メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

Aki

Akiの感想・評価

4.6
相変わらずドゥニ・ヴィルヌーヴに色彩や光の傑出したセンスは感じないが(というかここまで画面暗くする必要あるの?)、それでも中盤のエイミー・アダムスがUFOを前に野外を歩く画面は燻みながらも美しいと思ったし、原作者であるテッド・チャンへの敬意を感じながらも脚色と編集は上手いと思うし、緩やかなクロスカッティング(確かに撮影に何処と無くルベツキを連想する)と無音の演出も良いわで、これはブルーレイ買いたい気もする。傑作。

余談だけど、ヘプタポッドのモデルになってるのが、ヴォネガット作品では馴染みのトラファマドール星人というのが原作ファンには有名かと思うが、あれを視覚化するとこうなるのかーと変な感心もしてた。
面白かった。

言語が思考を縛るという哲学的な考え方を物語に昇華されていて好印象。

映像的に見所は少ないが、回想?シーンなど演出も面白くよかった。

こうして感想を書いている今も、この感情は日本語という語学に縛られているのでは?と新しいものの見方を提示してくれる素晴らしい作品でした。
静かなSFで面白かった!
どうしようもない既視感に襲われているのですが、
これを見たことがあるのか、似た別の映画を見たのか思い出せない。

こんな感じの宇宙船、宇宙人、対話しようとする人間みたいな映画ってないですよね?
予告編見たことあるだけかな。。。
時間は、流れるわけではない!のか。深いー。
最大の武器は言葉だ。
言葉は時間をも超える。
言語は人間が作り出した最大のなんとかとかどこかできいたことがある。
SF映画なのだがヒューマン映画っぽい部分もあって、とてもよかったです。
言葉 時間
明月

明月の感想・評価

3.8
エイリアンが世界に同時に着陸して、言葉を使って交流を試みる。言語学と物理学の融合。
未来がわかっているとして、その選択をするか?という問いに、もっと相手に気持ちを伝える、という解がグッときた。
Mi

Miの感想・評価

4.0
ドュニ監督ホンマ好き。ブレランの時もそうだったけど、原作がとんでも作品でも、あの独特の世界観が保ててしかも、それがバチっとハマってるのは監督として最高なんじゃないかと思う。

いろんなことを話したくなる映画で、いろんなことを話せる映画だと思った。
"逆から読んでも同じように読める名前"に込められた気持ちに切なさを感じる。
>|