リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギター…

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことをキッカケに、夢のように美しく、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。生きている人間に驚いてしてしまうようなユーモラスなガイコツ達が暮らす国で1人混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのはガイコツになったご先祖たち─。果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか?すべての謎を解く鍵は、故デラクルスの美しい名曲バラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。イマジネーションの無限の可能性を 追求し、“おもちゃの世界”から“頭の中の世界”を描くことでアニメーションの特別な体験を贈ってきたピクサーが初めて描く、誰も見たことのない死者の世界とは?

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

3.0
概念のキャラクター化がうまいなー
家族を大切にしようってなった
リー・アンクリッチ、エイドリアン・モリーナ監督2018年作品。いやぁ感動した!!これは凄いクオリティが高い!世界中の老若男女誰が観ても楽しめるように練りに練り上げてあるのだろうな。

映像は豪華さもいいけど、メキシコのムードを大事に表現しているところに特に好感を持った。「死者の日」は日本の「お盆」に近い慣習かも知れないが、賑やかでお祭りムードで随分違うなと思う。「死者の国」の世界も賑やかで楽しそうで行ってみたくなった(笑)難しくならない程度に捻りもあって惹きつけられっぱなしだった。何か所か少し泣いたかも・・・・・。

メキシカンな音楽が溢れる中リメンバー・ミーは完璧に英語の歌だったなと・・・。そんな事には関係なく感動したけど(笑)カラフルでキラキラの映像と音楽も楽しい映画だった。
めぐみ

めぐみの感想・評価

4.1
ミゲルくん…きみ、素晴らしいよ!!本当に。。まず本当に歌が良い!娘の教育のために殆ど字幕で見せているディズニー映画。吹き替えが素晴らしすぎてついつい吹き替えでみちゃう。そして、男の子の無駄にテンション高い感じをあのエクボで表現してるとこ好き。
御先祖様に対する考え方とか日本と似てるんだなー!お盆と一緒だなー!メキシコの文化に触れられた気分でとってもいい。

骨ってなんかやだなーって思ってたけど、ずっとみてると、なんだか骨の顔に見慣れてきて、骨の顔に喜怒哀楽があるのを受け入れてる。なんならちょっと好きになってるし、ハロウィンの飾り付けで買おうかなー!とかなってる。ディズニーはやっぱ動物とか表情がないものに、感情を表現させる天才だな…
あぐり

あぐりの感想・評価

4.7
レンタルで。

予想以上によかった!まあ死者の国って時点で確かに泣く要素しかなかったな…
一番最初に泣いたのはイメルダがミゲルを止めるために歌った時で、後はなんかもうどこで泣いてたか覚えてない…ママココにリメンバー・ミーを歌うとはわかっていてもぼろぼろに泣いた。

景色が美しい。
メキシコは行ったことないので、サボテンとか酒とかなんか変な帽子のイメージしかなかったけど、マリーゴールドがとても美しい国だなあと。多少盛ってるかもしれないけど、死者の日っていう素敵な文化を知れてよかったな。

それから歌。
歌が大事になりそうだったのでミュージカルなのか?と思ったけど、いわゆるミュージカルではないのかなと。私はそんなにミュージカル慣れしてないので聞きやすかった。感情表現というよりは劇中歌?でとっつきやすいと思う。

ガイコツは最初はシュールすぎてちょっと笑ったけど、なんか見てるうちにだんだんかわいく(ロシータとか)かっこよく(ヘクター!)見えてきたから不思議なものだなと。

やっぱりインサイドヘッドみたいな作り込まれた世界観は素晴らしいですね。二度目の死という設定がかなり効いている…個人的に写真を飾ってもらえない死者たちが適当に家族のように呼び合っているところが好き。

家族と夢の究極の二択を迫られること自体がおかしいんだよな、と気付かされる。そもそも家族と夢とは対なのだろうか?という疑問はこれからも考えていきたい。
家族は支え合うものでしょというセリフにもはっとさせられた。

個人的に感じたこと。
伝統のある大家族のもとにミゲルは生まれて、愛されているはずなのにルールに縛られ、夢を否定されてしまう。その最初の息苦しさがすごくて、自然とミゲル頑張れと思ってしまう。なんだけど結果的にミゲルは家族もやっぱり大事だと気づき、家族のもとに帰り、音楽も楽しむという終わり方。
それが-0.3に繋がる微妙なところで、日本では大家族というのが減りつつあり、離れて暮らしていても愛してくれている家族を思い出せる良い作品だと思うけど…今はいろいろな家族が存在していて、お互いを思い合っている家族ばかりではないということ。家族を愛しているからといって何をしてもいいわけではないということ。

あの終わり方だと少し家族に傾き過ぎであるとも思った。それが核家族化の進む今の日本に響くところもあり、もしかしたら時代に合っていないところもあるのかもなあと思うところがありました。家族の愛を押し付けられている感じが若干。私が家族を大切に思わなすぎているのかもしれない???海外はこれが当たり前なのだろうか…国によって、それから家族の形によって、感じ方が違うのではないかと思う作品でした。でも家族のことを改めて考えられて、いい作品だな〜と。特にうちは母子家庭で、父親のことを考えたりしました。
goemon

goemonの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・全体的な色合い、雰囲気が素敵✨
・ママ・イメルダのアレブリへ強すぎでしょーどうやって仲良くなったの?!と思ったら可愛いぬこ様でした♡
・最後、あれだけ音楽に反対していた家族達がけっこう簡単に許しててあれ?と…
家族は死者の国の出来事は知らないんだから、もうちょっと過程を…
・メキシコの文化も知れて面白い
・とにかく、ディズニー映画は観終わった後幸せな気分になれる♪
keita

keitaの感想・評価

3.0
家族と夢の物語。綺麗なアニメーションで楽しい音楽とともに進むストーリー。当たり前で普段考えることはないけど、大切なことは何だったか考えさせてくれる映画でした。
Koppi

Koppiの感想・評価

3.7
お墓参りの前日に鑑賞。ご先祖様と、今の家族を大切にしたいものです。
死者の世界がとても綺麗だったから、映画館で見たかったなあ。
shino

shinoの感想・評価

4.0
死者の日という、メキシコのお盆のような日がテーマの映画です。
最近のディズニーピクサー映画はテーマが壮大になってきたなぁと感じました。

音楽を夢見て出ていった夫と、取り残された家族。出ていった夫を振り返らないためかな?家から一切の音楽を排除したそんな家族の中に産まれながら音楽が大好きなミゲル。駄目だ駄目だと言われると余計に音楽が好きになるそんな気持ちもわかるし、家族なんか嫌い!となってしまう気持ちもよくわかります。

描かれている死後の世界が、あまりにもキラキラして素敵で見とれてしまいました。最初の死は肉体の死、二回目の死はみんなから忘れられたとき。
なんだか切ないです。

見終わったとき、想定外に泣いてしまいました。月並みですが、家族を大事にしたくなるそんな映画です。
>|