tetsu3

リメンバー・ミーのtetsu3のレビュー・感想・評価

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)
4.5
やられた。

少年と音楽の話だと思ってた。

が。
父親と娘の話だった。

当時2歳の娘を置いて遠いところに単身赴任した自分を重ねてしまい、涙が止まらなかった。
8歳になった娘も隣でずっと泣いていた。

パパはずっと帰りたかったんだよ。。。


ピクサー作品に、もうこんなこと言うのも陳腐なのだが、とにかく映像が素晴らしい。
オレンジの花びらの橋、死者の国の造形、ママココの肌の質感、等々言い尽くせない。

そして、素晴らしい楽曲の数々。
陽気な曲から泣かせる曲まで。

死者の国の設定もまた分かりやすく、ユニーク。
出入国審査があるなんて!

自分という存在が、今此処に存在するためには、その血を受け継がせてもらった数多くの先祖がいて、その想い出を残すことは素晴らしいことなんだ。
エンドロールに次々と現れた無数の写真にその想いが込められている。

そして、想いと言えば、どんなに離れていたって、我が子を想う気持ち、親を想う気持ちはとても強く、消えることなんて無いということを改めて感じることができた。

やられた。

どう考えても、少年と音楽の話って思うでしょ。

が。
原題は「coco」だった。