メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

忘れていたよ
武器を持っていること


教えてくれたの
何故それを使わないの?って



時は流れるものではなかったのね

ー時は知るものー

では

知ったとき…

どう対峙する?



教示がいっぱいね


相手に何を差し出すか?
自分は何を持つのか?


【対戦型のゲームを教えたら

 会話の基盤は“対立・勝利・敗北”】
 

【“ハンマーしか持っていなければ…”

 “全てクギに見える”】

 
個人、そして、国家

対話の糸口は必ずある

短絡的な思考に陥ってはいけない


宇宙の救世主は私たち



すべてを知ったとき

それでも!ー



それだからこそ!ー


~あとは観てのお楽しみ!~
強引な所もあった気はしますがそれでも良い映画だと思いました。
sako

sakoの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

外国語を専門的に勉強する者の端くれとして、この映画は興味深くもあり、突っ込みたくなるところも多々あった。
以下、完璧に個人の感想です。

作中にあった、「人間は言語に沿った思考しかできない(うろ覚え)」というのは、私自身外国語を勉強するなかで日々痛感していたことなので、ちょっとぐっときた。
が、それで言語を解読したら、(あるいはその言語によって展開される思考回路を理解したら)、時の概念の捉え方までも変わってしまうというのは、まあ理にかなってなくもないきもするけど、それまでの割と現実的なストーリーからかなり飛んだな、という印象が強かった。

あと、ものすごく野暮な突っ込みなのは重々承知の上だが、ひとりの学者がその人生を1言語かそこらに費やしているのを日頃見ているので、全く未知の言語を数ヶ月で会話が成り立つ程度まで習得するのは果たして可能なのか…と思ってしまった。ファンタジーとして考えればいいのはわかるけど、雰囲気や設定がわりと現実味重視な感じだったのでもう少し気にして欲しかった気もする。

逆にリアルでおもしろいな、と思ったのはやたら中国とロシアを好戦的に描いていたところ笑
まあ逆に他にそういう扱いしていい国が思いつかったか、もはやそれが無難な選択なのかもしれないけど、ちょっと笑ってしまった。
dpb

dpbの感想・評価

3.7
地球外生命体と理解し合うなんて。
人と人ですら難しいのに。
まさしくそんなあなたに送るメッセージ。
あ

あの感想・評価

3.2
言語学すげえ
この映画は作品内で幾度も円環のモチーフを反復していて
例えば死から始まり誕生で終わる物語構造だったり
あるいはヘプタポッドが描画する文字の形であったり
主人公がどうやって終盤の窮地を打開するのかであったり
そのいくつもの円環の集合で大きなテーマが描き出されてくる

より高次の存在が人間を次のステージへと引き上げる話っていうのは結構よくあって
こすられたテーマと言えばそうなんだけど
たとえこの先にどんな結末が待っているかがわかったとしても
それでも愛ゆえに運命の輪をなぞる決断をする
この選択が非常に人間的で美しいと思いました
この瞬間、運命に従うことが運命に立ち向かうことと同義っていうねじれが起こる
設定次第でこういう価値観の転倒が起こるところがSFの醍醐味だよね
テッド・チャンの素晴らしい原作小説をこれ以上なく完璧に映像化した傑作
おきな

おきなの感想・評価

4.1
面白かった。宇宙船現代アートみたいだった。内面の追及が繋がっていく感じ面白い。
kmkngl

kmknglの感想・評価

3.0
ある日突然に地球外生命体が出現し、言語学者が軍に依頼されてその生命体とコミュニケーションしようとする話。

5次元の世界が展開されるSFらしさや、終始静かなトーンで展開するリリカルな演出は落ち着いて心地よく見れました。

でも、始まり方とオチのスケール感が違ってて、最後、何の話だっけ?ていうもやもやが残って。。エイミーアダムスびいきで星半分増し。
ハネ

ハネの感想・評価

3.0
途中からの展開に乗れなかったよ…
>|