メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

"何度でも観たい映画"

わたしは、SF系好きなので、よくみるのですが、こんなの、いままでみたことない!!


レイトショー観に行って、時間あるやつこれしかなくて、あらすじとかもよく知らずに、
みてみたら、もう、どツボにハマりました、、、


細かい内容については、Kwskレビューされてる方たくさんおられますので、そちらをご覧ください。。。


ただ、ひとつ言えるのは、言葉の持つ力ってすばらしい!!!

原作もよみたくなりました
ドゥニ・ベルヌーヴ監督最新作。謎の飛行物体が登場。彼らが来た地球にやってきた目的を探るべく抜擢されたのが言語学者のルイーズ。世界が緊迫し不安に陥る中、短期間で彼らとコミュニケーションをはかってゆく。エイミーアダムスがUFOとのやり取りの緊張感を熱演。また、パートナー役としてジェレミー・レナーも好演。
UFO側の発する「表象文字」という概念とデザインが緻密で素晴らしい。またそれを軍を巻き込んでPCで分析して解読して行くところ、中国が強硬体制を取ってUFOを攻撃しようとするところなど、リアリティがあって緊迫感があった。
特に、彼らとの対話を計った後、ルイーズが得た「時間」という概念、その実態のなさには、不思議な感覚になった。
ヨハン・ヨハンソンの現代的で荘厳な響き、そしてマックス・リヒターの甘美な旋律には涙が止まらなかった。
イモリ

イモリの感想・評価

4.8
今まで見たSF映画で一番好き。
すごく抽象的で難しいテーマを見事に映像にしている。

原作も読みましたが、そのまま映画にするには少々地味でした。それをこの映画では幻想的な音楽やヴィジュアルで世界観を作り上げ、盛り上がりを作り一つの映画として完成させている!離れ業です!

邦題の「メッセージ」も、「Arrival(到着)」なんていう味気ない原題に比べて内容に寄り添っていて良い
BiBi

BiBiの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

エイミー・アダムス×SFにすごく興味があったので。

とても静かなSF。
こんなふうにエイリアンと間近で、しかも敵対ではなく対話を描いてるのは珍しい。
エイリアンが絵のようなものを使って伝えるものを、言語と捉えるには難解過ぎるけど、主人公の、相手を理解しようとする姿勢はすごく大事なことなのではないかと。
何ヶ国かで牽制しあったり協力したり。そんな場面も含めて、戦争ではなく会話をしましょうというメッセージ、だったのかどうかはわからないけど、良い映画でした。
Nodoka

Nodokaの感想・評価

4.6
見終わって何日も考えてジーンとくる、そういう映画でした
時間軸に困惑するかもしれない
でも落ち着いて考えてみると、深くてすごいいい映画だった
エイリアンということで、低い音が鳴り響いてて異世界にいるような感じ
面白かった。構成がとにかくうまい。見事に騙された。
タコが墨をはいてコミュニケーションをとるって発想が良い。「言葉を発する」が文字通りに視覚化されているのは観てて面白い。
また「未知との遭遇」というテーマの小道具として表意文字が使われていてこちらとしても新鮮な気持ちで見ることができた。アルファベット使ってる方からすると漢字もこんな風に見えてんだなーと。
漢字のタトゥー入れちゃう外人の気持ちがわかる。
最高だった。フラッシュバックだと思っていたのが全てフラッシュフォワード。いや、そんな言葉ないと思うけど。革命。革命映画。
何が何やら。
雲

雲の感想・評価

4.7
未知の概念の奇妙で不思議で恐い感じが面白かった。
越天楽の音楽が不思議な世界観を表してる。ポコポコする音楽も合ってた。

「外国語を学ぶと思考が変わる」は高校で英語勉強して実感した。そこからの「使用する言語が思考を作る。」だったから、納得した。
>|