メッセージの作品情報・感想・評価・動画配信

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「メッセージ」に投稿された感想・評価

SFを観るときは地に足がつかない恐ろしさみたいなものにしばらくぶん殴られたようになって辛くなることも多いけど、この作品は宇宙とか時間という果てしないテーマからくるりとループして、結局は今あるこの瞬間に戻ってくる感覚があって、ありがたかった。

宇宙船の全体が映し出されるまで結構焦らされるんだけど、それがじわじわ緊張感を煽ってきて良かった。

どこにいてもなにをしてても感じてても、選択し続けなくてはならない運命なのだから、ちゃんと自分のために生きることを選択したいなと思った。
m

mの感想・評価

3.5
記録
シンプルSF

大昔、言語が通じへん人に対して
こうやってコミュニケーション取ってたんかな
って思った

とどのつまり「メッセージ」ってこと
てつお

てつおの感想・評価

4.0
イメージできねー
とも

ともの感想・評価

4.0
過去をフラッシュバックが完璧なミスリードになって、時間という概念を上手く操作した映画。

ゼメキス監督の「コンタクト」より、もっと言語的なアプローチで現実感があった。

hannahという名前が終わりであり始まり。始まりであり終わりの象徴。娘が亡くなることを知っていながらの決断は、たぶん今の気持ちを大切にすることだと思う。
dauny

daunyの感想・評価

4.0
人類の猿感がウケる。
「アレをこうするやろ。したらあいつらビビってなんやかんやでうまいことなるんや」
「そんなアレをアレするだけで?まっさかー」
「「マジだったー」」
みたいな一押しだった。
Kani

Kaniの感想・評価

4.0
未来を知ることの重さ、未来を知ることが必ずしもいいことばかりではない
その上で今後の人生を選択した主人公の決断は大変なものだったのでは、、、辛いことが起きることが分かっているから
相手にもっと自分の気持ちを伝えることで少しでも未来にいい変化が起こるといいと思った
宇宙人とのコミュニケーションを確立させていく過程が新しいなぞなぞを解いていくみたいなドキドキ感があった
全体的に静かで美しい映画だという印象
nrchi

nrchiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

量子力学の視点からの考察がバチ刺さってる

過去現在未来の前後関係という概念が無く、作用汎関数における作用が極地となるただ一つの経路q(t)の中の各プロットがそれらであるということをストーリーで描いたの偉すぎるし尊敬すぎる

仮にその各プロットを取りながら進む自身が、自身の経路の前後を知っていたとしても現在とその作用を結ぶ経路は無数にあるわけで、変動させることは可能で、経路が変動するということはこの場合の曲線は初期時刻tiと終端時刻tfが明確に決まっている訳ではないから、作用の各プロット自体が変動する可能性があるということで、言い換えると過去未来の人生を受け入れることと同時に「その時を自由に選択することで既に存在する過去未来(現実的には過去は変わらないけど)を自分で変えていく」ことができるんだぞ、我々は今大切なものを大切にし、それが自由ということなのだ!そして結果はどうしたってそれに調整された変わらない結果となるのだ!!という接続も震えた。うおお
micco

miccoの感想・評価

3.8
割と面白かったと思う
SFの宇宙人襲来!みたいな迫力にはかけるけど静かに知的で美しかった。
どうなるの??どうなの!?!?
って淡々と見続けてたらえぇ終わった!ってなった。
良くも悪くも捉え方次第な映画だけども個人的には結構好きな映画かも
清水

清水の感想・評価

4.0
公開当時劇場で見たと思う
>|