リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギター…

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことをキッカケに、夢のように美しく、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。生きている人間に驚いてしてしまうようなユーモラスなガイコツ達が暮らす国で1人混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのはガイコツになったご先祖たち─。果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか?すべての謎を解く鍵は、故デラクルスの美しい名曲バラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。イマジネーションの無限の可能性を 追求し、“おもちゃの世界”から“頭の中の世界”を描くことでアニメーションの特別な体験を贈ってきたピクサーが初めて描く、誰も見たことのない死者の世界とは?

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

ゆっけ

ゆっけの感想・評価

4.5
泣けるー。

ベタではあるので、展開が分かってはいても、これは泣いてまうやろー的な映画です。

『トイ・ストーリー3』の監督ということで、間違いない傑作です。
カラフルな“死者の国”を舞台にした大冒険。

音楽が大好きで、ギターの才能を持つ少年ミゲルは、ミュージシャンになるという夢を持っていたが、ミゲルの家族では、代々音楽に接することを禁止されています。

”音楽”が家族を不幸せにするということだけれども、ミゲルはある秘密を知ってから、家族の反対を押し切って、夢に向けて挑戦しようとするが、、、

家族か?夢か?

どちらを選ぶか、なんて単純なことではなく、もっともっと広い意味での”家族”の絆が生きる人にとって、大切なんだって自然と気づかせてくれます。

そう考えると、伝統とか家族のしきたりとかって、時代によって風化されない大事なものがつまっているものなんだなって考えさせられます。
(同時上映の『アナと雪の女王/家族の思い出』が「伝統」をテーマにしているので、上映後観たらまた違う印象をもつかも。)

とにかく、カラフルで明るい映画で、感動もできる素晴らしい映画でした。

エンドロール後の映し出される、ディズニー&ピクサーの先人たちの写真でまたぐっときました。

■ジャンル:家族,ファンタジー

-----------------------------------
・鑑賞理由:ピクサー作品
・音楽:★5「Remember Me」
・映像:★5 死者の国がカラフルでワクワクする
・要素:泣けた
・色:オレンジ
・好きなシーン:ラストのおばあちゃんとの…
・誰と:家族
・いつ(どんなとき):お盆,家族に感謝したいとき
・どういう気分になる?:温かくなる
みのり

みのりの感想・評価

4.6
知らない間に母がプライムビデオ会員になっていたので、家族4人で鑑賞。

人は生きていく中で変化し続ける。だから、家族との関係性も変化し続ける。

「死」が人生の終着点ではなくて、「変化」の一部分なのだとしたら、人は死んでも、自分を覚えててくれている人がいるなら、記憶の中で生き続ける。
変化していくことができる。

私の父親はギターを弾いて歌い生きている人なので、
十三の夜の街並みでギターケースを背負わせてもらったこと、
大雨の日にギターを教えてもらったこと
春休み・夏休み・冬休みには、
必ず映画を観に行ったこと。
そういう思い出が重なって
もう戻れない時間と、これから訪れる時間を想って、涙が出た。

原題"COCO"がまたグッときた。

大切な人と観なくてもいい。
大切な人が家族でなくてもいいし、肉親を恨んでる人がいてもいい。
家族とは心のつながり。

変わり続ける心を、愛おしく思える。
ドグ

ドグの感想・評価

4.2
"人はいつ死ぬと思う?"
"人に忘れ去られた時さ"
某有名海賊漫画の一コマを回想しました。

死後の国を中心に物語が進む為、途中まではなんだか不思議な世界観だなぁという印象が強かったけど、怒涛のラストスパートで気付いたら泣かされてました。

誰しも今は亡き自分の家族を想い出し、今いる家族をもっと大切にしようと想える。そんなメッセージ性を感じる作品。
これは良い、思ってたよりずっと良かったです。
死者の日を題材に家族愛が描かれるピクサー映画。
華やかな死者の国で先祖が楽しそうに過ごしているだけでも愛に満ち溢れてる絵なのに、遠い先祖と子孫が運命的に出会って、一緒に歌って失われたルーツと愛を取り戻すなんて泣いちゃう。
ミュージシャンになりたい少年と、代々音楽を禁じる家族との葛藤が、メキシコの死者の日をモチーフにした死後の世界を舞台に展開される。

「家族と仕事(または夢)、どっちが大切なの?」という問いは永遠の問いに挑んだ作品。

少年の夢は、いつの世でもどこの国でも、理不尽に潰されそうになる。そしてまた、理不尽に見える潰す側の言い分もまた一理ある。そんな葛藤を見事に描きながら、ディズニー・ピクサー流のバランス感覚で1つの解答を示してくれる。そんな作品。

序盤のうちは、ガイコツがいっぱい出てくるとか気持ち悪いと思いながら見ていたけど、後半で一気に展開が進んでのめり込んでいき、最後は涙が止まらなくなってしまった。

もっと家族を大切にしよう、そしてできれば死んでからもたくさんの人に覚えていてもらって語り継いでもらえるような生き方をしよう、と思える。
Daisuke

Daisukeの感想・評価

3.9
Disneyはハズレない
aki

akiの感想・評価

5.0
家族もんは良いな。
アニメでしか描けない描写ってあるよねえ
私も死後忘れられないようにしよっと♡
>|