メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

yosumi

yosumiの感想・評価

4.0
映像と音楽の横綱相撲!まぁこれぞ映画のなせる技なのかもしれない。
に、してもかの国は頭足類的なデザイン好きですよねぇ。
評価が高いのは納得だが、終始淡々とシンプルな展開と音楽の為、眠たくなった。
深読みしないと1回では内容が中々理解できない為、何度か観れば評価が変わりそう。
細かくリアルなディテールを丁寧に重ねる映画大好き!なだけに一番ワクワクする部分がナレーションで省略されたのは残念。もっとも確かにそういう映画ではないし、明らかになる真実と静かな感動で満足です。
miho

mihoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

難解で静謐なSF映画。一度見た後、もう一回見直さなくては何が起きていたのか理解できない。ラストが最初に繋がって回文構造になってるのか…

明らかになる「真実」は映画を観ながら予測するのが難しく、謎が解けたという爽快感も無いため好みが分かれそう。始終画面が鬱蒼としており、華やかなシーンが一つも無いのも重苦しさに拍車をかけている。

美術的な部分はさすがによく考えられていて、ヘプタポッド語の水墨画みたいな形はなかなか斬新。宇宙人がタコ型ぽいのは古典的すぎて笑えるけど。
病院のシーンで廊下が円形だったり娘の名前が回文だったりと細部も面白い。
宇宙船のビジュアルはマグリットの絵を彷彿とさせる雰囲気で、最初に宇宙船へ近付いて行くシーンの緊張感は堪らなかった。

たびたび挿入される回想シーンの意味を理解した時の驚愕、それが全て。これがやりたくて他の全てのシーンが準備されたのだなあという。
よく練られた設定であるだけに、人間ドラマ部分の処理がちょっと雑なのが残念かも…中国のお偉いさんに電話するとことか、2人がくっつくとことか…
January

Januaryの感想・評価

5.0
なんでもっと早く見なかったんだろう。
ひさびさに映画を見た後の余韻に浸る…
考えた人天才や
鳴り響く重低音がUFOの強大さと人類の不安を表す
HIROSTB

HIROSTBの感想・評価

4.5
未来なのか過去なのか、宇宙人の目的は
あの女の子は誰なのか?…

ルイーズ(Amy Adams 魔法にかけられて)
イアン(Jeremy Renner ボーンレガシー)

↑この2人が突如現れた宇宙人とコンタクトを取り、なぜ地球に来たのか?目的は?
とストーリーは続いていきます。

ルイーズの回想シーンが冒頭のシーンから流れます。その中で女の子が生まれてから
ガンで亡くなるまでの様子が描かれています←ここ重要です!

この回想シーンが最後のシーンに重なった時は鳥肌でした!

今作はメインが宇宙人であり
主人公ルイーズの未来が見えていながら
同じ行動をするのか、という選択も
メインで描かれています。
その未来の記憶が徐々に鮮明になるほど
視聴者も辻褄が合ってくる表現は
まるで本人になった様な錯覚を覚えました!

今作をただの宇宙人との遭遇という解釈で
終わってほしくないです!
もしそのイメージで見終わってしまったのなら、是非もう一度見て下さい!
おみ

おみの感想・評価

4.0
あまり真剣に観ていなかったからか、
鑑賞後にウィキペディア読んで理解できた面もあるw
でも話はすごい複雑に構成されていて面白いと思う!切ない!
R

Rの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

自宅で。

2017年のSF映画。

監督は「灼熱の魂」のドゥニ・ヴィルヌーヴ。

話はある時、世界各地で謎の宇宙船が現れる。事態の究明のため、招集された言語学者のルイーズ・バンクス(エイミー・アダムス「ジャスティス・リーグ」)は同じく招集された物理学者のイアン・ドネリー(ジェレミー・レナー「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」)と共に地球外生命体との交信を図るというもの。

初めて、今作の存在を知ったのは、確か「映画秘宝」の映画祭上映レポートの記事。

そん時も、なかなかの評判だったようだが、今作の監督、ドゥニ・ヴィルヌーヴが「ブレードランナー」の続編を撮ることに決まってから、更に評価の勢いを増したという印象で(元々フォロワーの皆さんは評価していましたが)、俄然観たくなり、鑑賞しました。

ちなみに、個人的にはドゥニ監督作は「複製された男」「プリズナーズ」「ボーダーライン」と過去に3本観ていますが(「ブレードランナー2049」は恥ずかしながら、未見)、面白いは面白いんだけど、どれも「長い!」という印象ではてどうなるかという感じ。

観た結論から言うと、なるほどこれは確かに評価されるだけあって、人によってはその年のベストとして挙げられても何ら遜色ない作品でした!

