メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

kagikkt

kagikktの感想・評価

3.7
SF映画はあまり得意ではないですが
評判がよさそうだったので観賞。

思っていたSF物と違って
イマイチ盛り上がりにかけたまま終了した印象。

ただ、物語は結構複雑で
自分レベルの頭だと、脳をフル回転して
見ないと、話に着いていけなくなりそうでした。
HONEY

HONEYの感想・評価

3.7
SFっぽくないSF。難しい知識が飛び交うゴリゴリのSFではなく、人の感情や悲壮が漂う、ヒューマンドラマでもあった。深くて切ない。全ての謎が解明されて点と点がつながった時にはなんとも言えない気持ちになった。ここでの評価が高いから、もっと衝撃的なストーリーを予想していただけにややマイナス。
dango

dangoの感想・評価

3.8
映像が綺麗だった
この作品作った人の想像力凄いな
言葉で表現しにくいけど不思議な映画だった。
montblanc

montblancの感想・評価

3.6
認識の話

あなたの人生の物語を読んで面白かったので見ました。
(Hiroshimaさんが絶賛していたので)

ばかうけのUFOや北海道など日本人ならチョット嬉しくなれる部分があったので好感が持てました。
映画の感想としては、内容を知っているのもあり少し退屈に感じました。
個人的には、光の話や逐次的認識様式や因果の話を出して人間の認識とヘプタポッドの認識の違いをはっきりさせたり、三世の書の話で未来を変えるかどうかを深掘りしてもらえると楽しめたと思いました。(小説自体が短編なので映画にするのであれば深掘りできるだけの時間はありそうな気もしました)

哲学的なメッセージもあり、認識を変えると世界が変わるということを映画の中の主人公だけではなく、視聴者に刻み込める物語だと思いました。
み

みの感想・評価

3.7
新しいタイプのSF。映像がとにかく美しいし、ストーリーの流れも心地いい。
2018/08/03【レンタル】
家族と一緒に鑑賞。
余韻がある静かなSF。好きな作品だった。また何度か観たい。
ユキ

ユキの感想・評価

4.4
普通のSF系だと思ってたら大違い
哲学的な映画
異星人にフォーカスを当てるのではなく

言語、記憶、時間
に焦点を当てた作品。

様々な学問体系を用いつつも古来からの哲学思想を持ち込んでる。


随所に東洋哲学の根幹にあるが見られ
作中の出てくるものも東洋哲学的なシンプルさ、美しさ


全体としてとても美しく重厚で哲学的。


哲学や学問に教養がないと理解しにしにくい作品かもしれない。


とにかくすごい!としか言えない作品。
作中の人たちの演技も見事にはまっていて音楽や映像の見せ方がたまらなくうまい
あきら

あきらの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

この作品めちゃくちゃ感想書きづらいんだけど、大っすきなんだよね。
たぶんこの映画が描いているものや語ろうとしてること、頭では半分も理解できてない気はするのだけれど、おれの感性が全力で震えている。

言語をというかコミュニケーションを0から構築するとか、考えたこともなかったよ。
そうか〜そうやって生き物はわかり合おうとするのか。
ただ「わかり合おうとする」ってのがそのものこちら側の幻想なのかもしれないけど、それでも夢は見たくなるかもしれない。
手探りでも地球外生命体とのコミュニケーションが進むのと、言語で理解し合えるはずの人同士か不全になってく対比は、ああなるほどと思わされる。このへんは後にブレラン2049にも引き継がれていく印象はあるかも。

宇宙船や宇宙人の概念の目新しさに比べて、宇宙人の造形はわりにベタなとこ行ったなって思ってしまったけど、それも含めて美しいと思った。

正直時間の概念とかそのあたりは掴みきれてないんだけど、行き着く未来がわかっていて、それでもその道を選ぶその情緒に、人の心ってどういうものかを考えさせられた。
これをただ「切ない」とするには簡単すぎてね。

自分ならどうするだろうね。

音楽も大好き。
宇宙人との交流を描く作品は好みが分かれるところと思いますが、自分は好む方面の作品なのでちょくちょく見ます。
出だしのモノローグを見せられ、エイミーアダムスの背景を知る事となるのですが、これが伏線だと途中で気づかされ自分の好感度アップでした。
ただ、運命は残酷なんですが、それでも受け入れて進んでいく彼女の姿勢に思わず涙してしまう自分でした。
あと、ジェレミーレナーがでてるなんて知らなくて、ちょっとテンションあがったのが自分のポイントアップでしたな、このレナーは宇宙人と戦わないのでちょっと新鮮ですよ。
新しい事への交流の取り組みは本当に自分についても考えされられるので、また時間をおいて見てみたくなる作品でした。
好きな人は見て損はないと思います。よかったらどうぞ!
わたしにはまだ早すぎた。
>|