メッセージの作品情報・感想・評価・動画配信

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「メッセージ」に投稿された感想・評価

はじめ

はじめの感想・評価

1.9

このレビューはネタバレを含みます

オチのほうのセリフが客には聞こえないってか分からないようになってるんだけどそれがすげー嫌だった
本が原作のSFはそれからやめました
「2001年宇宙の旅」を基準にして“SF傑作”か“偉大なるB級”と区分けされちゃうジャンル。
最初から後者割り切ってる作品は大抵楽しい。
それで当作品がどちらかと云うと賛否真っ二つらしい。

観客の知的好奇心の斜め上行き過ぎな時間軸/云わば相対性理論の世界は難解。
この辺の知識量が有ると無いとでは面白さ/満足度が全然違うんだろうけど、そこに哲学的な要素も入ってくるから、正直「圧倒された」というのが全て。

“ペプダポッド”のアシストが有ったとは云え“人知を超えた世界”に、英知を集結して挑んだ筈の人類だけれど、最後の最後で国家
の論理が顔を見せる。
ここの解決と伏線の回収の解釈が理解出来るか出来ないかが作品の賛否かな。
ayneeT

ayneeTの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

言語学的でも、イアンさんも言ってたけど科学的でもあるアプローチでコミュニケーションを図ってたのが面白かった!未来の夫さんに少なからず思考が影響されてたりもしてたのかな。
見終わってからマトリックスのこのセリフ思い出した。「There’s a difference between knowing the path and walking the path」

あとこういう時間軸がややこしい話見聞きするたびに、ドラえもんで培った基本的な時間概念あってよかった〜って毎回思う笑笑

別の言語を学ぶことで思考も認識も変わるってセリフが納得だった!中国の武将の物分かりの良さは笑った!!緊張感あっていい映画だった!知ってる未来だけじゃなくて現実を噛み締めて楽しんで思い出を作って欲しい!!
柚

柚の感想・評価

3.8
授業での課題だったため今でも見させられたという印象が強いけど
全然興味のないSF映画でありながらも見ながら退屈はしなかったし伏線の張り方がよくできてるなと感じた
hnmrn

hnmrnの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

『最後にして最初の人類』試写と合わせて観てみました。
テーマと世界観が共通。
過去は未来に影響し、未来が過去に影響することもある。

このレビューはネタバレを含みます

「言葉は人々を1つにする接着剤にもなり、戦いでの最初の武器にもなる」
言葉って諸刃の剣なんよな。
言語学者の解析方法とか面白かった。

突如地上に現れたタコ(ヘプタポッド)と交信する話。意外と哲学的で深い。SFバトルアクションを見たければトランスフォーマーを観たい🚔

因果で物事を捉える人間と、同時認識で物事を捉えるタコの相違が見どころ。見事にタコナライズされた主人公だけが最後、同時認識的思考ができるようになったけど、辛い未来が分かっていながらその選択をしていくことってなかなかできないよなと思った
norico

noricoの感想・評価

-
不安を煽る音が特に凄くて初めの方は緊張した 
決定している未来に対して自分がどう行動するか 時間に始まりと終わりがあるか
ダイキ

ダイキの感想・評価

4.0
ずーっと気になってた作品でようやく見れた。
ストーリーはどんどん引き込まれていった。
なんだか分からない相手が何を目的に来たのか。謎解きではないけど、未知なる相手を知っていく感じのこのSFが好きだなと思った。

何度も出てくる娘とのシーンがそういう意味をもたらしていたんだとか、このシーンはそういうことだったのかみたいな答え合わせのような魅せ方も面白さを感じた。

衝撃的で心にズドンと来る感じではないが、じっくり煮込んで美味いものができたみたいな感覚かな。(ちょっと何言ってるか分からない笑)
とにかくあんまり味わったことのないSFで新鮮味かつ興味を注がれた。
うめ

うめの感想・評価

4.3
新境地を開拓したと言える作品。
宇宙とか未来社会というと
とかく哲学的になる傾向があるけど、
そこまで極端でなく、
相手に通じることの苦労や大切さや
過去と未来のつながりを
優しくゆっくり描いている。

家族の物語でもあるし
未知との遭遇でもある。

他の映画では絶対に感じえない
心持ちになる。

好きとか嫌いとかではなく、
人とのつながりや祝祭が無くなった
コロナ禍のいま、
体験しておくべき世界。
ナナコ

ナナコの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

謎を科学じゃなくて、言語で解くというのが新しく感じた。その言語の説明がなくて少し無理矢理に感じたけど、日本語のタイトルも英語のタイトルもぴったりだと思った。
特に、ルイーズ1人がセプタポットと話してから話が急にわかり始めてシャン上将の電話番号!妻の言葉!ハンナ!ってすごいの連続だった。
>|