リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.2

あらすじ

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギター…

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことをキッカケに、夢のように美しく、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。生きている人間に驚いてしてしまうようなユーモラスなガイコツ達が暮らす国で1人混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのはガイコツになったご先祖たち─。果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか?すべての謎を解く鍵は、故デラクルスの美しい名曲バラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。イマジネーションの無限の可能性を 追求し、“おもちゃの世界”から“頭の中の世界”を描くことでアニメーションの特別な体験を贈ってきたピクサーが初めて描く、誰も見たことのない死者の世界とは?

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

【涙が滝行レベルに至る奇跡の曲】
カラフルで美しい死者の国、実際のメキシコの文化から掘り下げられるこの映画の世界観が圧巻。世代と生死の境を越え、音楽で心が通うラストはもはや涙の量が滝行レベル。

冒頭のダンテが初登場するあたりのシーンで、隠れキャラとしてウッディやニモが登場する笑。
第90回アカデミー賞長編アニメーション賞、主題歌賞受賞作品。監督はアカデミー賞受賞作『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ。「リメンバー・ミー」の作詞・作曲は「レット・イット・ゴー ありのままで」のクリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペス。

ある日、ギターの天才少年ミゲルは古い家族写真をきっかけに、先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込む。そこは、夢のように美しいテーマパークのような世界。しかし、日の出までに元の世界に帰らないと、ミゲルの体は消え、永遠に家族と会えなくなってしまう…。

文句なし。こんな映画が見たかった!何よりも素晴らしいのは、この映画の概念。死者は全て“死者の国”に幸せに暮らしていて、現世の人間から完全に忘れ去られない限り本当の死は迎えない。家族の大切さはもちろん、先祖の代まで敬う事の尊さを穏やかに表現していると思う。メキシコに実際にある“死者の日”という文化に着眼して、その世界観を最大限広げたこの物語の視点が面白い。死者がその日だけ現世と交錯するというこの映画の表現も、死者の国がとてもカラフルで美しかったことも、アニメながらとても尊い描写だと思った。
◆以下少しネタバレあり◆
後半には完全に涙腺崩壊するシーンも。世代を超えて、生と死の境を越えて、曲を通じて心が通い合ったミゲルとココお婆ちゃんにはもう涙の滝行でした。自分の環境も重なり、意識の遠いお婆ちゃんが目覚めていく様子はもう…ダメでしたね。
何気に、死者の国でメイクをしたミゲルの、ふっくらしたガイコツ顔がめちゃくちゃ可愛いと思ったのは自分だけだろうか笑。大好きなデラクルスの映像を眺める表情、歌う時の表情、今までのピクサーもののどれよりも、登場人物、ことミゲルの表情が豊かだったと思う。
余談だけど、“魂を導く者”ダンテは、メキシコ原産のメキシカン・ヘアレスドッグ(ショロ犬)で、そんなショロ犬はメキシコで「家を邪悪な魂から守り、亡くなった人をあの世に導く」とされ、とても頭のよい犬種類としても知られているらしい。あの羽の生えた虎のような、最強にも見えた魂のガイドさんも、現世ではかわいい猫の姿でしたね笑。ラストでミゲル達を連れ帰る様が、猫バスにも見えたのは自分だけじゃないはず笑
心温まるって言葉がホントにしっくりくる、とてもいい映画でした!
はる

はるの感想・評価

4.5
凄く良かった。
時間があっという間に過ぎた。
marin24

marin24の感想・評価

4.6
泣いた、油断していました
ピクサーが教えてくれることは根本的なことだけどそこが一番大切だ。

吹き替え版の藤木さんの声優が凄く馴染んでたし歌も上手かったんだな、、

こんな死者の世界なら亡くなった家族もきっと幸せに暮らしてるだろうな、と思ったら安心したし私も必ずいくから死ぬほど待っててぇ!って思いました。
ゆ

ゆの感想・評価

-
記録📝
飛行機の中で見たけど映画館で見るべきだった!話はディズニーらしい王道な感じだと思う
死んでしまっても大丈夫、でもそのためにはちゃんと生きないといけない。子どものうちにこんなの観たら、一生忘れなそうだ
かき

かきの感想・評価

3.5
心温まる映画
時期的にうるっとはしたけど前評判ほどでは。

思い出すって大事だよね。
AK

AKの感想・評価

3.8
かなり号泣もの!との前評判に、ハンカチとポケティ2個装備で鑑賞。

日本語吹替版での鑑賞だったのですが、なんてったってミゲル歌上手い!!!納得の歌唱力!全編ミゲルの歌でもいいと思えるくらいツボでした。

そして映像美。美しいし、街の奥行きある構図とかもすごい!
何よりも、おばあちゃんの肌の質感がやばい。どうみても実写。やば過ぎて、とても良いシーンなのにそっちがつい気になってしまうレベル(笑)

ストーリーは王道展開なのに、私はまんまとやられました。。私はつくづく映画を楽しめる特な性格だなぁと。
そしてもうね、このテーマはハイ泣くやつー!(ティッシュ消費は5枚ほどでした。)

「あなたと家族で良かった!」
心から叫べることの、なんと暖かで幸せなことよ。

王者ディズニーの風格たっぷりの映画でした。
>|