メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

発想がおもしろい。しかし,思考がついていけない。主人公はどうやって未来を理解しているのか,イマイチ理屈がわからなかった。この言語をマスターすると,予知能力やタイムスリップ能力が身につくということか?言いたいことはわかるが,その感覚は持てないので,あくまで想像の世界である。これがわかれば,宇宙の存在意義もわかるでしょう。
「ブレードランナー2049」の監督でした。(鑑賞後気づきました。)
踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.8
渋い映画だ、と唸らされてしまった。原作は不勉強にして未読なのだけれど、骨太な「メッセージ」が最後の最後に熱く伝わって来る渾身の一本だと思わされたのだ。この映画はちっとも難解ではない。あらゆる瞬間を大事に生きること、その大事さをこそ伝えようとしている……例えば私なら私には必ず「死」が訪れる。だが、「死」が訪れるのであれば人生は無駄/無意味なものなのか。この子どもっぽいニヒリズム/シニシズムを『メッセージ』は一蹴する。その時その時に出来るだけのことを精一杯やることの重要さをこちらに伝えるのだ。だから悪く言ってしまえばかなり説教臭く押しつけがましい映画でもある。しかし、不思議とクサくなくその「メッセージ」をこちらに伝えることに成功しているその秘訣はなにかというと、結局はどぎつい色に頼ることのない水墨画にも似た映像の美しさ、そして俳優陣の手堅い演技故だろう。横綱相撲を観終えたかのような余韻を堪能した。
とても好きなタイプのSFだった。「コンタクト」や「インセプション」を思い出した。

時は流れるものではない。インセプションでも同じような事が示されていたので、理論的にはそういうものがあるとされているのかな。宇宙のどこかにあるのかな。胸熱…

きちんと最後、伏線が回収されてすっきり終われます。切ないけど。
Lund

Lundの感想・評価

3.0
なんだろう。よく分からない。

凄く練り込まれた作品なのは分かるけどハマらなかった。なんというかモヤモヤ。単調すぎて眠くなった…。メッセージ性はかなり強かったです。
みなさん高評価なので自分がちょっと異常なのかな🤔
難しかった。途中眠気もきましたが。今後の主人公の人生を考えると、切ないなぁ。
Tatsunori

Tatsunoriの感想・評価

4.7
予備知識なしで観たこともあり、
良い意味で想像で全く違う映画だった。
終盤の畳み掛ける雰囲気に鳥肌。
いろんな意味で印象に残った。
言語学の先生が宇宙人とお話する物語。

ちょっと何言ってるか分からない。


主人公たちの話してる内容は無茶苦茶難しいわけではなく、聞いていればなるほどと思えるし、理解したつもりにはなれるけど、自分の解釈があってるのか分からない感じになる映画。


「ドニー・ダーコ」を思い出した。
mya

myaの感想・評価

4.5
凄いインパクト。不思議な感覚に包まれるまた見直したい作品
ハルト

ハルトの感想・評価

3.9
とても難しい映画ですが、ラストで全てが繋がる感じが良かったです。
tttt0105

tttt0105の感想・評価

4.0
その時に感じた気持ちをもっと大切にするかもしれない。
>|