メッセージの作品情報・感想・評価・動画配信

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「メッセージ」に投稿された感想・評価

torakoa

torakoaの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

クオリティが高く、派手さのない静かな作品。良作だと思う。
強さというと腕っぷしや身体能力の高さ、気の強さやしたたかさが描かれることが多く、そういうイメージが強いが、こういう強さもあるんだという強い女性を描いている作品だと思う。まあ強さと捉えない人も多いだろうが、わかっていてもそれを選択し大切にしようとできるのは強いと私は思う。自分なら捨鉢になるか無気力になるかだろう。タイムリープものへのアンチテーゼのようにも感じた。

米菓ばかうけに似てると話題になってたのは知ってたので何となく観たのだが、無音を恐れない音楽の使い方で引き込まれた。音楽といってもほとんど旋律がないに等しい、同音を出し続けるだけに近いもの。拍を刻むこともほとんどない。風や川や滝などの自然の音みたいだなと思ったら波のように使ってきたとこで、あーこれは多分好みのセンスだと思った。自然音のようでもあり、モーター音などのようでもあり、ちょっと雅楽のようでもあり。音響と言ったほうが近いような音楽が、観客に余分な印象や感情をもたらすことなく気を散らさず作品世界に引き込んでいく。これは何か賞獲っていいんじゃないかな。と思ったら音響編集賞受賞してた。そっかー。まあそれもよかったとは思うけど。ほぼ旋律のないものに音楽賞はやりづらいか。

エイミー・アダムスは個の主張をしてこない演技で彼女個人の色がない感じで地味だが、それでも、またはそれゆえに印象に残る。こういう役者はもっと評価されてほしい。
SID

SIDの感想・評価

4.0
ヘプタポット(宇宙人)と コミニュケーションを深めつつ 会話をする言語学者のルイーズと物理学者のイアン


ヘプタポットとのやり取りの中 未来を予知夢する様になる

ラストの選択は 自分ならどうなんだろう
受け入れられるかな
言葉と思考…
想像と違う方向に進んで面白かった。
映画「メッセージ」
 この映画の感想を書こうと思うのに、その内容を詳しく思い出せない。これを観たのがかなり前のことであるから。
ただ、とても面白かったということだけは、はっきり覚えている。
記憶が曖昧なものの感想を書くということに疑問を感じるが、
そんなデュジャブ感覚で書いてみるのも、それはそれで面白そうではないか。
というよりも、この映画自体がそんな記憶に絡んだ話であったように思い出されてきた。
映画「メッセージ」からの、さらにその後のメッセージなのかもしれない。

 まず最初に思い出したのは、主人公の女性が、自分の未来を予知できるようになってしまったということ。
それに対して幸せとは何か?、不幸とは何か?という葛藤に追いつめられていったのではないかと思う。
最初に書いたデュジャブ感とは、このことだったのだろう。
この映画での未来予知とは、既に経験済みの事実ことが、それを忘れてしまっている私たちの頭の中に、フラッシュバックのように蘇ることだったと思う。
 主人公の女性が、なぜそんなことができるようになったのかというと、異星人(ポッドとか呼んでいたかな?)と、原始的な会話を試みるうちにそうなったのだと記憶している。
たしか彼女は言語学者であり、異星人の出現に対して、人類を代表して対話に取り組むことに任命された人の一人であった。
 エイリアンとの接触を題材にした映画はたくさんあるが、その多くは接触した後の人類の対応にストーリーの中心であり、この映画のように、接触方法そのものを目的とした映画は珍しく、コミュニケーションの本質に的を絞って描かれている。
だから、この異星人がどのような目的で地球に来たのか?
どんな文化を持っているのかという、他の映画にみられがちな発想は、この映画にはどうでもいいことになっている。

 では、この映画の言いたかったことは何だったのだろうか?
誰もが自然に、こんな問いを抱かずにはいられない映画だったと思う。
この映画の後味は、とても美しい物語だったと記憶している。
それがなぜだか解らない。
人類と異星人という広大なスケール観で始まるこの話も、ストーリーが進んでいくにつれて、人類から人間へ、そして個人へと遡行するように宇宙が縮小されていくのである。
そして最後は、人の中にある記憶という宇宙につながる遙かな道を見ていたのではないかと思わせる。
あなたなら、このメッセージをどう読み取るのでしょうか。
ワン

ワンの感想・評価

4.0
謎なままの部分が多すぎたけどSFってそんなもんか
たそ

たその感想・評価

4.6
深イイ〜(>_<)
きゅー

きゅーの感想・評価

4.0
これはSF映画だけど、SF的な意味ではなく「不思議」な気持ちになった映画だった。

終盤になってすごく感動して気持ちも晴れていって、どうして自分がこんな感情を持ったのか分からなかった。

あと音楽の力がすごい。美しい(語彙力)

普段だったら広告をみただけでは選ばない映画だったと思うので、薦めてくれた友人に感謝。
正直全てを理解出来た訳ではないけど、とても素敵な話だと思う。
エイミー・アダムス素晴らしい。
>|