リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

ゆっけ

ゆっけの感想・評価

4.5
泣けるー。

ベタではあるので、展開が分かってはいても、これは泣いてまうやろー的な映画です。

『トイ・ストーリー3』の監督ということで、間違いない傑作です。
カラフルな“死者の国”を舞台にした大冒険。

音楽が大好きで、ギターの才能を持つ少年ミゲルは、ミュージシャンになるという夢を持っていたが、ミゲルの家族では、代々音楽に接することを禁止されています。

”音楽”が家族を不幸せにするということだけれども、ミゲルはある秘密を知ってから、家族の反対を押し切って、夢に向けて挑戦しようとするが、、、

家族か?夢か?

どちらを選ぶか、なんて単純なことではなく、もっともっと広い意味での”家族”の絆が生きる人にとって、大切なんだって自然と気づかせてくれます。

そう考えると、伝統とか家族のしきたりとかって、時代によって風化されない大事なものがつまっているものなんだなって考えさせられます。
(同時上映の『アナと雪の女王/家族の思い出』が「伝統」をテーマにしているので、上映後観たらまた違う印象をもつかも。)

とにかく、カラフルで明るい映画で、感動もできる素晴らしい映画でした。

エンドロール後の映し出される、ディズニー&ピクサーの先人たちの写真でまたぐっときました。

■ジャンル:家族,ファンタジー

-----------------------------------
・鑑賞理由:ピクサー作品
・音楽:★5「Remember Me」
・映像:★5 死者の国がカラフルでワクワクする
・要素:泣けた
・色:オレンジ
・好きなシーン:ラストのおばあちゃんとの…
・誰と:家族
・いつ(どんなとき):お盆,家族に感謝したいとき
・どういう気分になる?:温かくなる
Shinnosuke

Shinnosukeの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

最近のディズニーってお話にどんでん系いれてくるよね
ズートピアとかインクレディブルファミリーとか

リメンバミーってそういう意味かってなる

最後ミゲルが精一杯歌うの凄い良い
ころぴ

ころぴの感想・評価

3.5
死者の霊を迎える
メキシコの「死者の日」
マリーゴールドの花束
花びらの道しるべ
亡くなった御先祖様の写真

カラフルな街
🍊オレンジ色のたくさんの花びら🧡
歩くたびに舞うマリーゴールドの橋
こんな死後の世界があったらいいな

とんな形であれ
亡くなった身内を想い
敬う気持ちが大切だということ✨
先祖も現世の家族を
見守ってくれていることが嬉しい✨

「二度目の死」は怖い…
忘れ去られるなんて辛い…
避けたいけれど
孤独な人達もいるってこと…
これも事実なのですよね…

ママ・ココ
たくさんのシワが
生前の人生を物語っており
亡くなった後もそのままの姿
みつあみーっ
ちっちゃいけど皆に手を引かれ
元気で歩いていた姿が
凄く可愛かった!✨
(ノ゚ー゚)ノ
若くして亡くなった人が多い?
物語上仕方ないか(笑)

魂のガイド『ペピータ』
すっごく綺麗(´ー`).。*・゚゚
操れるの凄い✴
他の動物も可愛いーっ
けど
抱っこされてただけ…?
犬のダンテも綺麗だったよ(笑)
魂のガイドは
全ての人に付いている訳では
なさそう…
ガイド?
こんなところに興味津々(笑)
灰炭

灰炭の感想・評価

3.0
めちゃめちゃに泣いてしまった……
よかった……
亡くなった時点の歳でいっちゃうのね
ストーリーは王道的
なんとなく展開は読めるので、意外性はあまりなかったですね

更に言えば、音楽にもっとバリエーションがあった方が良かったかなと
終始リメンバー・ミーに頼ってた感がありますね

しかし、死後の世界を描いたのは挑戦的
そして、💀ばかりでキャラクターとしては魅力にやや欠ける本作なのに、これほど観させる映画はなかなかないですね
忘れないって大事だね。
ひかる

ひかるの感想・評価

4.5
音楽がよい。ストーリーも楽しくて優しい明るい気持ちになれる。
かじお

かじおの感想・評価

4.8
これは〜劇場で見たカッタァァァ。
大傑作!!!!!
正直最初はまぁ暇だし見るかぁ程度でしたけど段々と見入ってしまって結局最後まで見ちゃいました。
>|