アントマン&ワスプのネタバレレビュー・内容・結末

アントマン&ワスプ2018年製作の映画)

Ant-Man and the Wasp

上映日:2018年08月31日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

「アントマン&ワスプ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ピーナッツちゃん、愛おしいよね……スコット……守りたいよね……この世界……サノス倒しに行こ……
前作同様、サイズの大小を駆使したアクションは唯一無二で、見応えがある。

ただ、逆に言うとそれしかない。

人物関係やストーリーは分かりづらく、前作には大分見劣りする。

最後に、ホープ・ヴァン・ダイン、ジャネット・ヴァン・ダイン、ハンク・ピム博士が消えてしまったが、大丈夫なのだろうか…
作品とは全く関係ないけどアメコミ映画は劇場で鑑賞と自宅鑑賞で恐ろしいほど差が出るから今後はちゃんと映画館で観るぞ。

アントマンは大好きなんだけど多分そんなんが影響して乗り切れず。
キャプテンマーベル前に観ないと

スタン・リーは路上駐車してた車をちっちゃくされちゃって嘆くおじいちゃん
悲劇のアベンジャーズとは交わらない話。
「シビル・ウォー」の話には言及しているので、出来事としてはその後。

前作からキャストはほぼ同じ、
ストーリーもピム博士の妻、ホープの母を原子世界から救い出すというシンプルなお話。

エンドロール内1つ目のムービーでは、
原子世界からゴースト治療のために物質を持ち帰る実験をしており、
スコットが原子世界へ、
こちらでハンク、ジャネット、ホープがオペレーションしている。

そんな中例のサノスの指パッチンに伴い、
3人は消えてしまい、
スコットは原子世界に取り残されてしまう。
(エンドゲームの予告には登場しているので、どう物質世界へ帰還したのか不明。予想ではゴーストとビル博士が救済してのでは...?)

エンドロール2つ目のムービーは、
スコットの代わりに家で暮らしていた蟻がドラムを興じる様子。

そして「アントマンとワスプは帰ってくる?」のテロップが。

どのアベンジャーズ作品よりもアントマンはコミカルさが強く、観やすく、構成・テンポがよく出来ており、2回観ても面白かった!
モーフィアスを同情に頼って逃げ切るシーンが嫌い。
最後の指パッチンはホラーじゃない「キャー」が出た。
アベンジャーズ作品を全て見ていなくて、アントマンからの続きとしてみたから、初めちょいちょい話が飛んでよくわからなかった。ラボを奪いたい2組と、取り替えしたい自分たち。迫力があるアクション、面白かった!ただストーリーにちょいちょい穴があるというか、ゴーストなんで治ったの?!とか不思議だった。最後もまさかの戻ってこれなくなり、みんなが灰になった?!驚き!!!怖い!
モリッシー好きなところが好き
お母さん最強になってて笑った
>|