メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「メッセージ」に投稿された感想・評価

【未知との遭遇!】
2回目の鑑賞。時系列が軽くシャッフルされてる映画だけど、2回目なのでスンナリとストレスなく観れた。

映像も物語も美しい。4K ULTRA HDなので、超綺麗。。。😌

ドゥニさんはSFも上手いのか。

SF一辺倒ではなくヒューマンドラマを違和感なく物語にはめ込んでるので、胸をうつ。それは原作の力かもしれないが、映画という2時間の流れの中で、SFとのバランスがいい。
ドゥニドラマ特有のヘビー級な内容じゃなくて安心。。


そして単純に、こういうSFが大好き。

映画史に残るほどのSFではないので、10年たったらこの映画は色あせてしまうのかと思うが、現時点では最高のSF映画だと信じている。

「インターステラー」は新時代の「2001年宇宙の旅」だが、
「メッセージ」は新時代の「未知との遭遇」か。
sari

sariの感想・評価

3.8
静か過ぎるのと、画面が少々暗くて、2回寝落ちして、仕切り直して観てしまいましたが、最後まで観て良かったです!
SF好きにはたまらんにゃ。。。
かなえ

かなえの感想・評価

4.4
「何のために私は生まれてきたのか?」の疑問に答えを見つける為に、自分へのその質問は「何の為に人間は生まれてくるのか?」「何の為に命は生まれ、生きているのか?」にどんどんその規模と形を広げて変わっていった。自分なりに行き着き、色々な言葉を付属しても核の部分を担うようになった答えは、「私達は大切ななにかに、大切ななにかを伝え、残す為に生き、生まれてきた」だった。言葉であれ、感情であれ、景観であれ、体温であれ、命ある何かにとっての“それら”を捉えて離さずに、何かは“それら”を預ける事が出来、互いにとって価値がある、自身達に刻み合ったその瞬間に、生きる意味や、人生の意味が与えられるものなら、全ての命にとって、それは生まれ、生き続ける理由だと思った。体温を、心を、身を、自分の全て以上で誰かに、何かを伝達すること。私達は言葉を持ち、言葉を使い、それらで意思を交換し合っていると感じているかもしれないけど、そこに含まれた、意味を、全部知ることは絶対に出来ない。あたしの目玉が誰かの目玉には絶対になれず、あたしの精神世界すらあたし1人では把握仕切れない感情と言葉の濁流でもってあって、他人のそれを同様に感じ取ることは不可能なように、どれだけ努力しようと限界があって、言葉を使わず心の奥底から分かち合うためには、理解と愛が要ると思った。
この映画を見る前に、「私は誰かと話している時に、どんな風に話せているのか」「伝えたいと思って言葉にした発言とそこに込めた感情は、私にとっては10のものだけど一体言葉にする過程でどれだけ削られて、どれくらいの割合で相手に向かっているのか」を考え、気になり、不安になって、友達との会話を内緒で録音した。単刀直入に言うなら、あたしの言葉が、言葉でしか無いことに呆然とした。感動した、って言葉も、それは言葉でしか無く、相手に感動の、その感覚を分かって貰うことは出来ない、当たり前の、その事実に、自分が必ず、今までずっと、直面し続け、自分だけが理解者の自分の感情達は、外に殆ど出ることなく、私の中にずっと、有り続けたままだったんだと分かって、次人と話す時から、どうしようか、途方に暮れそうになった。あたしの話す事は、全然大したことに聞こえなかったし、自分が相手にしているのが、今話している相手ではなくて、自分の中の言葉になってしまっているようにも聞こえて、怖かった。この映画の感想を聞かれた時に、あたしはここに書いた全てと、まだ書き切れない、あたしが堪らなくなって泣いたことや、泣く理由になった誰かとの忘がたい感情の交換や、もっと上の、もっと深い、言葉に出来ない感覚全てを伝えたいと願っても、それは叶わない。それでも懸命になりたいと思う。伝えたいと思い続けたい。自分が、考えることが出来、覚えていることが出来、何かを伝達し合う手段があると理解出来る命であって、生き物で、生きる意味を求め、理解する事を考え、自分の内側を、外の世界に残す行為を、尊いと感じられること、それ自体が、本当にかけがえないと思った。
MJ

MJの感想・評価

3.5
違うアプローチの未知との遭遇。
インパクトのあるUFOと意外とベタな宇宙人さん。
彼らの使う「文字」がストーリーのミソ。
UFOが現れた世界がどうなるかの描写が現実的。
なぜ12か国に分散して出現する必要があったのか謎のままだが最後まで飽きずに観れる映画。
(世界を1つにしようとしたのかな?)
アラボ

アラボの感想・評価

3.9
難しいようでわかりやすい
公開時の宣伝がイマイチだった気がするけど、間違いなくて思ってたより面白い結果になった。
TOHOシネマズ新宿
中間あたりから
あ、冒頭からやられたー(笑)ってなりました。これが概念。

ちょっと頭が混乱しかけましたが
インターステラーほどでは
ないですし、
注目すべきワードは「言語と時間の流れ」

ラストもなかなかの
かっこいい人生選択だと思いました。
>|