メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「メッセージ」に投稿された感想・評価

忘れていたよ
武器を持っていること


教えてくれたの
何故それを使わないの?って



時は流れるものではなかったのね

ー時は知るものー

では

知ったとき…

どう対峙する?



教示がいっぱいね


相手に何を差し出すか?
自分は何を持つのか?


【対戦型のゲームを教えたら

 会話の基盤は“対立・勝利・敗北”】
 

【“ハンマーしか持っていなければ…”

 “全てクギに見える”】

 
個人、そして、国家

対話の糸口は必ずある

短絡的な思考に陥ってはいけない


宇宙の救世主は私たち



すべてを知ったとき

それでも!ー



それだからこそ!ー


~あとは観てのお楽しみ!~
かも

かもの感想・評価

4.6
すきだった人と離れてしまったり、もう二度とつくりだせない幸せだった時間をもつと、そのしあわせの分だけいつかせつない思いでに変わってしまうのに、人はどうしてそれでもいとしい瞬間をすごしてしまうんだろう。
つらくなるから、しあわせになりたくない。そう思う日にメッセージがみたい
〝ニコールキッドマンのバックで大きな米粒🌾がふわふわ 未知のエイリアンが地球侵略系映画( ・᷄ὢ・᷅ )??〟

↑恥ずかしい_| ̄|○︎、;.・ オェェェェェ

乙!こんな自分をぶん殴ってやりたい

※ニコールキッドマンではなくエイミーアダムスです。

実際思ってた以上に深ぁい映画でした。


まさしく〝メッセージ〟まさに!!(。•ˇ‸ˇ•。)!!



世界が英語で統一されてたらよかったのにって思ったりすることもあれば、いろんな言語があるからこそ良いのか・・・と思う事もある。

コミュニケーションとは・・・

言葉とは・・・
ともや

ともやの感想・評価

3.7
前半と後半の緩急が激しい…
まこ

まこの感想・評価

-
日本でこんな映画見れない
あの子供が描いた絵が出てきた時、なんかゾッとした
終始、殻が柿ピーに見えた
私は好きな映画
YukiAsami

YukiAsamiの感想・評価

3.9
こりゃ賛否両論分かれるわ。
まず第1の感想がこれ。

宇宙人?らしき物体が《円》を駆使して人類と交流。
その映像たるや見事なもの。
あまりの美しさと神秘さに唖然。
でも見てると不思議な気持ちになる。
高揚、興奮、恐怖、不安。
そんな感情をまとめて欲張りバリューセット状態。
映像美を楽しむだけでも一見の価値はある。

こっから段々とコンタクトを取っていき、
平和とはなんぞや的なのを語るのかな。
はたまたどっちかが攻撃して宇宙戦争勃発すんのかな。

そんなこと思いながら観てたら後半全く違う路線に。
時系列を駆使した「人生とは」を映像で語る。
ここで恐らく約半数の方が「え、何が起こってんの?」となるんだろうなと。
そりゃそうですよね、だってこんな映画観たことないもん。

知的生命体を探れ
→言葉とは、文化とは、表現とは何かを描く。
→途端に時系列変わり人生とはを語る。
しかもこの映画の困った所は、
誰しもが分かりやすい進研ゼミ的に教えてはくれないこと。
多くの方が混乱してもそりゃ仕方ない。

ただ、この映画の真髄はそこではないかなと。
「よく分からんかった。。」
「めっちゃ分かりやすかった!」
そんな感想を全て鑑賞者に委ね、正解を提示しない。

「なぜならそれが未知との交流であり、
これから何が起きるか分からない人生だから。
見解が違って当然なんすよ。
だからあえてこの表現なんす」

そんな監督の余裕綽々な御声が聴こえてくるような映画。
試されてるなー。。
時間の捉え方が変わる。

人間の見方である3次元的な世界が全てでは無いってことがよくわかるので興味深い。
難しい。
哲学的な映画は苦手。
と、記録程度に。もう一回見た方がいいのかも
タコかイカかわからないがエイリアンの姿の発想が貧困。なんだこれ。全くお金も掛かってないのか、大した展開も無い。どうした?ヴィルヌーブ!
SFの設定で落ち着いたヒューマンストーリーを展開する。映画館では迫力のある映像を好むが、DVDで見るなら断然ストーリー重視。SFでこんなに穏やかな切なさがあるものも珍しい。ふつうに良作。
>|