メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

授業でみた。
未来がみえる主人公
この人と結婚したら、夫とはのちのちわかれ、子供は死ぬとわかっていても
選択を変えない彼女。
サピアウォーフの仮説が前提の映画らしい。 言葉が違えば世界が違うというもの。


難しいですね。
本当は5.0だけど...
なんとも説明出来ないこの感じを誰かわかってほしい(笑)
所々が雑すぎる
takeru

takeruの感想・評価

3.7
まさしく"メッセージ"というタイトルがぴったりの映画。

ラストは切ない、SFヒューマンドラマ。
梅

梅の感想・評価

4.0
複雑なストーリー展開、

でも見たあとだんだん意味がわかってきて、じわじわ心があったかくなった作品。
ツユQ

ツユQの感想・評価

5.0
めちゃめちゃ良かった

文字や言語が考え方や概念を規定するっていうことが映画になってて、スゲェ。
過去、現在、未来をループしてて、死は再生の途中でマンダラみたいな考えだなと思った。

「武器を与える」=「言語は武器だ」がちゃんと最初に明示されてて、映画自体も見事にループしててホント感心する。

ドゥニビルヌーブの映画って、は?みたいなのばっかだけど、なんか味わい深いというか、もう一回見たい!っていう感覚を植え付けられますよね。
Malfoi

Malfoiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

メッセージと邦題を付けた方は素敵。元はarrivalでええんかなー?
テーマは言語であったり認識であったりと捉え方で色々あるけど、時間という大きなテーマをこれだけ見せ方一つで把握させるってのはすげーと思うし、映像も音声もトータルで完成度の高い作品でした。
未来がわかったとして、あなたはこれからの行動を変えるか?という問いはありきたりに思えるけど、想いをもっと伝えるようにするかなっていう返しはそれまでのくだりがあってこそ響く。
二度見ないとだめですねこれは。
全く違った視点で見れそう。
確定した未来を変える力は現在にある、という矛盾が心地良い。
まさに近代SFの金字塔になり得るんじゃないでしょうか(昔のSFほとんど知らんが
fonske0114

fonske0114の感想・評価

4.0
地球に来た宇宙人と接触をとるため学者が会話を分析し対話を通じてコンタクトをとる物語。

面白い!!でも鑑賞者を非常に限定する作品だと思った。


以下ネタバレを含む考察を。













まず、この作品を理解するに辺り言語学的な知識が必要となる。
主人公が、主人公の持つ武器は言語と言われる→未来が見える
ここがかなり要になる。

まず、作中でもあった通り思考は言語に影響するの部分だ。
例えば時間的感覚は日本語では基本的に現在形「~する」と過去形「~した」と進行形の組み合わせしかない。

未来 勉強する 勉強している
今 勉強する 勉強している
三年間 勉強する 勉強中している
昨日 勉強した 勉強していた
一昨日 勉強した 勉強していた

日本語では「~する」と「~した」でかなりの時間の表現ができることがわかる。一方で英語は各時制で
表現が異なる。
未来 will study will be studying
今  study be studying  
三年間(現在完了) have studied have been studying
昨日 studied was/were studying 
一昨日 had studied had been studying

このように日本語と英語は時間に関する捉え方が異なるためこうした表現の違いがある。「第二言語として」英語でこれだけ時間の表現が出来ることに親しんだ場合、日本語で話すときも『ここの「~する」は未来を表している』などのように英語的感覚が影響を与えることがある。

本作中にルイーズが夢にまで宇宙人の言葉が出てくるほど理解するにつれ未来が見えるようになったのは、これと同じ原理である。宇宙人は3000年後に人類の助けが必要だというが、宇宙人には未来が見える思考があり、それが言語に影響を与えている。

つまり、日本語話者が英語を使うようになるにつれ時制に敏感になるように、ルイーズは宇宙人語を理解するにつれ未来が見えるようになっていったのである。

だからルイーズは未来に見える出来事を武器に、宇宙人との対話や戦争の阻止をできることができたのである。

また言語学や社会学的には、異人と対話するときに単語からお互い確認し合い文法や単語を確認し意志疎通をはかっていくのは未知の言語と接した際の手段としてわかりやすかった。きっと辞書もなかった昔の日本人が外国人に会ったときはああして意志疎通していったのだろう。


そしてこの映画がわかりにくさを増幅させているのは、更に映像で時間を交差させていることになる。
物事が起きた順番で言えば、
宇宙人くる→宇宙人帰る、二人結婚→出産、離婚→ルイーズが作中思い出す子供との思い出→映画冒頭の愛娘の死
となっている。時間軸が交差しているが故とてもわかりにくい。


この言語学的視点の匠さと映像の妙がわかれば、世界情勢の描写だけでなくとても計算され作り込まれた映画になっている。

言葉をテーマにした作品はMy Fair Ladyなど音声学的なものはあったが、今回のような心理学と言語学の要素を持つような作品はあまりないのではなかろうか。

しかしながら、ルイーズが一人で宇宙人と対話している場面では普通に英語と宇宙人語で会話していたため、宇宙人も英語を学んだか?今までの会話解読はなんだった?と思ってしまったのは残念。
mashi

mashiの感想・評価

4.2
映画好きの人達が皆揃って「傑作!!」って言ってるから 気になってた

途中までうーん 普通だなー

って思ってたが

後半からの 切り返し そしてスピード上げてクライマックス

すごかった

最後はとても切ない 意味がわかった時がとても切ない

良作 おすすめ!
>|