リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギター…

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことをキッカケに、夢のように美しく、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。生きている人間に驚いてしてしまうようなユーモラスなガイコツ達が暮らす国で1人混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのはガイコツになったご先祖たち─。果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか?すべての謎を解く鍵は、故デラクルスの美しい名曲バラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。イマジネーションの無限の可能性を 追求し、“おもちゃの世界”から“頭の中の世界”を描くことでアニメーションの特別な体験を贈ってきたピクサーが初めて描く、誰も見たことのない死者の世界とは?

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

FT24Chika

FT24Chikaの感想・評価

4.0
リメンバーミー
今更ながら観る機会があり観てきました。
評価通りの良作で
流石ディズニーピクサー毎回素晴らしい作品をありがとうと言いたいです。
今作はメキシコの死者の日が舞台で
同じメキシコの死者の日を舞台にした
ミュージカルアニメ
ラブストーリーを描いたThe Book of Lifeと良く似てる作品ながらテーマは家族だったのでこの作品はこの作品で良かったですよー!
本当にストーリーはドストレートで展開も先もわかるんですが…
やっぱり泣いちゃいました(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅๑)
あのココの表情は反則です(><。)
人ってやっぱり記憶から消えたら死ってのは
説得力がありわかる〜ってなりますね!
音楽禁止の靴職人家族に育ったミゲルが死者の国へ迷い込み…
その死者の国の鮮やかな事めっちゃ綺麗でした!
黄色をメインカラーにしていたのでイメージ的に暗く冷たい死者の国ってよりも温かさを感じ良かったです。
家族って素晴らしい!

劇場鑑賞男女比率3:7くらいでした。

2018年劇場鑑賞23本目

『リメンバーミー🎶』
しばらく記録すっぽかしてたのでレビューは省略でタイトルだけ記録していきます
Kinaco

Kinacoの感想・評価

4.2
だれもが想像できるような、安直にも感じられるラストも、抗えず泣いてしまった。ディズニーの表現の仕方や、見せ方の工夫等は発見があって楽しい。メキシコの文化についてもう少し深掘りしても良かった気がする。
Vana

Vanaの感想・評価

3.2
わたしはそんな好きじゃない
音楽が禁止な家庭って時点でもうハテナだった(笑)
Bambi

Bambiの感想・評価

4.8
泣けた。サントラ購入後飽きることなく数ヶ月聴き続けてます。ハイテク3Gのせいで目がチカチカするので、テクノロジーには全く感謝出来ず。しかし普遍的なストーリーと家族愛、一族愛にメキシコ文化を心からリスペクト&心惹かれる。自分もきっとご先祖様が今でも愛してくれてる、応援してくれてる、そして、私もそうなると確信に満ちた最後でした。歌声も温かく、シワシワのおばあちゃん👵を見て、私もああなりたいとまで思った。日本にもかつてご先祖様を敬う文化があった。
tsuchi

tsuchiの感想・評価

3.8
オレンジ、
スペイン語訛りの英語、
偉大なるママ達
かぞくをだいじにしたくなっま。
Kyo

Kyoの感想・評価

3.8
家族愛にジーンとする、良い映画でした。
メッセージ性はシンプルだがストレート。
ストーリーは一捻りあって良い
>|