メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価


言語学者のルイーズは湖畔に住み、大学での講義を行いながら、今はいない娘ハンナとの何気ない日常を思い返していた。そんなある日、地球各地に大きな宇宙船のような物体が現れる。世界各国が緊急の警戒体制へと入る中、彼らの言語を解明するよう要請されたルイーズとスタッフたちは、一路宇宙船のもとへとやってくる。不可解な音声とシンボルのようなマークを発する宇宙生物たちの言語を解読するルイーズ。そこには驚くべきメッセージが含まれていた。第89回アカデミー賞で作品賞を含む8部門にノミネートされ、音響編集賞を受賞したSFドラマ。監督は、「灼熱の魂」のドゥニ・ヴィルヌーヴ。原作は、テッド・チャンのネビュラ賞受賞作『あなたの人生の物語』。

難しい評価のタイプのSF劇。SFというと、今年の「パッセンジャー」の感想文でも、宇宙を舞台にしながらアクションではなく、宇宙に投影される人間の深層心理を描き出す作品もあるということを書きましたが、本作もそんなタイプの作品。ただし、「パッセンジャー」とは違って、地球に異星人が降り立つ「インディペンデンス・デイ」タイプの宇宙人。「インディペンデンス〜」では好戦的な宇宙人たちの来襲でしたが、本作での宇宙人は果たしてどうなのか? 彼らのメッセージに含まれていた「私たちは地球人に武器を与えにきた」ということの、”武器”とは何なのか?というのが1つの物語を解くキーポイントになってきます。

まぁ、こうした謎の部分を明かしてしまうと面白くない作品なので、そこには触れませんが、作品を見て感じたのは十数年前に観たソダーバーグの「ソラリス」に作品の味わいが似ているなと思いました(ということは自動的に「惑星ソラリス」にも似ているのかもしれませんが、、笑)。「ソラリス」は宇宙に漂う宇宙船の中での物語であったのですが、あの作品でも突き詰められていたのは人の心であったり、感情という部分から想起されるドラマだったりする。SFでありながら、(ネタバレかもしれないですが)人間ドラマになっているところに、異質なものの組み合わせから生じる何ともいえない味わいにホッコリする方もいられることだと思います。

ただ、SF的な(科学的な)視点で観てしまうと、なぜ宇宙人がわざわざやってきて、紛らわしい武器を人に与えるのかがどう考えても僕は謎でした。彼らも利己的に動いた結果ということは示されますが、こんな回りくどい方法を宇宙人が取らないといけないくらい、彼らの抱える危機は重要なのか? それが映画では示されないので、なぜ宇宙人はやってきたのだろう??という根本的な問いに戻ってしまう疑問があるのです。でも、シンプル・イズ・ベストな透明感漂う演出方法に関しては、僕は以外に嫌いじゃないので、また機会があれば見直すと違う感想が持てるのかもしれません。
記録

かなり面白かった!洋画見てるーーって感覚!すごく好きです
最初の方テンポ速くて訳分からなくなるけどそれは主人公と同じ状況にして同じ気持ちを持つように作られていて、頼れる人はジェレミーレナーしかいないって自然に思う
だんだん関わっていくうちに主人公は主体的になって謎の生物とコミュニケーションを取りたいという意志が生まれてくる、何かを伝えたがっていてそれを読み取れるのは自分しかいないと確信する
いやーー音もなくどんでん返しされた感じ、衝撃がすごくて、
え、もしかしたらそういうことなのかも
そんなことある?
でもそうかも
えーほんとにそうなのね
あーーーーー
っていう道を見た人はみんな通ると思う
気づいたらのめり込んでて翻弄されている
でもなんて繊細で切ない運命なんだろう
そんなことってある?って思うんだけどそれでも見てよかったなっていう余韻が残るような、謎の生物を通して究極に人間を描いているような映画
悪かったな、表意文字は時間の概念が希薄で。
ってのは置いておくとしても、主語がなくても時制がなくても語順がバラバラでも表意文字と表音文字を組み合わせても話せる言語の一使用者から言わせてもらうと、あそこまでスムーズに意志疎通できたのは相当にものわかりの良いエイリアンのおかげなのでは。
MEGU

MEGUの感想・評価

3.6
新しい感じのSFだった
ちょっと話しが難しかった...
mina

minaの感想・評価

3.8
予想以上に面白かった!
観たことないタイプのSF!
リアルかどうかは別として、ストーリーがしっかりしていた!
yukino

yukinoの感想・評価

3.5
早稲田松竹で、ホラー見た後に見まして。脳みそが怖がりモードだったせいで、途中エイリアンのキモさと音にめげそうになったんですけど笑、観て良かったです。

っていうのも、コミュ障寄り人間の私にはぴったりのテーマ、コミュニケーションの話だったから。
どうやったら自分と違うコミュニケーションスタイルの相手とめ絡める? というわりと切実な問い(笑)へのアプローチに、3へぇ。自分からありのままの姿を見せること。共通項を作って対話すること。それでも尚相手のレスを自分の言語で理解しないこと(ここ大事だよねっ)。
言葉はツールであり武器なんだもんね。慎重に存分に使いなさいね!って。そう、自分に釘刺しとかなかんなって思った映画でした笑
あとは、「ばかうけ」すぎてバカウケでした笑
やな

やなの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

自分の未来を知りながら、受けとめるって、ためらわれる。栄光だけならいいけど、それ以上の孤独に襲われる時間が長すぎる。あの主人公がそれを含め、受け入れたことが不思議。あの状況下だと、ああ行動せざるを得ないのか。地球を救う英雄?それとも生贄?どんな気分だろう。あと、あの宇宙生物は地球に何を伝えたかったのか、わからなかった。

時系列がバラバラな映画、すき。
>|