リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギター…

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことをキッカケに、夢のように美しく、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。生きている人間に驚いてしてしまうようなユーモラスなガイコツ達が暮らす国で1人混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのはガイコツになったご先祖たち─。果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか?すべての謎を解く鍵は、故デラクルスの美しい名曲バラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。イマジネーションの無限の可能性を 追求し、“おもちゃの世界”から“頭の中の世界”を描くことでアニメーションの特別な体験を贈ってきたピクサーが初めて描く、誰も見たことのない死者の世界とは?

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

【涙が滝行レベルに至る奇跡の曲】
カラフルで美しい死者の国、実際のメキシコの文化から掘り下げられるこの映画の世界観が圧巻。世代と生死の境を越え、音楽で心が通うラストはもはや涙の量が滝行レベル。

冒頭のダンテが初登場するあたりのシーンで、隠れキャラとしてウッディやニモが登場する笑。他にもピクサー隠れキャラ多数!詳しくはこちらをどうぞ(https://takmo01.com/post-1924-1924)
第90回アカデミー賞長編アニメーション賞、主題歌賞受賞作品。監督はアカデミー賞受賞作『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ。「リメンバー・ミー」の作詞・作曲は「レット・イット・ゴー ありのままで」のクリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペス。

ある日、ギターの天才少年ミゲルは古い家族写真をきっかけに、先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込む。そこは、夢のように美しいテーマパークのような世界。しかし、日の出までに元の世界に帰らないと、ミゲルの体は消え、永遠に家族と会えなくなってしまう…。

文句なし。こんな映画が見たかった!何よりも素晴らしいのは、この映画の概念。死者は全て“死者の国”に幸せに暮らしていて、現世の人間から完全に忘れ去られない限り本当の死は迎えない。家族の大切さはもちろん、先祖の代まで敬う事の尊さを穏やかに表現していると思う。メキシコに実際にある“死者の日”という文化に着眼して、その世界観を最大限広げたこの物語の視点が面白い。死者がその日だけ現世と交錯するというこの映画の表現も、死者の国がとてもカラフルで美しかったことも、アニメながらとても尊い描写だと思った。
◆以下少しネタバレあり◆
後半には完全に涙腺崩壊するシーンも。世代を超えて、生と死の境を越えて、曲を通じて心が通い合ったミゲルとココお婆ちゃんにはもう涙の滝行でした。自分の環境も重なり、意識の遠いお婆ちゃんが目覚めていく様子はもう…ダメでしたね。
何気に、死者の国でメイクをしたミゲルの、ふっくらしたガイコツ顔がめちゃくちゃ可愛いと思ったのは自分だけだろうか笑。大好きなデラクルスの映像を眺める表情、歌う時の表情、今までのピクサーもののどれよりも、登場人物、ことミゲルの表情が豊かだったと思う。
余談だけど、“魂を導く者”ダンテは、メキシコ原産のメキシカン・ヘアレスドッグ(ショロ犬)で、そんなショロ犬はメキシコで「家を邪悪な魂から守り、亡くなった人をあの世に導く」とされ、とても頭のよい犬種類としても知られているらしい。あの羽の生えた虎のような、最強にも見えた魂のガイドさんも、現世ではかわいい猫の姿でしたね笑。ラストでミゲル達を連れ帰る様が、猫バスにも見えたのは自分だけじゃないはず笑
心温まるって言葉がホントにしっくりくる、とてもいい映画でした!
Kyo

Kyoの感想・評価

3.8
家族愛にジーンとする、良い映画でした。
メッセージ性はシンプルだがストレート。
ストーリーは一捻りあって良い
yonemy

yonemyの感想・評価

4.0
お盆が少し待ち遠しい。
May

Mayの感想・評価

4.5
あまりアニメ映画は見ないけれどこれは凄く面白かった。
曲がとにかく良いのはもちろんのこと、ストーリーが最高。
ほんのりと悲しいシーンもあったりして良かった。
映像美も凄い。
鯨

鯨の感想・評価

5.0
ちょっと前に見たんだよね、家族で。お父さんが見てよかったらしく、私たちにも見せてくれた。
結論から言うと、めっちゃよかった。
笑いどころも泣きどころもあって、映像がきれいで劇中歌がよくて、最後終わったときは涙を流しながら笑っていられる、そういう映画だった。
死者の国の話。死んじゃったじいちゃんを思い出したよ。ほんとに大好きだった。小1のころにガンで死んじゃった。おじいちゃんだけだよ、いい思い出しかない親戚は。それは小さいころに亡くなったってこともあるんだろうけど、それだけじゃなくて、おじいちゃん私のことすごい可愛がってくれたんだよ。二階でおじいちゃんが虎の真似して追いかけっこしてくれるの、私が長野に行くと毎回私の好きな貝を用意してくれてるの。一緒に北海道に行った時は、波で遊んでくれた。おじいちゃんは靴がびしょ濡れになって。北海道の旅行で覚えてるのはそこだけ。そんなにいっぱい覚えてるわけじゃないけど、長野の家が、いとこたちの家族と同居するためにけっこう変わって、それがすごいショックだった。みんなの中でおじいちゃんのことが少なくなってるみたいで。私は忘れない。おじいちゃんが1番すき。分かんないけど、おじいちゃんともっといろんな話をしたかったし、今ならスポーツがすきになったから、おじいちゃんとキャッチボールも野球観戦もなんだってしたい。おじいちゃんに会いたい。やばい。くそ。なんでおじいちゃんが死んじゃったの。でも、いまも生きてたら、嫌いなところも知っちゃうんだろうなあ。おじいちゃんを私は忘れない。忘れたくない。リメンバーミーを見てそう思った。
全然話違っちゃった。
テンポがよくて間延びすることもないし、ほんとに、こうやって終わったあと、家族のこと、考えたくなる。しんじゃった大切な人のこと思い出したくなる。
でも、感傷的にさせるだけじゃなくて、わくわくして面白かったり楽しかったりする場面もたくさんあるの、すごいいい映画だよ
えいし

えいしの感想・評価

4.1
死後の世界は夢にあふれていた。
死んだからといってもそこには今までと変わらない世界があって、ただひとつ違うのは忘れられると消えてしまうこと。

さすがのディズニーという音楽に、分かりやすいながらもわくわくさせる伏線のあるストーリー。
どれをとってもわくわくはらはらしながらあっという間の二時間を過ごせる良作
ストーリー、背景、音楽のどれを取っても高い水準
Y

Yの感想・評価

4.0
死者の国を舞台にしていて、こんな世界が存在してこんな仕組みだったら面白いなというピクサーならではのイマジネーションにまず心掴まれました。
でもストーリーは決して子どもじみてなくて、家族や大切な人がそばにいてくれることの有り難みや大切さを改めて再認識させてくれました。
ラストのシーンは自然と涙が出て止まらなかった〜。
メキシコの音楽もノリが良くて心地良くて、すてきな作品でした◎
>|