リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギター…

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことをキッカケに、夢のように美しく、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。生きている人間に驚いてしてしまうようなユーモラスなガイコツ達が暮らす国で1人混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのはガイコツになったご先祖たち─。果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか?すべての謎を解く鍵は、故デラクルスの美しい名曲バラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。イマジネーションの無限の可能性を 追求し、“おもちゃの世界”から“頭の中の世界”を描くことでアニメーションの特別な体験を贈ってきたピクサーが初めて描く、誰も見たことのない死者の世界とは?

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

Mi

Miの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

音楽とビジュアルがとても良い。
スペイン語と英語が混ざりながら会話が進みます。
ゴーストライターが後に本当の父だとわかった時のギャップも良い。
泣ける映画。家族との縁が希薄な人や同時に連れが不機嫌な時に観た映画だったので相俟って号泣。ハンカチとティッシュは必須です。
Anna

Annaの感想・評価

3.9
メキシコ訛りの英語がかわいい。
最終的に大事なものって家族だよね。
なつ

なつの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

色彩がやはり素晴らしい!それだけで引き込まれる!音楽も良いし、ラストは泣けるし。でもでも子どもの夢を、子どもがあんなにやりたいと言ったことを、あそこまで叩き潰す家族に共感はできないかなぁ、、最後の方、逆に子どもが折れてたし、、あとディズニーは意外にもヒールを無残な形で退治しますね。更生していくパターン、少ない気がする。
まゆ

まゆの感想・評価

4.0
マリーゴールドの金色、死者の国の明るくも暗い色合い、死者たちが纏っているカラフルな服がとても綺麗だった。
「死」という暗いイメージとは反対の色使いがとても印象的だった。

死んだ祖父母をおもいだして泣いた。
人は声から忘れていくというが、たしかにもう祖父母の声は覚えていない。
でも、祖父母とのたのしかった記憶は私が死ぬまで忘れないでおきたい。
大切な人を、自分が死ぬまで大切に大切に守りたいと思った。
Kado

Kadoの感想・評価

3.7
たしかに、いい作品だった。
ちょっと容易に想像ついたけど、それでもよかった笑

メキシコ行ってみたくなった笑
家族の大切さを改めて考えさせられる
観終わった後は、リメンバーミーの歌を思わず口ずさんでしまう
shake

shakeの感想・評価

4.2
2回観た👀✨
わたしは泣かなかったけど
横の人号泣してた😭😭
めちゃよい👌👌
aki

akiの感想・評価

3.8
よかった。

死後の世界でもいざこざがあるのはちょっと面倒くさいなぁと思った。
パピコ

パピコの感想・評価

3.7
期待し過ぎていたのか
あまり泣けなかった。
ただ、ストーリーのオチは
想像してたものと違い、
真実が判明した時の衝撃はすごかった。
花

花の感想・評価

4.2
ディズニー映画は必ず観たいと思って
旦那と映画館鑑賞。
DVDじゃない映画観賞は貴重な時間。

私の周りには義理母が亡くなっていて
あー、亡くなっていても
大切にしなきゃ。
写真飾らなきゃ(飾ってるけど)
旦那は隣で泣いていました。