メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価


言語学者のルイーズは湖畔に住み、大学での講義を行いながら、今はいない娘ハンナとの何気ない日常を思い返していた。そんなある日、地球各地に大きな宇宙船のような物体が現れる。世界各国が緊急の警戒体制へと入る中、彼らの言語を解明するよう要請されたルイーズとスタッフたちは、一路宇宙船のもとへとやってくる。不可解な音声とシンボルのようなマークを発する宇宙生物たちの言語を解読するルイーズ。そこには驚くべきメッセージが含まれていた。第89回アカデミー賞で作品賞を含む8部門にノミネートされ、音響編集賞を受賞したSFドラマ。監督は、「灼熱の魂」のドゥニ・ヴィルヌーヴ。原作は、テッド・チャンのネビュラ賞受賞作『あなたの人生の物語』。

難しい評価のタイプのSF劇。SFというと、今年の「パッセンジャー」の感想文でも、宇宙を舞台にしながらアクションではなく、宇宙に投影される人間の深層心理を描き出す作品もあるということを書きましたが、本作もそんなタイプの作品。ただし、「パッセンジャー」とは違って、地球に異星人が降り立つ「インディペンデンス・デイ」タイプの宇宙人。「インディペンデンス〜」では好戦的な宇宙人たちの来襲でしたが、本作での宇宙人は果たしてどうなのか? 彼らのメッセージに含まれていた「私たちは地球人に武器を与えにきた」ということの、”武器”とは何なのか?というのが1つの物語を解くキーポイントになってきます。

まぁ、こうした謎の部分を明かしてしまうと面白くない作品なので、そこには触れませんが、作品を見て感じたのは十数年前に観たソダーバーグの「ソラリス」に作品の味わいが似ているなと思いました(ということは自動的に「惑星ソラリス」にも似ているのかもしれませんが、、笑)。「ソラリス」は宇宙に漂う宇宙船の中での物語であったのですが、あの作品でも突き詰められていたのは人の心であったり、感情という部分から想起されるドラマだったりする。SFでありながら、(ネタバレかもしれないですが)人間ドラマになっているところに、異質なものの組み合わせから生じる何ともいえない味わいにホッコリする方もいられることだと思います。

ただ、SF的な(科学的な)視点で観てしまうと、なぜ宇宙人がわざわざやってきて、紛らわしい武器を人に与えるのかがどう考えても僕は謎でした。彼らも利己的に動いた結果ということは示されますが、こんな回りくどい方法を宇宙人が取らないといけないくらい、彼らの抱える危機は重要なのか? それが映画では示されないので、なぜ宇宙人はやってきたのだろう??という根本的な問いに戻ってしまう疑問があるのです。でも、シンプル・イズ・ベストな透明感漂う演出方法に関しては、僕は以外に嫌いじゃないので、また機会があれば見直すと違う感想が持てるのかもしれません。
Kano

Kanoの感想・評価

4.5
良くできたストーリーだと思った。

時間空けてまた見直したい。


SF感はあまり無い。

ストーリー良し
重厚な音効も良し

考えさせられる映画
sugar708

sugar708の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

人間の固定概念を覆してくれる作品の様な気がしました。
正に「時間という概念が違う」作品でした。

あの描き方をされると、多くの人はルイーズが何か辛い過去を抱えていているんだな、そう思ってしまうはず。

しかし、物語の最後にすべてが明かされたとき「そうきたか」と思わせてくれる作品でした。

彼らにとって我々はひどく滑稽で愚かな生物に見えるんだろうなと。
誰かの行為を変に深読みしてしまったり、誰かの好意を素直に受け止めることができ、憎しみあうことなく一緒に歩んでいける。
3000年後、我々は滅びることなくそんな豊かな生き物になれているんでしょうか。

彼らのメッセージは人間の在るべき姿を問われているような気がします。
ぱさお

ぱさおの感想・評価

4.5
映画館で観ればよかった、これは最高
セイゴ

セイゴの感想・評価

3.5
👽「オメーら、同じ星の国々で仲間割れしてんじゃねーよ!」「仲良くして一つにまとまれよ!」「3000年後の未来が変わるだろうが!」っと
👽達の訴えを、愛娘を無くした主人公の切ない記憶と共にシンクロしていく映画です!!

本作だけは、絶対にBlu-rayで鑑賞しようと決めていた!色々な困難を乗り越えて、(何回借りたか忘れた)
やっと見れた作品!
本作のような、静かに展開していく映画大好きです!(監督の腕による)
1歩間違えれば、駄作になっていただろう本作!
これを、絶妙に良作に仕上げた監督には、拍手喝采です!!
余談・・・インターステラーほど泣けなかった(汗)
ayaka

ayakaの感想・評価

3.7
SFあまり興味がないから、宇宙船とか宇宙人とか出ると心が離れ気味になるけど。それ以外の、ことばが通じないもの同士のやりとりとか、だんだん繋がってくる所々のシーンとか。そういうところが面白かった。
ばかうけネタで話題になっていた映画だが、中身は正統派SF。未知とどうコミュニケーションするかを考えていきながらストーリーが進行する。泣かせにくる要素もあって良かった。
kmmeta

kmmetaの感想・評価

4.0
北海道にも来たわりに全く日本出てこなかった...
Karen

Karenの感想・評価

3.4
ポップコーン食べるの気遣う映画の一つ。
ドゥニ・アルヌーヴ監督作品を初鑑賞。
みなさんの高評価も納得です。
おしゃれな雰囲気ありましたね。
あの文字のところおもしろかったです。

私はこういうすっきりした画面?情報量の少ない画面?を観ていると眠ってしまうので、大変苦労しながら観終わりました。何日かけたかとかちょっと言いたくありません。笑

「未知との遭遇」や「コンタクト」や「サイン」を観ていなければ、もっと引き込まれていたと思いました。
ファーストコンタクトものの伝統をしっかり受け継いだ正統派の作品でした。
>|