yumeayu

アントマン&ワスプのyumeayuのレビュー・感想・評価

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)
4.0
自白剤? そんなものはない!

4月に公開予定の「アヴェンジャーズ/エンドゲーム」に備えて鑑賞。
さすがマーベルということで、今作もエンタメ作品としてのクオリティはやっぱり高くて、とても面白かった!

いまや宇宙規模の展開となった「アヴェンジャーズ」に対し、どんどん小さな小さな世界へ展開していく「アントマン」。今作では遂に量子のサイズにまで小さくなってしまう。
それでも、幻想的で広がりのある量子世界はまるで宇宙のようでした。

ただ、前作にあった小さくなった側からの視点や、小さな者同士が戦うシーンが少ないのはちょっと不満でした。
普段見慣れた世界が小さな視点になることで全く違って見えるところが新鮮で面白かったのに、今作ではあまり描かれずに残念でした。
なので、どっちが好きかと言われると個人的には1作目のほうが好きかも。

だけどこれだけは言わせて!
マイケル・ペーニャ最高!!

彼が演じたルイスが敵に自白剤(ほんとは違う⁉︎)を打たれたあのくだり、すっごく笑った!
いやお前さ、スコットとの出会いから話す必要ないから、聞きたいのそこじゃないし(笑)
二人の部下とのやりとりも最高でしたね。

また今作ではアントマンだけではなく、車やビルまで小ちゃくなったり、大っきくなったりします。
伸縮自在な車やビルって「ドラゴンボール」のホイポイカプセルみたい。実際にあったらすごく便利だろうな。
でも、気になったのはスーツケースサイズにまで小さくなるラボ。小さくなったおかげで奪われたり、奪い返したり…。あんなに乱暴に扱われて、中はグチャグチャにならないのでしょうか…。

さて、今作で一番楽しみにしていたのは「アヴェンジャーズ/インフィニティ・ウォー」では描かれていなかったアントマンの動向。
いったいサノスの"指パッチン"の裏で何が起こっていたのか…。

今作のポストクレジットシーンや「アヴェンジャーズ/エンドゲーム」の予告を見る限り、実はアントマンって結構重要なキャラクターなのかも⁉︎
ジャネットが語っていた"時間の渦" とは⁇

あぁー気になる!4月まで待てなーい!!