メッセージの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

ふうか

ふうかの感想・評価

4.0
こんなに面白いと思ったSFは初めてかも!
ただ宇宙人との交流描いたり侵略がある訳ではなく、
1つ1つ謎を解いていくような展開にもどかしくもわくわくする。静かに進むけれどつい見入ってしまう。
けれど見終わって、意味を理解しようとして気づく。1番最初に結末を言っていたんだ!と。

あのユニバーサル文字と同じように、
スタートとゴールが同じ、もしくはスタートもゴールもない輪っかみたいな映画。

名前忘れたけどあのエイリアンの時間の概念が我々とは違うと言っていたように、
新しい時間の使い方をしている映画でした。
鑑賞後、自分が主人公の立場だったら・・・と考えてしまう尾を引く面白さなのもポイント高いです。

ただ悔しいことに、あの電話のシーンでなんて言ったかは自力では分からなかったのが残念。

あと最後に1つ。ジェレミーめちゃくちゃかっこいい。
暗い!
どんよりとした空気、暗い画、さらにBGMもほとんどないので、観るのも辛いくらい暗い。
二度ほど途中で寝てしまった程だった。


しかし、ある瞬間から全てが逆になる。
そこからグッと引き込まれた。

2つの軸で流れる逆のストーリーはなんだろう?という疑問、それが明かされた時の心の揺さぶられ方は凄かった。

人生の始まりから終わりまで全てを知っていても受け入れる、変えることも出来るはずなのに。

ジェレミー・レナーの活躍を期待して観たら肩透かしを喰らう。
そこじゃないんだ、この映画。
mochi

mochiの感想・評価

4.5
かなり面白いけど途中で話が読めた
sa

saの感想・評価

4.0
記録
yoshi

yoshiの感想・評価

3.7
よかった
エイリアンとの異文化交流
しほ

しほの感想・評価

3.5
まあまあ。
原作も合わせて読んで、言語学者の解説(以下のポドキャスト)も聞き楽しめました。文字が和=輪であったり、12か所は12時間であったり、ヘプタポッド=7=一週間であったり、全体に時間を意識させるデザイン(設定)の細かさもにくい、というデザイナーなかたのコメントを聞いたり、None zero sum gameはヘプタポッドと人類にとってまさにそうなってるのかも、とか多くの気づきがありました。
言語学者が舌を巻くSF 〜「あなたの人生の物語」の感想から〜
https://goo.gl/EjNoVb
だんだんとピースがはまっていく感じがよかっです。