TAKA

リメンバー・ミーのTAKAのレビュー・感想・評価

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)
4.2
2018-080-072-008
2018.5.11 TC日比谷 Scr.8

・美しい映像と音楽♪
・お盆。家族。
・切ないね。
・王道のストーリー( ̄▽ ̄)b!

映像が美しかったですねぇ~♪
♪( ´∀`)人(´∀` )♪
3Dにも映えそう(^_^)
IMAX3Dで観たかったなって思いました。
俺が3Dで観たかったかなって思うのは、実は珍しいです。f(^_^;

併映のアナ雪で感じた不安は、杞憂のままで終わりました(苦笑)
良かった(^_^)
フワッホー♪(* ̄∇ ̄)ノ♪(笑)

メキシコの死者の日ってこんな感じだったんだ?
なんか日本の「お盆」みたいでしたね(^_^)

故郷の長崎のお盆を思い出しました。
墓地にお花見に行ったり、花火やったりしますよね?
(やらない?f(^_^;)
本作の、ご先祖様と一緒に過ごすって感覚はとても自然に俺の中に入って来ました(^_^)

そして家族の絆って、こういうもんなんだなって、沁々としちゃいました。
・・・まぁ音楽を禁止したり、家族のためならって夢をあきらめかけたりするのはどうなのかな?って思っちゃうけど。

それでもやっぱりいいもんなんだな(^_^)

そんな沁々とした感動とともに、本作では飛び切りの切なさも描かれる。

忘れ去られること。
完全に。

切ないね。
もしかしたらこの世で1番辛いことの一つなのかもな。

やはり人は人に愛されたいと願う存在で
だからこそ
忘れ去られること、即ち愛を無くしてしまうことがこれほどまでに切ないのか。

なんつって♪(//∇//)

そんな切なさも描いている作品なのだけれど、雰囲気に暗さはない(^_^)
キャラや画面のデザインや色彩の設定のおかげかな( ̄▽ ̄)b!

そして王道のストーリー!( ̄▽ ̄)b!
フワッホー♪(* ̄∇ ̄)ノ♪
まぁ敢えて言うならば、物語の展開がやや一本調子でサプライズには欠ける面はあったかと思う。
だけどあまりストレスを感じることなく鑑賞出来た(^_^)
脚本や構成がいいんだな♪(* ̄∇ ̄)ノ

まぁそんなこんなで楽しくリラックスして鑑賞出来ました。(^_^)

リメンバー・ミー♪
忘れないで・・・♪
家族の絆と愛を(^_^)

追記。
・吹替版の歌が神!って話もお聞きしてて、迷ったんですが字幕版を鑑賞。
予告編であの歌声には多少食傷気味になってたんで(苦笑)
う~ん・・・歌だけなら吹替版の方が良かったかもなf(^_^;
吹替版や3Dで観たかったなってのは、俺としては結構レアな体験かな(笑)

(以下日記です。華麗にスルーしてください(笑))
・俺は多分家族の縁は薄い方なので、本作に憧れを感じちゃう部分もありましたね。正直いって(^_^)(笑)
家族のためならって価値観を最上位にして全ての物事を判断するってのは、正直多少違和感も感じるのだけれど。