メッセージの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「メッセージ」に投稿された感想・評価

yamayama

yamayamaの感想・評価

4.3
ソシュールとかサピア=フォールとか久しぶりに聞いた。
よくこんな趣深いお話ができるなぁってただただ感動。
くじら

くじらの感想・評価

3.7
なかなか難しかった。

でもいつか異星人が侵略して来たら、
人類って必ず後手に回るんだろうな。
まだ存在する疑ってるんだから。
最後は想像の斜め上の展開でさらに良かった。
ルーキ

ルーキの感想・評価

4.2
時をかける少女ならぬ、時を跨ぐショー。
全然うまく言えてないけど。

俺はあの最後の選択で、何の躊躇いもなく「yes」と言えるだろうか。

おもしろかった。
miku

mikuの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

もし未来が分かってしまったら、相手に自分の気持ちをもっと伝える。なんて素敵な考えなんだろう。前半のSF要素全部吹っ飛んでしまった。

言葉は時として武器になる。相手を傷つける事もできるし、助けることもできる。
toru

toruの感想・評価

3.8
言語やコミュニケーションの根源みたいなものを見た。
劇中では地球外生命体と人間だったけど、大昔に初めて大陸を発見したり、外国に行ったりと、人間の歴史にも他言語との繋がりの始まりがあるわけで、すごい興味深かった
ゆち

ゆちの感想・評価

3.8
"言葉"の在り方と"運命"の捉え方を学んだ映画だった。
ハッピーエンドだったのか、バッドエンドだったのかは人それぞれの捉え方なのかもしれない
本当に「Hello」は「こんにちは」なのだろうか?
知らないけれど、僕はそう思っているし、そう教えられてきた。
でも、一番最初に「Hello」を「こんにちは」と訳した人は誰なのだろう?
なぜ、そうだとわかったんだろう?

《人に会うたびに、「Hello」と言っている。つまり、これは挨拶だ。
日本語で言う「こんにちは」と同じに違いない》

そんなデータの蓄積とフローによって、初めて出会った言語を訳していったのかもしれない。

新たな言語との出会いに注目した映画なんて、今まであっただろうか?
知らない言語をデータの収集から解読していく、そのプロセスを描いた作品。
その設定、発想だけでも、評価に値する作品だと思う。
突然現れた謎の生命体が、何を目的としてきたのか、ということを主題と考えてしまうと、
きっと展開にがっかりしてしまう人も多いかもしれないけれど、
主題は言語との出会いだと僕は思う。

そしてあの声を、記号を、何かしらの言葉であると考える人間の面白さ。
言語と出会った時、なぜ、人間は解読しようと思うのだろう。
疑問をたくさん投げかける素晴らしい作品だった。

ヴィルヌーヴの描く温度のない世界は、この作品にぴったりだ。
クライマックスに近づくにつれて、人間の体温みたいなものが生まれてくれる。
映像から温度感を出せるのはすごいなあ。