メッセージの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「メッセージ」に投稿された感想・評価

最高です。
SFと文芸が合わさったテイスト。
evane

evaneの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

絶賛されてるけど、難しくて理解できんかった。
結局宇宙人は何しにきたん?
なんで主人公は不幸な未来とわかってて結婚すんの?
わからんことだらけや。
もやもやで眠くなった。
哲学系は苦手。
ShunAkaza

ShunAkazaの感想・評価

3.7
まさに未知との遭遇。
対話とはいったい何か。そんなことを
見ている人に皮肉っぽく教えてくれます。
相手を理解しようともせず攻撃的になるのではなく、五感を使って対話する。これが人間同士でも大切ってことだと思う。

"3000年後に危機がある。その時に君の持っている『武器』が重要になる。"

この宇宙人の一言が伝えたいことの全てかなと。

時の流れに囚われるな。言葉は武器だ。
jonajona

jonajonaの感想・評価

3.1
宇宙人襲来というスケールの大きな話を
展開しながら、落ち着くところはとても
ミニマムな物語の解決という…
この形は好きなのだけど、
なにやら本作はスッキリしなかった。
なんでだろう?

宇宙人襲来と言語解読の過程は
たのしかった!
にょこ

にょこの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

なんて感想を述べたらいいのかわからない作品。

ヴィルヌーブ監督の物はブレードランナーを観て、とても映像が綺麗で、象徴的な作画や静かな雰囲気が好みで気になっていたのでレンタル。

この作品に関しては期待が大きかった…

雰囲気やヘプタポッドの言語のサークルとか綺麗だし、柿の種の所に行く所も好き。
だけど。
面白い?って聞かれると、
いや…面白いとは違う。。
つまらない?って聞かれても
うーん…つまらないって事でもない。けど、人によってはとんでもなくつまらない。

冒頭の娘を失うシーンが過去回想ではなく未来を見ているのはミスリードなわけですね。こーいうトリックは嫌いじゃないです。
イアンが旦那さんってのは、読めちゃうけど。

多少無茶なとこある。。
言語を理解すれば時の流れが読め未来を見ることができる。
それって書籍化してたけど、言語を理解した人、全てが未来を見ちゃっていいの?
歩み寄ろうとしたルイーズにこそ、意義があったけど、現に他国は攻撃体制抜群でしたし。。良い未来を想像できない。

シャン上将との会話のくだり。
未来と過去の邂逅の矛盾があったけど、そこはどーいうことなんだろか。
未来で会うので番号教えてとでも言うのか?
けど、その世界線ではルイーズ知ってることになるけどーー
と細かいことが気になる割に、頭がよろしくない私には少し難しい作品でした。

極め付けがヘプタポッドですね。
タコだわー。。まごう事なきタコですわ。
墨吐くし。名前的にも。
こんな昔ながらの宇宙人像は白黒時代の映画でも見てるんだろうかと思いました。



ジェレミーレナーはまぁ、良いけど…
フォレストウィテカー、もう少し活躍させてあげれなかったのか。この2人が出てきてわりと期待してしまった分、なんとも勿体無い気になってしまう。

ただ、家族を失うかもしれない覚悟を持って、未来を受け入れたルイーズには幸せになって欲しい。できれば言語が武器というなら、その武器を使って未来が良く変わるといい。
この映画そんなにいいか??ってのが率直な感想。
とりあえずこの映画の感想を言葉にするのは難しい!

宇宙人の言語理解すると、未来が読めるようになるってのがよーわからんだ🧐
鑑賞記録
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作

最近増えてきた気がする「リアリティーあるSF映画」の中でもトップクラスに好きかもしれない

ストーリーはほぼ完璧
とにかく完璧度が高く、いわゆる「ツッコミ所」を自分は感じなかった
キャラクター作りも素晴らしい。演技が良いのは当たり前な感じで、キャラクター全員にリアリティーありつつも頼りがあり、好きというより尊敬できる感じ。
映像に派手さはほぼ無いけど、宇宙船やエイリアンはCGに感じる瞬間はほとんど無かった。
最後はちょっとウルっときた
自分がエイミー・アダムスならどうしていただろう‥‥

普段原題と邦題が違うのは本当に嫌いなんですが今作は「メッセージ」というタイトルの方が個人的にはしっくりきた

根本的なストーリーは分かりやすいと思うので誰にでもおすすめできる素晴らしい作品
ゆめの

ゆめのの感想・評価

3.3
後半にかけて面白くなるけど色々考えちゃうなー、