アントマン&ワスプの作品情報・感想・評価

アントマン&ワスプ2018年製作の映画)

Ant-Man and the Wasp

上映日:2018年08月31日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

「アントマン&ワスプ」に投稿された感想・評価

いで

いでの感想・評価

3.1
前作もあんまりノレなかったけど、今作は全くテンションがあがらなかった。

正直なところ一番の興味はインフィニティウォーとの時系列だった。アントマンやホークアイがあの時にどうしてたかは気になってから、一応最終的に辻褄は合わせてきたのはいいけどなんだかなぁ。ワカンダでの事はまだしもそれまての諸々は知らんはずないのにそんな感じなんや。それにエンドロール後の映像って全然意味ないよね?本編でも引っかかるところが多くて、ストーリーも小さくなったり大きくなった時の状況も雑すぎる。そんなのどうでもよくて面白い画を見せたいだけに見えた。それもあんまり新鮮味はなかったかな。

まあでも2人とゴーストとのアクションは面白かったし、あの女優さんも見れたので良かった。
キャプテンマーベルよりこっちの方が好きでした、戦闘シーンがおっきくなったり小さくなったりで視覚的に面白いです。
Kiki

Kikiの感想・評価

3.7
やっぱりmarvel作品にしては少し派手さに欠ける。そのくだりいる?っていうとこも多い。95分くらいでギュッとまとめてもよかったのでは。笑いのツボはまずまず。
アベンジャーズエンドゲームを見るために、つながり的に見たのだが、思ったよりもおもしろかった。ここ最近のマーベル作品の中で一番内容があった気がするし、なにより笑える箇所満載です。

このレビューはネタバレを含みます

マーベルシリーズの系譜として量子世界の可能性を示唆しながら(多分ここが重要)、1作目(よりもさらに以前)で命を落としたと思われていたホープの母の行方と、量子実験に携わった被害者の問題が絡み合う展開。
段取りに追われすぎている感じと、「父の隠していた遺恨と向き合う」ストーリーの組み立ても『ブラックパンサー』と重なってしまったり、やや予定調和な感じがしてしまい、終わってみると少し物足りなさもあった。

小さくなるだけでなく、今回は巨大化もふんだんに散りばめられたアクションも面白かったけれど、『シビルウォー』での巨大化のインパクトには勝らなかったかな…。
誰しもが一度は考えたことがあるであろう「小人になったら…」なんて妄想が落とし込まれていた、緊張と滑稽さが交互に訪れる前作の我が家の中の闘いの方が、個人的には楽しく観た。

スコットと娘キャシーとの関係、さらには前妻夫婦との関係の深まりを描いていたところは良かった。2年の歳月が彼の破天荒さを少し宥めたのかもしれない。

エンドロール後に、時間軸が判明する作り。さあいよいよアベンジャーズの物語に合流という感じで期待が高まる。
odd

oddの感想・評価

4.2
アントマン好きなタイプだったわ。

笑えるヒーローものいい!
小さい大きい小さすぎる大きすぎるて強弱ハマるなあ〜
ゆう

ゆうの感想・評価

3.7
エンドゲームを観る前にまずこっちを観るべきなのに自分何してんのってかんじ笑  
ホープがスティーブのことを「キャップ」呼びするのはここから繋がってたんですね。改めてエンドゲーム観返そ。
ビルを運んだり車が大きくなったり小さくなったりするカーアクションが楽しかった!敵がそんなに強くないけど笑えるところがたくさんあって、軽く観れてこれくらいがちょうどいいかも。
Minato

Minatoの感想・評価

3.4
軽く見るにはいい
ワスプがめっちゃ強い
30年ぶりに再会するホープのお母さんバッチリメイクでちょっと違和感😆

最後サノスの影響でアントマンが絶体絶命!って感じで続きがきになる
たま

たまの感想・評価

4.2
時系列めちゃくちゃで観てますが、アントマンやっぱり大好き!小さくなったり大きくなったりストーリーも分かりやすくて面白かった!!
RISA

RISAの感想・評価

3.9
ちょっと空けるとストーリー忘れちゃう
エンドゲームはよ見たい、、!
>|