メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

イアン物理学者にしてはムキムキすぎる
Chihiro

Chihiroの感想・評価

3.7
ある日突然得体の知れない物体が地球上に現れたら、その物体が危害を加える加えない関係なく、ほんまにこんな風に勝手に人間同士でパニックに陥って争って滅びていくんやろなぁ
oumah

oumahの感想・評価

3.0
イカ墨で会話◯
花

花の感想・評価

4.5
SFものって好きです。宇宙には夢がある。地球の概念とは全くの別世界が広がっている。この映画のエイリアンが姿を現した時、ベタなその姿に不安になったのですが、最後には上手くメッセージをまとめてくれました。宇宙人はいるのでしょうか?居ても怖いし、居なくても怖い。この世界が人間だけの為に作られたものだったら…とか、考えると想像が膨らみます。
sato

satoの感想・評価

3.0
むずかしいぞ、ドュニ・ヴィルヌーヴ。
いいぞ、エイミー・アダムス。
原題「ARRIVAL(到着)」と日本題名「MESSAGE(伝言)」が意味すら違う。
宇宙船は「柿の種」っぽい形だし、アベンジャーズの方が博士として出演していますが派手な戦闘シーンなどありません。「武器」の発動などコントロール方法が不明です。

古い映画の「火星人」の頃から「宇宙人」といえば「タコ型」で「無着衣」なんですネ。⬅️この「差別」的表現で人類は死滅するかも(笑)
久々にタコ型エイリアン見た。

下記は、映画とは関係ありまん。
映画を見ている私の中の頭の中。
1.私は、地球の日本って定義付けされた所にたまたまいるだけです。
2.何故か、ゴミはゴミ箱に捨ててもポイ捨てしても地球にあるのは変わらないという文明的ではない発想。
LALA

LALAの感想・評価

4.5
これはちょっと新しい感覚。
そしてものすごくリアルで本当にあり得るかもしれないと思うようなSFだった。

未来を知りながら人生を選択していくって、、なかなかつらいことだよな。。

エイリアンの文字の描き方がめちゃカッコいい。
ograchan

ograchanの感想・評価

4.0
先が視えたとしても最善を掴めるとは限らない。
それでも選ぶことに意味はあるし、前に進むしかない。

原題のARRIVAL。
主人公が自身のなかにあった答えに至ることで
帰結する物語。
ここ最近のSFでもいちばん面白かったかも。
>|