リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギター…

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことをキッカケに、夢のように美しく、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。生きている人間に驚いてしてしまうようなユーモラスなガイコツ達が暮らす国で1人混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのはガイコツになったご先祖たち─。果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか?すべての謎を解く鍵は、故デラクルスの美しい名曲バラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。イマジネーションの無限の可能性を 追求し、“おもちゃの世界”から“頭の中の世界”を描くことでアニメーションの特別な体験を贈ってきたピクサーが初めて描く、誰も見たことのない死者の世界とは?

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

くり

くりの感想・評価

3.7
独身の人が見たら鬱になる事間違いなしの家族愛全振り映画。

ポップコーン買いに行ってたかなんかで大事なとこ全部見逃したお客さんに爆笑した。


明るい音楽に鮮やかな景色で忘れがちだがこの映画のメッセージ性はとてつもなく深くて重い。

肉体が死ぬ事=死ではなくて、生者に忘れられてこの世に生きた証が消えてしまう事が本当の死。
だからこそ避ける事の出来ない肉体が死ぬまでの80年間で、せめて魂だけでも誰かの中で生きていられるように人間は本能で最愛の人を探し求め、最愛の子を産むのかもしれない。
ずっと見たくて見逃してましたが、飛行機で鑑賞することができました。
主人公の男の子がこれまたまっすぐで…頑張り屋さんで…一生懸命自分の思いを伝えるために頑張ってて。も〜だめ。飛行機で爆泣きしました←
日本タイトルのリメンバーミーってめっちゃ良くないですか…!ひさびさにタイトルに鳥肌立ちました。ぜひみて欲しいです。
ぴー

ぴーの感想・評価

4.1
面白いし、話やキャラや音楽どこを切っても素晴らしい作品だった~
劇場で観ればよかった
ごはん

ごはんの感想・評価

4.2
久々に泣いた。歌が頭のなかぐるぐるしてる◎
死後こんな世界あったらいいなぁ
思い出して泣いてしまった
tomato777

tomato777の感想・評価

4.4
家族って素晴らしい
家族ってあたたけえ…
ともよ

ともよの感想・評価

4.8
最後めちゃくちゃ泣きました。
目に見えないたいせつなこと。
とにかく画がきれいだった。美しい作品だった。死者の世界を描いていたが、もし死んであんな世界に行けるなら、まるで天国のようだなと思った。いわゆる、天国ではないけども。

よく、大切なことは目に見えないとか、目に見えないものこそ大切とか、言うけど、こういうことだと思う。亡くなった人は、もう会えることはなくて、目の前にはいなくて、どんな言葉をかけようと、その人から何かが返ってくるわけでもない。

まだ生前に会ったことのある人、たとえば、祖父母だと感謝の気持ちを持つことができるし、共有した思い出に思いを馳せて懐かしむこともできる。曾祖父母やそれ以上の先祖となると、分からなくなってくる。そんな人たちをも大切に思えるのは、素敵なことだと思った。

何かを大切にするときって「大切に仕方」って色々ある。「その人を思って」ああしなさい、こうしなさいと言うのか、自分の生き方だからといって野放しにするのか、プロセスは異なるけど、どちらも大切に思っているからこそっていう場合がある。

そこで思ったのは、子どもの大切に仕方は、導く人が必要で、その上で、主体的に放置する。これも正しいかは分からないけど、子どもは守ってあげなければならない存在であると同時に、自由でなければならない。その良さを活かしきる大人は一体何人いるのだろう、と。

本当の愛ってなんだろう。慈愛ってなんだろう。

それがきっとラストシーン。結局のところ、この映画の最も美しいシーンは、ミゲルが愛の歌をおばあちゃんに向けて歌うときのシーンだろう。たくさんの美しい画の中でも、最も美しかったのは、おばあちゃんの笑顔と涙のシーンだろう。
歌がすごく良くて泣けました
>|