Shiba

リメンバー・ミーのShibaのレビュー・感想・評価

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)
4.8
思い出してくれる家族がいる限り、魂は死なない。

メキシコのお盆のような伝統的なお祭り「死者の日」をテーマにした作品。
音楽を忌み嫌う一族に生まれた主人公ミゲルの密かな夢はミュージシャンになる事。ひょんなことからミゲルは死者の国に迷いこみ、そこで一族が音楽嫌いとなった元凶であるご先祖様と出会い、その真相を知る事になります。

死をテーマにした作品だから、どうせ御涙頂戴なんでしょ?と高を括って見ていましたが…まんまと泣かされました。流石トイストーリー3の監督作品なだけあって素晴らしい脚本に脱帽です。
ピクサーは本当に泣かせるのが上手すぎますね。

「死」という重いテーマをメキシコの明るくカラフルな世界観におとしこみ、ネガティブなイメージを払拭した作品でした。
亡くなった人達はどこに行くのだろう?と考えて不安になることがあっても、骸骨姿で陽気に暮らす死者たちを見れば前向きになれると思います。
この世界の住人は、遺影を祭壇に飾って子孫に自分の存在を顧みてもらえなくなると存在自体が消えてしまいます。つまり、この世界にも「二度目の死」があるということです。ここの設定が上手いなぁと思いました。
日本にも死者の日と同じようなお盆の文化があるので、受け入れやすい内容だと思います。

ピクサーはまさかまさかのどんでん返しが非常に上手いです。あいつが敵だったのか!実はそういう関係だったのか!と予想できない展開でグッと引き込まれました。

今作のキーとなる音楽も素晴らしいです。
私は唐突に歌い出すミュージカル系があまり得意ではありませんが、この作品には音楽が必要不可欠。リメンバーミーこそもっと音楽を前面に出すべき作品だと思います。そして、ミゲルの吹き替えの子の透き通った歌声がこの作品には欠かせません。
特に最後のシーンであの歌が流れたときは、号泣してしまいました…
公開からだいぶ経ったので、曲はなんとなく聴いたことがあったのですが、まさかそういう意味の曲だったのかと…
物語の前半と後半とでは歌詞の意味合いが180度変わるんです。

少し気になった点をあげるとすれば、
音楽が嫌いだからといって12歳の少年の夢を全力で奪おうとする家族についてです。
音楽を異様に嫌う理由が浅すぎるかな、という気もしました。特におばあちゃんがギターを叩き壊すシーンはそこまでやる?と少し引きました。

また、この作品は全ての人が共感できる話ではないということです。ずっと独り身で子孫を残せなかった人、両親に育てられなかった人、家族と絶縁状態の人がこの作品を観たとき、果たして楽しめるでしょうか?この世界の設定だと、家族に恵まれなかった人は死者の国でも不幸になってしまうのでは?

と、思ってしまう捻くれた自分もいますが概ね素晴らしい作品です!