リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギター…

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことをキッカケに、夢のように美しく、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。生きている人間に驚いてしてしまうようなユーモラスなガイコツ達が暮らす国で1人混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのはガイコツになったご先祖たち─。果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか?すべての謎を解く鍵は、故デラクルスの美しい名曲バラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。イマジネーションの無限の可能性を 追求し、“おもちゃの世界”から“頭の中の世界”を描くことでアニメーションの特別な体験を贈ってきたピクサーが初めて描く、誰も見たことのない死者の世界とは?

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

【涙が滝行レベルに至る奇跡の曲】
カラフルで美しい死者の国、実際のメキシコの文化から掘り下げられるこの映画の世界観が圧巻。世代と生死の境を越え、音楽で心が通うラストはもはや涙の量が滝行レベル。

冒頭のダンテが初登場するあたりのシーンで、隠れキャラとしてウッディやニモが登場する笑。他にもピクサー隠れキャラ多数!詳しくはこちらをどうぞ(https://takmo01.com/post-1924-1924)
第90回アカデミー賞長編アニメーション賞、主題歌賞受賞作品。監督はアカデミー賞受賞作『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ。「リメンバー・ミー」の作詞・作曲は「レット・イット・ゴー ありのままで」のクリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペス。

ある日、ギターの天才少年ミゲルは古い家族写真をきっかけに、先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込む。そこは、夢のように美しいテーマパークのような世界。しかし、日の出までに元の世界に帰らないと、ミゲルの体は消え、永遠に家族と会えなくなってしまう…。

文句なし。こんな映画が見たかった!何よりも素晴らしいのは、この映画の概念。死者は全て“死者の国”に幸せに暮らしていて、現世の人間から完全に忘れ去られない限り本当の死は迎えない。家族の大切さはもちろん、先祖の代まで敬う事の尊さを穏やかに表現していると思う。メキシコに実際にある“死者の日”という文化に着眼して、その世界観を最大限広げたこの物語の視点が面白い。死者がその日だけ現世と交錯するというこの映画の表現も、死者の国がとてもカラフルで美しかったことも、アニメながらとても尊い描写だと思った。
◆以下少しネタバレあり◆
後半には完全に涙腺崩壊するシーンも。世代を超えて、生と死の境を越えて、曲を通じて心が通い合ったミゲルとココお婆ちゃんにはもう涙の滝行でした。自分の環境も重なり、意識の遠いお婆ちゃんが目覚めていく様子はもう…ダメでしたね。
何気に、死者の国でメイクをしたミゲルの、ふっくらしたガイコツ顔がめちゃくちゃ可愛いと思ったのは自分だけだろうか笑。大好きなデラクルスの映像を眺める表情、歌う時の表情、今までのピクサーもののどれよりも、登場人物、ことミゲルの表情が豊かだったと思う。
余談だけど、“魂を導く者”ダンテは、メキシコ原産のメキシカン・ヘアレスドッグ(ショロ犬)で、そんなショロ犬はメキシコで「家を邪悪な魂から守り、亡くなった人をあの世に導く」とされ、とても頭のよい犬種類としても知られているらしい。あの羽の生えた虎のような、最強にも見えた魂のガイドさんも、現世ではかわいい猫の姿でしたね笑。ラストでミゲル達を連れ帰る様が、猫バスにも見えたのは自分だけじゃないはず笑
心温まるって言葉がホントにしっくりくる、とてもいい映画でした!
Daayasu

