リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギター…

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことをキッカケに、夢のように美しく、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。生きている人間に驚いてしてしまうようなユーモラスなガイコツ達が暮らす国で1人混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのはガイコツになったご先祖たち─。果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか?すべての謎を解く鍵は、故デラクルスの美しい名曲バラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。イマジネーションの無限の可能性を 追求し、“おもちゃの世界”から“頭の中の世界”を描くことでアニメーションの特別な体験を贈ってきたピクサーが初めて描く、誰も見たことのない死者の世界とは?

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

人に勧められて観ました。正直、圏外作品だったけれど。2018年アカデミー賞の歌曲賞を受賞した作品というイメージしかなかったのですが、個人的にグレイテスト・ショーマンを推していたので、なんで?と思っていましたが、観て納得。やはり食わず嫌いはよくない。でもぶっちゃけた事を言うと、実写でも良かったんじゃない?という元も子もないことを言いたい。もちろんピクサーの技術は十分知っていますし、アニメとしてもこれ以上ないというくらいのクオリティ。でも、実写で観たかったなが本音。本がいいものー。家族への想いを再認識したり、愛って許すってことよねと思ったりできる作品。劇場のあちこちですすり泣く声が聞こえたけれど、家族を持っていない私にはつらたんの内容。いいなー家族。
Haruka

Harukaの感想・評価

3.9
ピクサーはどこまでも進化することがよく分かった。
まずは映像。死者の世界の世界観と景色が、もう泣きそうなくらい美しい。そして、骨という設定なのにちゃんとキャラの特徴を捉えていて、表情もしっかりしてる。骨だからこそしかできないオバケな動きも創造性豊かだ。細かな動きや設定にオタク心への敬意が止まらない。
テーマも「家族の絆」と「記憶により死者は生きる」という、子供にも大人にもよく伝わる暖かなもので、メキシコの文化に触れることにもなって面白かった。泣かされた。
御都合主義な部分はあるけれど、それを引いてもよくできていたと思う。
映画館で見た人はさぞ感動しただろうなぁ。
音楽が少なかったのでやや個人的に低め。
おぅおうおうぅぉぉぉ〜。。とてもいい話。。
絶賛されてたから観たけどそんなに感動しなかったなぁ。期待値を上げすぎた。
R

Rの感想・評価

4.2
こんなんでホンマにひいばあちゃんに会えたらええのに
Krashene

Krasheneの感想・評価

4.8
本当に心が温かくなる感動物語
色彩も何もかもキレイで素敵
tETu

tETuの感想・評価

4.2
期待以上によくできた映画だった
犬と猫がどうやってあの世とこの世を行き来していたのかが不明だったけど
あ、泣いた…。
>|