メッセージ(2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:116分
    監督
    ドゥニ・ヴィルヌーヴ
    脚本
    エリック・ハイセラー
    原作
    テッド・チャン
    キャスト
    エイミー・アダムス
    ジェレミー・レナー
    フォレスト・ウィッテカー
    マイケル・スタールバーグ
    マーク・オブライエン
    ツィ・マー
    Abigail Pniowsky
    ジュリア・スカーレット・ダン
    ルーカス・シャルティエ=デザート
    アナナ・リドヴァルド
    ラッセル・ユエン
    ジョー・コブデン
    あらすじ
    突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

    「メッセージ」に投稿された感想・評価

    機内で見た。

    原作読んだときに感じた難解さはなくなっているけど、わかりやすくなっているから面白いのかと言われると、それはどうなんだろう… 真意にハッとする感じは弱くなった気もする

    このレビューはネタバレを含みます

    ハッピーターンみたいなUFOが気になってたメッセージやっと見てきた〜!

    バイト先の友達が見たあとに〝すごく面白かった!パンフ買っちゃった!〟って大興奮してたのが気になって楽しみにしてたのです。

    彼らが🐙たこに見えて仕方がなかったです(笑)文字はイカスミで書いてる・・・。イカ?!みたいな(笑)

    言語で意思疎通をお互いに図りあうっていうのはとても面白かったです!

    でも主人公の未来が見えるってのはびっくり。そうきたか〜!って。全然分からなかった。絵でやっと分かったよ〜!

    メッセージっていうよりもその道具?能力?に後半は重きを置き始めたのはちょっと勿体なかったな〜なにが目的なのかが3000年後に助けてもらうためっていう・・・。

    3000年後に彼らになにがあるのか、心配です。

    エンドロールにも流れた曲が印象的。

    この映画、エンドロール始まった途端に退場する人多くて人それぞれ好きがすごく別れる映画なんだなと感じた。
    ドゥニ監督は複製された男しか見てないけど、合わないかもしれんなぁ
    アート的というか回りくどいというか…もっとストレートな方が好き
    ヘプタポッドと出会って価値観が変わって(というか受け入れる幅が広がって)過去とか未来とかよりもその瞬間を大事にして、わかってはいる出来事も愛をもって過ごしていくっていうのだと思うから、それは美しいとは思うけど
    開始5分であそこまで感情移入させるとは思わなかったから、そこは上手いしすげぇと思った
    あと重力表現!あれはおおおって衝撃受ける映像だった!ゼログラに近い体験
    ばかうけだったり文字だったりビジュアルは驚くものばかりで、SF見てるなぁ!って感覚になれた
    やっぱ個人的にドゥニ監督作は合わないのかも…ブレードランナーは合うといいな
    オチを知って観てしまったので面白さが半減してしまった
    アメリカから見た中国やロシアのイメージってあんな感じなのね、と勉強になった
    ジェレミー・レナー目当てで観ましたが、SFという言葉で片付けてしまうにはあまりにも哲学的で深みのある作品。人類が初めて未知のものと出会う瞬間とは本当にこうかもしれないと思わせるリアリティもあり、ジェレミーも堪能できる良作!
    俄然「ブレードランナー」が楽しみ♥
    最近一押しの監督、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督最新作。
    インパクトのある宇宙船と宇宙人の言葉を解読していくというストーリーが気になり観にいったが、普通の映画ではなかった!

    この映画は宇宙人と人間との闘いや、ふれあいを描いた話しではなく、”人間の愛”を描いた映画でした。そのテーマを問うために、あくまでキッカケとしてエイリアンが突如やってきて、超俯瞰的な存在として人間に”武器”を与えにきている。

    この”武器”が人間たちに何をもたらすのか。そして、主人公ルイーズに与えられたまた別の”武器”。
    真相を知ったとき、あなたならどうしますか?と問いかけてくるような内容でした。
    他のSF作品より小説的というか、詩の様な感じもあった。そこを編集で出すのは大変だと思う。あんまりSF的テクノロジーなどは気にしなくてもいいし、苦手な人にもいいかもしれん。
    原題と邦題が違ってて、日本人がつけそうだなーっていうわかりやすい感じになっててちょっと残念。
    愛はつづく

    ときどき記憶が蘇る。思い出してみればなぜ忘れていたのかまったく分からないような、そんな当たり前のことが。

    言語学の話だと聞いてうきうきして観に行った。
    正直に書くならば、前半はうとうとしていた。眠いときに無理に映画を観てはいけないね。でも、あの瞬間(どれだ)すーっと、霧が晴れたように、眼が覚めた。

    後半の展開にそれまで完全おやすみモードの頭が急にぎゅるぎゅる回転を始めて、それのせいで少し酔った。エンドロールのあたりでやっと、頭が追いつき始めて
    あっ、あっ…となっている。なんだ、そんなことか!いや、そんなこと、では済まされないくらい魅力的で、温かく、そして当たり前のこと。
    めちゃくちゃ評判良かったからかなり期待していたんだけど、ご、ごめんなさい、私にはあまり響かなかったぞ…単純に私の理解不足もあると思うんだけどね。全てが繋がったあとも、「あ、なるほど」とはなったものの、何かは生まれなかった。そこに帰結するのね、という。冷たいのか?

    っていうかそもそも論なんだけど、あまり響かなかったのは、たぶん主人公など登場人物たちに共感も関心も持てなかったからなのかもしれない。そして物語で描かれる概念についても。原作のタイトルは確かに腑に落ちる。そんな感じ。
    >|