メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

かん

かんの感想・評価

3.8
祝300本目

たしかに、メッセージだと思う。
近年のSF作品の中でも、かなりのお気に入り。

物語は、突如地球の各地に現れた12隻の円盤、その中にいる宇宙人と対話し、彼らが何のために地球に来たのか、何を伝えたいのかを宇宙人とのコミュニケーションで探るSFドラマ。

「もし、宇宙からやって来たエイリアンが攻撃的でなく、何か対話を求めてきたら?人や国はどう対応する?」
学生時代にSF好きな友人と妄想した内容がそのまま映像化された、そんな興奮がありました。

圧倒的な映像美と腹にくる音響、シナリオは深く、エイリアンとの対話であるコミュニケーションは主人公達を通して自分達もその意味を探ってしまう、物語を追っていく楽しみがあります。
徐々に紐解かれていく物語の真相と、神秘的な対話の姿はラストまで魅力的で目が離せない。結末は感動的でした。

観て、聴いて、考えて楽しめる映画。
まだ未鑑賞の方には是非、エイリアン達が何を伝えようとしているのか探りながら楽しんで欲しい。
え

えの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

SFで未来を見る能力が過去に遡る能力より圧倒的に少ないのは、人間どうしたって一度見た未来とその後到達する未来が変わっちゃうから(なにもかもうまくいっちゃう)としたら興ざめだから思うんだけど、この作品は円環の文字をつかい(音で会話しないとか徹底している)「時勢の概念がない」宇宙人を登場させ、人間をそれに寄せることで乗り越えようとした。
少なくとも自分は未来を見る能力を使う映画ってあんまり見た記憶がなく、新鮮な気持ちで見た。飲み込むのに時間かかったけど。
バタフライエフェクトでも過去に遡ったときの人格が当時の自分なのか今の自分なのか、考察サイトでは一部シーン間違ってるなんて言われていたが、上海の将軍とはなすパーティのシーンはあの表情でよかったんか?
サピアウォーフの仮説は虐殺器官にもでてきた。
zzz

zzzの感想・評価

3.5
思ったより良かった。
ただのエイリアンモノではなく考えさせる部分があって個人的にはかなりヒットしました!
未知の生物の描写も不気味な感じがグッドです!!
ひめ

ひめの感想・評価

3.1
とても頭を使う映画だった。。

どうして人類を助けにきたの?
3000年後に助けがいる?
そもそもメッセージを共有することで人類が一つになるの?助けられたことになるの?
そもそもヘプタポットの言語を理解させにきたということ?未来をわかるようになる人類が出れば未来の危機を回避できるということ?
そもそもヘプタポットたちが来なければ対立、内乱が激化することはなかったのでは?とか。(笑)

言語を理解することで脳の使い方が変わるというのはすごく興味深いなぁと思った。
未来がわかるようになったらあたしなら選択を変えてしまうかも。

とても静かで不気味な映画だった。
でもヘプタポットかわいい。

人類が滅亡したあとはイカ?ダイオウイカ?が地球を支配する、っていう話をなにかのテレビで見て、それを思い出した(๑・̑◡・̑๑)関連があるのかなぁ…
いつものエイリアンものと異なり、静かに現実的に物語が展開されており好き。
将軍説得もなるほどの展開。
宇宙人が墨まで吐いてまさにタコ。
これぞSF
見応えあり。
2001年宇宙の旅を観たときの感動を思い出した。
Tomo

Tomoの感想・評価

4.4
もう一度みたい
>|