これがSF初作品ということですから、すごすぎます。今年は、『ブレードランナー 2049』の公開も決まっています。ハリソン・フォードとライアン・ゴズリングです。これもかなり期待できるんじゃないかと、今から楽しみです。

    そして、エイミー・アダムスが素晴らしいの一言でした。

    →【アカデミー賞8部門ノミネート】全く新しいSF映画と世界で絶賛された『メッセージ』の衝撃と感動の正体を限定試写で見届けよう! | FILMAGA(フィルマガ) https://filmaga.filmarks.com/articles/1157
    顔るんるん
    顔るんるんの感想・レビュー
    1日
    4.0
    壮大で良質なSFサスペンス
    色々考えさせられる、
    すごく頭を使う作品だ。
    とても良い

    謎が最後に解けるので、
    もう一度ぜひ観たいと思った。

    すごく人物や風景が美しく撮られており、静かで重厚な音楽にぴったり。

    エイミー・アダムスを見直した。
    BvsSではあんなに老けてたのに、
    この作品では女神みたいに美しかった。
    れいちゃん2525
    れいちゃん2525の感想・レビュー
    1日
    5.0
    人生、記憶、言語。
    ゆうか
    ゆうかの感想・レビュー
    2日
    4.1
    個人的に宇宙人襲来系の映画は好きじゃないけどこれは今まで観たことないタイプで結構好みだった。ジェレミーのメガネ姿がいい
    GotaMorishita
    GotaMorishitaの感想・レビュー
    2日
    3.5
    途中までは、どんな展開になるのかドキドキしながら見れた。あのトリックには、完全にはまっていた。トリックがわかってからは、かなり単調というか、後半の伸びがない。落ちが弱いのがおしい。あと一歩。
    >|