メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

"何度でも観たい映画"

わたしは、SF系好きなので、よくみるのですが、こんなの、いままでみたことない!!


レイトショー観に行って、時間あるやつこれしかなくて、あらすじとかもよく知らずに、
みてみたら、もう、どツボにハマりました、、、


細かい内容については、Kwskレビューされてる方たくさんおられますので、そちらをご覧ください。。。


ただ、ひとつ言えるのは、言葉の持つ力ってすばらしい!!!

原作もよみたくなりました
面白かった
ドゥニ・ヴィルヌーブ監督作品。

主演にエイミー・アダムス。
助演にジェレミー・レナー、フォレスト・ウィティカーなど。

皆さんのレビューを拝見して楽しみにしていたSF作品。
ちょっと一言では語りつくせないくらい良かったです。
ネタバレしないで観ていただきたいので、未知の飛行物体が世界12箇所に飛来し、交信のため言語学者である主人公と軍に選抜された数学者が様々なアプローチを試みる…というストーリーとなっております。
この映画はかなり静かに淡々とストーリーが展開していきますが、構成が絶妙によくて最初から最後まで引き込まれました。

スピルバーグの未知との遭遇などお好きな方は是非っ♪
溝口竜

溝口竜の感想・評価

4.1
SF映画が好きで観たけどそういう設定!?初めて!って感じで結構面白かった!
終わるギリギリに理解、時間軸が難しく理解に苦しんだけど、なるほど♪最後にひらめき意図理解…。すごく難しい映画だね。
日本の動きは??!何してる?と感じちょっと切ない(笑)
yk

ykの感想・評価

5.0
文句なしのオールタイム・ベスト


ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の作品は、「ブレードランナー 2049」が初めてだった。その世界観の造り方に興味を持ち、話題になっていたメッセージも軽い気持ちで鑑賞。
そして度肝を抜かれた。痺れてしまった。

世界12ヶ所に突如現れた未確認飛行物体、中には異星人の存在があった。しかし彼らとコミュニケーションを取る術はなく、解読は言語学、科学者それぞれの分野の第一人者に任された。彼らがやってきた目的は?コミュニケーションを取ることは可能なのか?

というストーリー。
SF映画だが、現実世界に則した描写(暴徒が発生したり、国が初めは協力態勢で後々変わってくるなどの社会の動き方はとてもリアル)や、カメラワークによって画面が凛とした表情を常に見せているのが魅力。
ブレードランナーの時も感じたが、いつもやや口角気味で、被写界深度が浅くなったり深くなったりを繰り返している。それによって、ボケたり隅々までピントがあったりを交互に繋げていく。これが美しい世界観の演出に絡んでいく。
そして、音楽。なんの楽器だろうか、低音でバグパイプのような音が頻繁に響くが、それが何故か静的な印象をもたらすのは驚くべきだと思う。

SF映画らしく、解釈の仕方は多々あるものだろう。しかしこの映画は、はじめから終わりまで、ただの宇宙人ものに収まらず、人間の深い部分、愛や自身の選択といった根元に関わってくる問いかけを孕んでいる。途中から観者の「決めつけ」をガラリと180度回転させる展開があるが、そこが鮮やかで素晴らしいの一言。
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は本当に鬼才だと感じた。

人によってはハマらないだろうが、自分はいつも、人生の重要な"選択"をする時に何か大きな存在を感じていた。奇妙に思われることは百も承知だが、何故か選択の際に「自分はここでこうなる」「こういう道を歩いている」という、ヴィジョンめいたものがあり、事実そうなってきている。外れたことはほとんどない。

もし"選択"をやり直せたら?その結果が分かっていたら自分はどうするか?
そういう問いかけをしたことがある人は多いはずで、そんな人には是非観てもらいたい作品。
語っても語っても終わらない作品になると思う。

(個人的には、言語を学ぶことが考え方をも変えるという感覚がよく分かって、それも踏まえて良かった。理解のタイミングも含めて、完璧だった。今度から学校で生徒が「何で日本にいるのに英語を学ばなきゃいけないの?」と澄まし顔で言ってきたら、「黙ってメッセージを見ろ」と答えるよう、学校はマニュアルを作るべき。)
irodori

irodoriの感想・評価

-
2017 61本目
Taul

Taulの感想・評価

4.0
予告封印、原作未読で臨む。素晴らしいプロットやメッセージを持ったSF映画を観たという満足感と同時に、描かれ方やシーンに謎や物足りなさも感じた。

その後すぐ小説を読み、パンフレットやネットなどの解説に触れ、2回目を見る。
謎は消えて、時間の概念の新しい可能性に包まれると同時に、人生や命に対する愛おしさやはかなさが去来するという感慨に浸れた。

テーマの雰囲気を醸し出す言語、音楽、カメラが円環しているつくり。
エイリアン、平和、娘がArrival(到着、帰着、誕生)するタイトルとの一致も見事。
また運命論や死生観についていろいろ考えたくなる奥深さがある。

ドゥニ・ヴィルヌーヴの不穏さが原作の詩的な語り口に中和されて、ヒューマニスティックな輝きを放つ傑作SFになった。

(主人公たちが最初コンタクトしにいく時のバックが雅楽に聞こえてしまった派。荘厳な調べに包まれ神殿を進んでいくと舞台があり、霞の中から尊が現れて筆を走らせ、それを有り難く拝観する。そんな雰囲気もあった)

このレビューはネタバレを含みます

HANNAH という名前
ヘプタポッド言語
円環状の文字
時間軸
「流れ」ているのではなく
そこに「在る」ということ
定められた未来
人生を踏襲する選択
未来を思い出す過程
繰り返した後は…どうなるの?

多分あと2〜3回は鑑賞します💦

* 11/18 DVD鑑賞
>|