メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

あ

あの感想・評価

3.2
言語学すげえ
この映画は作品内で幾度も円環のモチーフを反復していて
例えば死から始まり誕生で終わる物語構造だったり
あるいはヘプタポッドが描画する文字の形であったり
主人公がどうやって終盤の窮地を打開するのかであったり
そのいくつもの円環の集合で大きなテーマが描き出されてくる

より高次の存在が人間を次のステージへと引き上げる話っていうのは結構よくあって
こすられたテーマと言えばそうなんだけど
たとえこの先にどんな結末が待っているかがわかったとしても
それでも愛ゆえに運命の輪をなぞる決断をする
この選択が非常に人間的で美しいと思いました
この瞬間、運命に従うことが運命に立ち向かうことと同義っていうねじれが起こる
設定次第でこういう価値観の転倒が起こるところがSFの醍醐味だよね
テッド・チャンの素晴らしい原作小説をこれ以上なく完璧に映像化した大傑作
おきな

おきなの感想・評価

4.1
面白かった。宇宙船現代アートみたいだった。内面の追及が繋がっていく感じ面白い。
kmkngl

kmknglの感想・評価

3.0
ある日突然に地球外生命体が出現し、言語学者が軍に依頼されてその生命体とコミュニケーションしようとする話。

5次元の世界が展開されるSFらしさや、終始静かなトーンで展開するリリカルな演出は落ち着いて心地よく見れました。

でも、始まり方とオチのスケール感が違ってて、最後、何の話だっけ?ていうもやもやが残って。。エイミーアダムスびいきで星半分増し。
ハネ

ハネの感想・評価

3.0
途中からの展開に乗れなかったよ…
yukar

yukarの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

最後の主人公の選択「不幸せな未来が待っているとしても」は他の映画では見たことのないもので新鮮で良かった
言語によって性格が変わるというのも納得いくものだし
中国の将軍に電話するシーンも普通なら無理矢理であり得えないと思うところが、素晴らしい時系列のトリックがあるおかげで、それも自然な流れになっていた
派手な演出はないけど、それが話に重みを持たせていてプラスになってる

宇宙人の造形が普遍的なイメージのタコだったのと、3000年後なんとかかんとかってのはぶっ飛び過ぎてて残念かな
kubota

kubotaの感想・評価

3.5
世界の終わり感がリアリティがあって面白かった。
ただ、あとは暗すぎて、オチもあんまりでした。
トト

トトの感想・評価

3.8
おおー
>|