今まで、地球外生命体飛来もののSF映画というと、どうしても「武力行使」というイメージが付き物だったけど、今作では「なんのために地球外生命体は地球に来たのか、そして何が目的なのか?」を「コミュニケーション」という方法を用いて、交流を図るということで(まぁ、その先には宇宙人の飛来目的に応じて武力行使もやむなしの状況だが)、なんつーか、新鮮。

また、この地球外生命体=通称「ヘプタポッド」っつーのが、まどろっこしい!!

巨大なばかうけ…いや宇宙船の構造からいって、間違いなく人類よりも科学技術は進んでいるはずなのに、コミュニケーションの手段である言語?絵文字?サイン?は言ってしまえば「空中に浮かぶ墨字のサークル」であって、まったく意図が不明…笑。

だからこそ、言語学者ルイーズの手腕が発揮されるというものなんだけど、それこそもっと良い方法なかったんか!と思わずにはいられない。

まぁ、そうなると話は始まらないわけなんだけど笑。

けど、そのまったく意味不明な文字を一つ一つ解き明かす描写は謎解き的な爽快感と丁寧に描きこむことで「へぇー、未知の言語を解き明かす工程ってこうやってるんだー」と感心してしまった。

しかも、その未知の言語を使って、最終的にはちゃんとコミュニケーションを図って、意味まで理解してしまうんだから、なんつーか感動的だった!!

ありえないことをやってのけたっていう達成感と普通なら相入れないものとの意思疎通ということへの喜びというか、あー上手く表現できない!!

また、あくまでもそこに重点を置く作品なだけに主人公のルイーズ然りイアン然り、人間側が理性的なキャラだったことも大きいと思う。あんま人間側がくよくよしてるとダレるもんなぁ。

けど、その中で挟み込まれる「過去」の回想シーン。

後半明らかにされる「ある仕組み」がわかる時、ハッとしてしまった。

なるほど…。そういうことか。

思い込みってのはすごいもんで完全に「過去」の話だと思っていた回想パートがまさか「未来」の話だったとは。

だからこそ、全てをわかった上で現在を生きようと決意するルイーズが堪らなく悲しい。

いくらでも湿っぽくできそうな終盤のルイーズのシーンも、あくまでも作品全体のトーンを変えず、静かに讃えるようにルイーズ自身の「先に待ち受ける未来」への「覚悟」を描いていたことに対しても感服。

「未来のことが何でもわかっちゃえばなぁ」と妄想したことは誰しもがあると思うんだけど、確かに恩恵は計り知れないほどあるかもしれないけど、同時に悲しいことや辛いこともわかっちゃうんだよなぁ。

俺だったら目を背けたくなる。

それでもルイーズはそこで感じた気持ちを大事に一瞬一瞬を大切に生きることを決意する。

ヘプタポッドがもたらしたのは「未来を見通す力」。

けど、辛い現実も悲しい過去も全て肯定し、前を向いて生きようとするルイーズの生き方そのものが本当の意味での「武器」なのかもしれない。
とーこ

とーこの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます


この子は誰?

終盤近くの主人公のたった一言で今までの全ての認識が覆り、「あ〜なるほど、そういうことか…!」と断片的な情報がひとつにまとまっていく爽快感がすごかった。
ただ個人的にはちょっと退屈なシーンが多すぎて総合的には苦痛な映画だったかもしれない。宇宙人(?)との接触の場面のワクワク感は良かった。
まゆか

まゆかの感想・評価

3.5
宇宙人との交信。
もう一回見ないとわかんない
>|