メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

akrutm

akrutmの感想・評価

3.0
言語学者が主役のエイリアン映画と聞いたときに、どのようにしてエイリアンとコミュニケーションを取っていくかに焦点を当てた話だと勝手に思い込んだこともあって、非常に不満が残った。内容も陳腐であり、不自然な箇所も多い。そもそも、目的を持って地球を訪れたエイリアンが積極的に人類とコンタクトを取ろうとせずに、人類が彼らの言語を解読するのを待っているという設定が不自然極まりない。最初にルイーズが音声言語によるコミュニケーションを諦めた時に、 表音文字(英語)を用いたのにもびっくりした。人間とは異なる時間概念を持つ彼らの言語を理解するにつれて、ルイーズもその時間感覚を持つようになり未来が予知できるようになるという論理をサピア・ウォーフ仮説から導くのもかなり無理があるだろう。タコのような姿のエイリアンも非常にステレオタイプ的であり、興ざめである。結局、カール・セーガンの 「コンタクト」には遠く及ばない。
Ktc

Ktcの感想・評価

3.2
理解が追いつかず、何回か戻って観ました。
また、進展がスローで中盤まではちょっと退屈しました。
それでも哲学的で良かったし考えさせられた。
けど、やっぱり作りとしては個人的にはイマイチ、時間が長く感じられた。
それで集中力が保てなかったのかも。。
mizutama

mizutamaの感想・評価

3.5
内容が難しいのかな〜、伏線張りすぎなのかな〜。よくわからないまま話しが進んだような…。
なー

なーの感想・評価

3.6
少し分かりずらかった
アミ

アミの感想・評価

3.8
言葉には表せない気持ちになってる
奥深過ぎ、まだ観るの早かった
黒コゲの「ばかうけ」みたいな形の宇宙船に乗ってやって来た、巨大なタコが描く墨絵のような文字を解読する話。
なんて書くとコメディみたいにみえますが、とってもマジメで哲学的で、そして芸術的な作品。

宇宙人が来たぞー、ギャー、やっつけろー、地球のためにオレが行くー、みたいな派手なSFアクションではなく、かなり地味で静かな展開ですが、私はこういうSF映画もけっこう好きです。
音響効果も、未知との遭遇感が出ていてすごくいい!

宇宙人たちのメッセージの真意が伝わった時、軽い衝撃とじわじわとした感動が広がりました。

言語を学ぶと思考も変わる、というセリフが印象的で、共通言語の重要性をひしひしと感じました。


【ここから少々ネタバレあり】



「非ゼロ和ゲーム」という言葉、初めて知りましたが、この概念とても良いですね。

SFを通して描いているのは、主人公の言語学者の人生。
未来がわかっていたとしても、その人生を選び、「今」を大切にする。

時制の概念に縛られないって、すごくうらやましい。人類は、過去にとらわれ、未来を不安視し、今をないがしろにしがち。

この映画を観て、ちょっとだけ考え方が変わり、心が解放された感じ。

クライマックスの中国語、字幕入れてほしかったなぁと思いましたが、調べてみたら、あえて監督は字幕を入れなかったそうで、なるほど!と納得しました。そこにも言語というものに対する「メッセージ」が込められているんですね。その美学、素敵です。
中国語の訳は「戦争に勝者はいない、ただ未亡人が残されるだけだ」という意味だそうです。

ものすごくまわりくどい表現の多い映画ですが、観終わった後は新しい扉が一つ開いたような感覚です。
YuAriyoshi

YuAriyoshiの感想・評価

3.6
そういうことだったんだ。
エイリアンの武器。
3,000年後が気になる。
Sae

Saeの感想・評価

-
The Sapir whorf hypothesis
文化人類学的な視点から見てみた

時の流れは一直線っていう考え方もひとつの文化に過ぎないのかもなぁ
ずっと緊迫した映画でした。
理解するとこから始めようって教えてくれた気がします。

もう一回観て考えたくなる映画でした。
>|