Daayasuの感想・評価

3.8
一筋縄にはいかないストーリーでこちらの予想を見事に裏切られた

ご先祖様が帰ってくる今の時期にピッタリな映画。

それにしても「リメンバ〜ミ〜♪」の後は何度聞いても歌えない。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.7
ギターの天才少年ミゲル(声:アンソニー・ゴンサレス)はミュージシャンを夢見ていたが、ミゲルのひいお祖父さんのミュージシャンが音楽のためにひいお婆さんを置いて出てしまい帰って来なかった過去の悲しい出来事により、彼の家族には音楽禁止の厳しい掟があった。ギターを弾くどころか、家で音楽を聴くこともできないミゲルは、大好きな家族か、ミュージシャンになる夢を取るか、悩んでいた。そんなある日、ミゲルは、名曲『リメンバー・ミー』を遺した伝説の国民的ミュージシャンで、憧れの存在であるデラクルス(ベンジャミン・ブラット)の霊廟に飾られたギターを手にする。先祖が家族に会いに来るという“死者の日”に開催される音楽コンテストに出場する決意をしたミゲルがギターを奏でると、先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込んでしまう。そこは夢のように美しく、テーマパークのようにワクワクする世界で、祖母の祖母をはじめとする先祖たちのガイコツたちと出会う。だが、生者であるミゲルは、早く戻らないと本当の死者になることになってしまう。そんなミゲルに、正体不明のガイコツ・ヘクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)が手を差し伸べる。陽気だけど孤独なヘクターは、生きているミゲルにある願いを託すため、彼が無事に帰還できる方法を一緒に考える。しかし二人は、ミゲルの一族に隠された驚くべき秘密に気づく。なぜミゲルは、死者たちの世界に迷い込んでしまったのか? すべての謎は、デラクルスの美しいバラード『リメンバー・ミー』に隠されていた……。
ディズニー・ピクサーが、メキシコの「お盆」にあたる「死者の日」をモチーフにしたミュージカルミステリーアドベンチャーアニメ映画。
何故ミゲルの家が音楽禁止なのか?、ミゲルのひい祖母さんの旦那さんでミュージシャンのミゲルのひいお祖父さんはデラクルスなのか?、ヘクターとベラクルスの間にある秘密とは?ヘクターがミゲルに託した願いに隠された秘密とは?、それぞれの謎が徐々にリンクして、ミゲルの家族写真の秘密とミゲルの家族に掛けられた音楽の呪いの謎が明らかになるミステリー仕立てのストーリー。陽気なマリアッチの音楽の数々、カラフルな「死者の国」も楽しく、ヘクターとベラクルスが抱えた秘密の中にあるショービジネスの残酷さ、ヘクターの「大事な人に自分のことを忘れないで欲しい」という切ない願い、決して途切れない生者と死者の絆、クライマックスに奇跡を起こす音楽の力、お盆に見るにはもってこいのミュージカルミステリーアドベンチャーアニメ映画です。
matsu

matsuの感想・評価

3.8
おばあちゃんはずるいよねえ
抹茶

抹茶の感想・評価

4.0
映像がむちゃ綺麗で映画館でみればよかったと後悔。こういう話だったのね。

このレビューはネタバレを含みます


やっと観た!!
映画館でみのがして観るタイミングを失ったままだったので旅行帰りに車で真剣に観ました〜
甥たちがうるさくてちょいちょいきこえなかった部分もあるのでそれは後で観直すことにする。


内容の感想と致しましては、よかった。
前情報全くない情報で観たし何も考えないで観たので展開も驚いたりわくわくしたりしながら楽しめた。
後半は涙が出たし、また観たいと思った。


気になることは、
家族が大事ということがテーマなのはわかっている。

でも、家族のルールを押し付けて未来ある若者の夢を断ち切ろうとする姿勢についてはどうなの?
自分の理想を勝手に押し付けて、あなたのためだよなんてきれいごと言って。あなたのためだよ?だったら夢を断ち切ろうとするなよ。
わたしだったらどんなに家族が大事ですきでも、ミゲルみたいに夢より大事だなんて思えないと思う。

ルールなのはわかる。でも、話さえ聞こうとしなかったよね?
両親は後半でミゲルに少し寄り添う描写があったけど、その他は?
最年長のひいおばあちゃんがああなったからまあ水に流そうとでも思ったの?

家族だからって何してもいいわけじゃないよね。
子どもが道を間違えたとき正すのが大人の役目だよ。でも本当に間違えているのかとか見守りながら自由に冒険させてみるとかそういうことをしてくれるのが本当の家族じゃないの?

集団で寄ってたかってさ。むかつくわ。
和解したしおばあちゃんも最後にはわかってくれたんだろうしハッピーエンドだからいいけどさ…。
ミゲルにはちゃんと謝ってくれているといいんだけど。
家族の押し付けって本当に迷惑。



・吹替の感想

まずミゲルの歌声が美しい。
聴き惚れた。

つぎになんかこの声すきだな〜と思ったら藤木直人だったヘクター。
適当感も必死感も表現されていたように思う。
すきな声だなあ〜。

松雪泰子は言わずもがな。うますぎ。感情が声に出ていたし歌声も素晴らしい。

他は割愛するけどDisneyの吹替は裏切らないな〜
上手下手の差はあれどそれも味があるように聴こえるし、みんな雰囲気に合っているんだよね。
だから安心して観ることができる。

Disneyは吹替も字幕も両方観ることにしているので、つぎは字幕で観てみようと思う。
やま茶

やま茶の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ミュージシャンになりたい主人公が、家族に反対され、死者の世界へ迷い込む。ミュージシャンとして成功したひいひいじいちゃんを探す旅へ出る。そこでこの世界は、生きているものの記憶の中の世界だと知る。生きてるものが次の世代へ語り継がなければ死者は真に死ぬ。周囲に恵まれなかった主人公のひいひい爺ちゃんと主人公の家族愛が感動を導く。人の記憶の中で生きる。大切な人の記憶にどのように想いを残せるか、奥が深い。シンプルなストーリーの中に大切なコトが刻まれている。
honoka

honokaの感想・評価

3.5
やっと鑑賞

世代を超えて繋がる愛が素敵
祖先をいつまでも大切にしたいと思える
お盆の時期に見れて良かった
ymymym

ymymymの感想・評価

4.3
めっちゃ感動した!
泣いた!
家族ってややこしくて大切な存在なんだよなぁ…
めっちゃ分かるわ。
>|