メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

かん

かんの感想・評価

3.8
祝300本目

たしかに、メッセージだと思う。
なるほど~こういう話だったのか...
映像がすごかったな。全く違和感なく本当に、彼らがそこにいるかのような。それでいて異様さ不気味さもしっかり感じられて。あと「ボーダーライン」の時もだけど、不協和音ぽい音に煽られてドキドキする~

未知の言語を介した彼らとのコミュニケーション過程と、彼らが「提供するもの」の正体、そして主人公の生き様(選択)が、お話のメインとなる一風変わったSF。
欲を言えば、その「提供するもの」が分かってから後の展開に、もう少し説明が欲しかったな、と思わなくもない。まあでも蛇足になるんかな...。
折しもパリ協定で足並み乱れる各国を見てると、人類がそれを使いこなせるとは到底思えず、新たな争いの火種か格差の原因になるんだろうな、と夢のないこと言ってすみません。

映画見たあとに、原作小説の日本語訳をザッと読んだんだけど、彼らの言語や思考方法、主人公たちのアプローチの仕方について、詳しく記述されていて面白かった。
それにしてもあの原作を、よくまあ映画的にあんだけ膨らませましたな。ストーリー的にも映像的にも。原作からの足し算引き算が、全部よい方向に向かっていった感じ!
映画は叙述トリックの一本背負いを決められたような気持ちよさがあるので、原作読む前に見た方が楽しめるかも。
(日本公開時のレビューです)
面白かった。

言語が思考を縛るという哲学的な考え方を物語に昇華されていて好印象。

映像的に見所は少ないが、回想?シーンなど演出も面白くよかった。

こうして感想を書いている今も、この感情は日本語という語学に縛られているのでは?と新しいものの見方を提示してくれる素晴らしい作品でした。
静かなSFで面白かった!
どうしようもない既視感に襲われているのですが、
これを見たことがあるのか、似た別の映画を見たのか思い出せない。

こんな感じの宇宙船、宇宙人、対話しようとする人間みたいな映画ってないですよね?
予告編見たことあるだけかな。。。
時間は、流れるわけではない!のか。深いー。
最大の武器は言葉だ。
言葉は時間をも超える。
言語は人間が作り出した最大のなんとかとかどこかできいたことがある。
SF映画なのだがヒューマン映画っぽい部分もあって、とてもよかったです。
言葉 時間
明月

明月の感想・評価

3.8
エイリアンが世界に同時に着陸して、言葉を使って交流を試みる。言語学と物理学の融合。
未来がわかっているとして、その選択をするか?という問いに、もっと相手に気持ちを伝える、という解がグッときた。
>|