リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギター…

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことをキッカケに、夢のように美しく、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。生きている人間に驚いてしてしまうようなユーモラスなガイコツ達が暮らす国で1人混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのはガイコツになったご先祖たち─。果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか?すべての謎を解く鍵は、故デラクルスの美しい名曲バラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。イマジネーションの無限の可能性を 追求し、“おもちゃの世界”から“頭の中の世界”を描くことでアニメーションの特別な体験を贈ってきたピクサーが初めて描く、誰も見たことのない死者の世界とは?

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

子どもと一緒に鑑賞。長女5歳が、同時上映の「アナと雪の女王」だけで満足してしまい、本編の鑑賞中、20分に1回「もう、帰りたい」と云われ続けた。
ちたか

ちたかの感想・評価

4.0
原題"Coco"なのがめっちゃいい
前メキシコ人に先祖のこととか自分のルーツを知らないのはあり得ない!って言われたの思い出した(笑)
死者の日、007観てただのお祭り騒ぎの日だと思ってたけどこういう伝統ってすごいいいな
ryo

ryoの感想・評価

4.5
たまたまばぁちゃんの墓参りの後観たため、映画にのめり込まれてしまった。家族が一番の味方だと映画を通じて改めて考えさせられました。
余談ですが、死者の世界は楽しそうだね!
ばぁちゃんもママココと
あってるかな!笑笑😂
を今から見る。。
Amon

Amonの感想・評価

4.0
おばあちゃんっ子は はい、そりゃやられますわ。
メキシコ よい フェイスペインティング よい 死者の日 よい 想像していたよりよかったです おばあちゃんと子供の絵面は良い
さや

さやの感想・評価

5.0
ピクサーの技術力、アニメの世界の素晴らしさを感じる作品。色彩、音楽…どれもが心地いい。映画館で観たかったな〜。

人間の死後の世界、残された人が死者に対する想い…。宗教的感覚をこんなにも爽やかに、色鮮やかに、豊かに表現できるのか…と圧倒された。人間の死後の世界を考えれるようになった年齢の子どもが、この映画を観た時、どんなふうに感じるのだろう…と興味も湧いた。
自分の大切な人たちが、死後、あんなところにいてくれたらいいなと思う。

死者の世界で、生きている人に忘れられると消えてしまう…という二度目の死。
人が生きた証とは…そんなことも考えさせられる。死後も私の中で生きている。私の思い出の中に生きている。そんな残された人の想いが上手に描かれている。

幼い時に、人間にとって、一番悲しいことは死ぬことよりも、存在を忘れられることかも知れない。と感じたことを思い出した。そんなことを物語にしてくれた作品。心がふわぁ〜と満たされる、素晴らしい時間になりました。
ヴォン

ヴォンの感想・評価

5.0
泣きすぎて体乾ききるかと思った。家族一番。
anna

annaの感想・評価

3.3
家族愛のお話。
面白かったけど、前評判ほどじゃなかったなぁと。
でも最後の、ママココのくだりは少しグッときた。誰もが誰かを亡くしているからこそ、共感される物語。そして、いつか自分もそうなっていくのだなぁと。
hayakei

hayakeiの感想・評価

4.0
ギター好きの子が、家族愛について学ぶ話。

映像が凄く綺麗
序盤のテンポが悪い
家族の大切さが程よく伝わる
メキシコ音楽、アコギがとてもよかった
やはり音楽はいいね
>|