メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

北海道でメッセージを受け取ったのは私さ( ¯−¯ )フッ



ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督 2016年製作
主演エイミー・アダムス


先日、気づいたら、美女と野獣の「いいね!」が100になってて、100~!って驚きました!100超えたの初です、ウレシ(^-^)
実は、キングコングと美女と野獣、GotG2が、ここ数日、99いいねで並んでいて(笑)、僕の中でダービーしてました(^-^)どれが最初に100に到達するのかな~なんてね(*^-^*)ゞテヘヘ

僕の雑言レビューに100人もの人が「いいね」してくれる。なんて嬉しいんだろうね😂
いつもありがとうございます😊

でも、僕がする「いいね」は「見たよ~」の意味もあるので、みなさんも同じかも。それでも、嬉しいので、僕もみなさんのレビューをいいねしますよ(๑•̀ •́)و✧それ以上にコメントがあると嬉しいよね\(^o^)/

という僕からの"メッセージ"を発信したところで、レビューです……長い(T_T)




もう、スコアを見て、説明がいらないですよね。

えっ、娯楽好きのたけちゃんが満点?
どうした、どうした???
と、コメ欄がきっと驚きの声で溢れていることでしょう(。-∀-)ニヤリ

でも、たけちゃんが満点なら、これはピューンビューン ブォン コーホーというSF娯楽作……そう思われる……
まずいぞ………

キョロ(*゚ロ゚*三*゚ロ゚*)キョロ、みなさ~ん\(^o^)/
ふだんの僕のレビューは忘れてくださ~い!
これは娯楽作ではありませんよ~( 」´0`)」オォーイ!

よし、これでダイジョーブ……( ー̀ - ー́ )キリッ



「ボーダーライン」のヴィルヌーヴ監督……。
ボーダーラインが苦手だった僕にとって、この作品は試金石になると思うし、「ブレードランナー2049」がこの後公開されることもあるので、どうしても当たりであってほしいとも思っていた。
頼むぞ~、ヴィルヌーヴ~(○p>ω<)尸" フレーフレー


そんな思いは杞憂でした( ˘ω˘ )
これは素晴らしい
というか、久しぶりに考える作品を観ました!
ただ、考えるといっても、インターステラーのような難しさはないんです。
情感に訴える作品。
心に残りました……
脚本が素晴らしいなぁ。
そして、エイミーアダムスね。

語る全てがネタバレになる。
でも、ネタバレしても面白いはず(笑)
それほどの作品。
語りたい……(`・д・)σ メッ

散りばめられた伏線。
オープニングの意味するもの。
1秒も見逃すな!

そして、なんと言っても、音響。
古くは2001年宇宙の旅
そして、エイリアン
静寂、沈黙までもが場を演出
宇宙にはいないけど、宇宙的


見終わった後、自分と重ね
自分の人生と重ねる



あなたはその人生をまた選びますか?
何を伝えたいのかよく解らなくて、難しかった。
謎の生物は結局何が目的で地球に来たのか…。
言葉を理解しようとするルイーズだけど、未来のことが解る特殊な能力を持ってることの方がすごい。
中国の大統領に、何て言って電話したかとか、所々気になるとこがあって、もう少し説明的なのがあったら良かったかも。
飛行物体がばかうけに見えて面白かった。

18,1,21 DVD
ウ

ウの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

本当に困った。この映画の2時間が、なんだか本当に、なにかを変えた気がして、本当に困ってしまった。

すごく難しい映画だった、私にとって。でも、見終わって考えてみれば、この映画が言わんとしていたことは至極シンプルで、なんだろう、1番しっくりきたのは、''愛しい''という言葉かなあ。
私は最近ずっと、忘れたいって思ってた、前までは、思い出があるだけ良いと思っていたけど、そんなものはいらない、思い出なんていらないと思うようになった。色々な言葉や表情や場所や感情、思い出しても苦しいだけだから、いらない、全部忘れて、無かったことにしていいと。そんな私には、すごく、すごく愛しい映画だった。

忘れるということは、無かったことにするということは、私の今も、未来も、真っ白にすることなんだと気づく。彼女は、辛い思いをしないということよりも、イアンとハンナとの思い出を作るということを選んだ。イアンと結婚すること、子供を作ること、子供の成長を見守ること、その線の中の1つ1つの点を紡いでいくことを選んだ。何も無い、0というのが、1番辛いのだと知っているから。

時間があってよかったと思った。未来が分からなくてよかったと思った。過去と未来、前と後ろ、嬉しいと悲しい、笑顔と涙、全部、あってよかったと思った。私の人生に、始まりと終わりがあるのは幸せだ。


色々と調べるうちに、言語や文字について学びたくなった。youtubeの特典映像を見て、やっぱり私は、映画を作る仕事がしたいなあと思った。でもやっぱり、本を書く仕事もしたい、ああ困るなあ。賢いっていいなあ、もっと賢くなりたい。知りたいこともやりたいこともたくさんある。私には''今まで''も''これから''もあって、''これから''は私が作っていくから、もうなんでもできるじゃん、幸せだなあ。
オチに驚かされ、見終わった後も主人公の覚悟、決意について深く考えさせられた。
彼女が得た武器は、ある意味呪いで彼女自身は喜び、哀しみ全てを理解出来るからこそ受け入れられるが、周りに話したところで、その感情全てを伝える事は不可能だ。

これがハッピーエンドなのか、僕には分からない。
板

板の感想・評価

3.5
グイグイ惹きつけられる。不気味な音楽。断片的に挟まれる娘の記憶。ラストに納得。
現代版、未知との遭遇!
koo

kooの感想・評価

3.9
未知の生物との遭遇。
言語を通して意思疏通を試みるルイーズの中で、普遍的な概念に変化が生じる。
より良い人生を送るために最善の道を進むのか、悲しみと温もりの中で幸せな時間を過ごすのか。
この選択は難しいなぁ。
AKIROCK

AKIROCKの感想・評価

2.5
見る前から期待度高過ぎたのか?

ストーリーが複雑で全く理解出来なかった…。

一体この作品のメッセージは何だったのか???
>|