メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

梅村

梅村の感想・評価

4.1
あまり好きじゃない作風だけど面白かった。
映画館で見られてよかった!
映画を見る時つい「この登場人物が自分だったら..」と考えてしまうんだけど、今回「そのウエポンはいらない..」と思ってしまったので残念だった。

凡人は理解できる範疇を超えたときに、経験を駆使したりしながらなんとかしようとしていて、それが今回の場合は暴力で残念だったけど、そうしてしまう気持ちは分かる気がする。
その点、ルイーズたちの理解を重ねようとする姿勢、頭の良さと考え方、素晴らしいなと思った。ほんとにインテリはありがたい。
ルイーズの表情がずっと陰鬱なのが気になっていたんだけど、最後「なるほど..」ってなった。やはり、インテリって陰鬱だよな..いろいろ理解しすぎ..
憧れる気持ちと、ほんの少し気の毒な気持ち..

いつかではない、今を生きる っていう有名な台詞を思い出した。
よっ

よっの感想・評価

4.1
こういうメッセージ性の強い話、ほんとうに感心してしまう...
たまに オイオイ となる下りもあったけど、そんなことよりテーマが良すぎる。
空飛ぶバカウケ〜〜
のぶ

のぶの感想・評価

4.0
劇場で観たかった
映画としての完成度はもちろんだが言語の面白さ奥深さにも注目できる
派手なシーンはないものの徐々に解き明かされる謎と言葉に退屈することなく観れた
ちょっとストーリーに勢いがなくて少し退屈だったかも。ラストもよくあるどんでん返しで。まあまあ。
delsol7

delsol7の感想・評価

3.5
ぐっとくる。
選択と、選択のあとをどういきるか。
昨年、絶対に劇場で観ようと思っていながら意外と早く終了してしまい観られなかった期待作です。

ネタバレになるので全く結末には触れませんが、あっと言わせるラストには賛否両論の意見が別れる作品と言えます。あの未確認飛行物体が日本のおせんべい「ばかうけ」のデザインから来ていると話題になりました。

個人的には「ばかうけ」のように後を引く面白さがあったので、きっと今後また観ることになるとは思います。
もなみ

もなみの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

宇宙人がイカみたいで、触手から墨を吐いて 視力表みたいな字を書いて コンタクトを取っていた。

主人公は 未来を知りつつ、それでも 最善と思える事をしたんだろうな。

だって誰しも 生まれ落ちた瞬間から 死に向かっていることは確かなのだもの。

宇宙人も、その理論でいえば、片割れが死に至ることも 爆発が起きることも 知っていたと思われる。

死ぬとわかっていても なお、崇高なミッションのために、あの宇宙船に乗って来たわけで。

ちなみに、カンガルーに関する都市伝説について ググってみたら、カンガルーはアボリジニの言葉で、「飛びはねる者」という意味らしい。
NaoyaMori

NaoyaMoriの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

異次元の言語を学ぶことで到達する領域。ヘレンケラーが水とwaterが一致した時の話を思い出した
ぽん

ぽんの感想・評価

4.5
テッド・チャンの短編「あなたの人生の物語」を原作とするSF映画、正直SFなんだけどかなり主人公のルイーズのドラマが中心に描かれていく。
以前に原作も一読していたので、この構成の小説が映像化するとどうなるのか非常に気になっていた。

ある日宇宙から突然ばかうけじみたフォルムの宇宙船が世界中に降りてきて人類と地球を賭けた全面戦争に突入する...なんてことはなく、割ととコンパクトな舞台でストーリーは進行する。

映画を見終わって最初に抱いた感想は「美しい映画だったな。」というもの。映像ももちろん綺麗だけど僕は音がとても気に入った。
劇中を通してへプタポッドと呼ばれる宇宙人とのコミュニケーションを試みるんだけど、原作では聞けなかったへプタポッドの声(へプタポッドA)が聞けたり音にもぜひ注意して見てもらいたい映画だと思う。

原作からの改変も結構あるのだけど、正直原作のほうが結構のほほんとした雰囲気なので映画版ぐらいの緊張感がある方がエンタメとしてはいいのかななんて思ったりもした。

最初はピースが散らばってるようなちょっと小難しいような感じもするんだけど、物語終盤にそのピースが一気にハマりだすと「あ、そういう事だったのか!」と気持ちよく結末を見れるんじゃないかな。スマートないい映画だった。
>|