リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギター…

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことをキッカケに、夢のように美しく、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。生きている人間に驚いてしてしまうようなユーモラスなガイコツ達が暮らす国で1人混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのはガイコツになったご先祖たち─。果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか?すべての謎を解く鍵は、故デラクルスの美しい名曲バラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。イマジネーションの無限の可能性を 追求し、“おもちゃの世界”から“頭の中の世界”を描くことでアニメーションの特別な体験を贈ってきたピクサーが初めて描く、誰も見たことのない死者の世界とは?

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

まるこ

まるこの感想・評価

4.0
私のことを知らないおじいちゃんたちも私を見ててくれてるのかな
家族の絆、音楽の素晴らしさをカラフルで綺麗な描写を交え描いた良作。
家族の絆は、たとえ永遠の別れがきても途絶えることはない。たとえ少ない時間しか過ごすことができなかったとしても家族に愛された思い出は、いつまでもいつまでも心に残り永遠の絆になるのだろう。姿が見えなくなる別れがきても大切にして忘れないこと、自分が今生きている原点なのだから…
ぽて

ぽての感想・評価

4.0
今ちょうど日本はお盆で死者の日ってなんだかお盆と近い気がして見てみた。
メキシコ人の明るい性格、死者の日なのに日本と違ってキラキラしていて、御先祖様はなぜ大事なのか、なぜどの宗教でも祀るのかをよく分かった。人は2回本当に死ぬんだと思った。1つはこの世からいなくなること、もうひとつはこの世の人に忘れられてしまうこと。Pixarはどの作品も大切なことや素敵なことに気付かせてくれる。コンタクトが自然に取れてしまうほど泣きました。
mii

miiの感想・評価

4.8
記録
曲も内容も素敵でした。
自分の身内もこうやって会いに来てくれてるのかな?とか思いました。
家族や大切な人との思い出を自分だけじゃなくて誰かに話して共有したりしたくなりました。
むーた

むーたの感想・評価

3.6
死者の日のコンセプトが大好きで、(行ったことないけど)、ハッピーで底抜けに明るい死者の国とお祭りの様子が、色彩豊かに描かれていて楽しめた。

そんな明るいメキシコ人にも怖いこと、それは自分を思い出してくれる人がいなくなること。

そのときこそ第二の死として、存在が無になってしまうという考え方。だから祭壇に亡くなった人の写真を飾って忘れないようにする。

お盆と同じ考え方なんだろうけど、なんでも楽しもうとするマインドがいいなー😊
こんなに泣くと思わなかった。
久しぶりに心に響く作品。
>|