SatoshiTamatsu

リメンバー・ミーのSatoshiTamatsuのネタバレレビュー・内容・結末

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)
4.3

このレビューはネタバレを含みます

亡くなった方が現世に戻れる死者の日に、音楽好きな少年が家族の真実と、家族の繋がりの大切さを学ぶ物語。

ディズニーで泣いたのは久しぶり、とてもハートフルで素敵なお話でした。
まず設定が幻想のようだけど何だかリアルで好きでした。例えば、亡くなった人の写真が現世で飾られてないと死者は現世に行けない、お供え物が死者の国に検閲を通して持ち帰られてる、現世の人間に忘れられると死者の国にいる人も生きられなくなる、等々。帰省やお盆って大事!!その辺からこの物語に心を掴まれました。

ストーリーの展開にも驚き!まさか、真の曾曾…祖父さんが彼だったの?って。
そして最後の、ココおばさんに、リメンバーミーを歌うシーンがとても印象深くて心に響いた。歌詞がそのシーンにばっちり合致してて、家族の繋がりの強さと大切さをしみじみ感じることができた。

考えすぎだと思うけど、学校や仕事で家族と疎遠になったとしても、家族は家族、忘れることはできないし忘れてはいけないんだと、改めて思い詰めさせられた。あと夢を追うミゲルの姿勢もとても素敵でした。

◾︎ 心に残ったセリフ
たとえ許せなくても彼を忘れちゃいけない。(ミゲル)