リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

yuri

yuriの感想・評価

3.6
今年から、ハロウィンの装飾にメキシコ風のカラフルなガイコツがやたらと増えてきたのってやっぱりこの映画の影響なんでしょうか?

フライングタイガーへお化けのランプを買いに行ったときも、隣の中学生と思しき女の子が母親にガイコツをねだってた。

日本のハロウィン事情はさておき。感涙必至と言われる本作、やっと観ました。



率直な感想としては、「ちょっと意外なストーリーだなぁ」。

常に世界の道徳最前線を走るディズニーが、今推すトピックとして「家族の血縁」を選んだことに意外な気持ちでした。

アナ雪でヒーロー像を壊し、美女と野獣でゲイの恋を肯定し、ズートピアやモアナで恋愛感情抜きの男女バディを描いたディズニー。

「血」のつながりを家族の証として描いたことがなんとなく意外な気持ち。「血」のつながりのない新しい家族像なんかを描きそうだな〜なんて勝手に思ってたので。



決して批判したいわけじゃない。死者の国のファンタジックな映像や、祭壇の写真の役割など遊びココロに満ちた描写はどれも心踊ったし、ミステリ要素のあるストーリー展開も面白かった。

007を観たときにも思ったけど、メキシコの死者の日は絶対に行ってみたい。もちろん生きてるうちに。
ひろの

ひろのの感想・評価

3.9
死者を大切にする習慣をテーマにしている点で、クボに通ずるものがあるなぁと思いました。
あと、
そのテーマと、音楽との絡め方、キャラクターの作り方や出し方のセンスに感服しました。
最初ちょっとテンポ悪くて「んー」って思ってたけど、中盤からめちゃくちゃ面白い展開になっていって、終わりまで釘付けだった。そして泣いた。
心が洗われる、暖かい家族物語だった。
この映画は、絶対吹き替え版で観た方がいいと思う。
ミゲルの声も凄く合ってる上に、めちゃくちゃ歌上手い。14歳とは思えない歌声に圧巻されっぱなし。
sasasa

sasasaの感想・評価

4.0
映像がキレイ。キャラクターも個性的で可愛い。服装もおしゃれ。歌もステキ。
ラストは感動しました。自分の亡くなった家族を想い続けでいこうと思いました。
また観たいと思います。
suzu

suzuの感想・評価

5.0
映画館にて。
友だちにシーミみたいな映画っ言われて“なんだそれ笑”と思いながら観たらめちゃめちゃ良かった。心が温まる。ほっこり。陽気で愉快な世界観がすき🎷
SHIHO

SHIHOの感想・評価

3.2
吹替のミゲルの歌声最高だった。
あとひいおばあちゃんのしわくちゃでかわいい顔の動きも。
でも、夜明けまでにあれしなきゃこれしなきゃって課題が次々出てくるから疲れて、後半ちょっと早送りしたよね!
cota

cotaの感想・評価

4.3
良い映画。

ストーリー、色彩センス、万人への魅せ方、全てが素晴らしい。舞台がメキシコとありガイコツも自然に入ってくるし死者の世界も明るくて良い感じ。最後にリメンバーミーの歌で家族が1つになるのも良いね。終始綺麗な英語で聞きやすかった。最高。
メキシコが舞台なこともあって、これまでのディズニーとは色使いや音楽のタイプがちがくてそれが新鮮でよかった!そして家族の大切さを改めて教えてくれた。泣けるストーリー
ともも

とももの感想・評価

4.0
泣けました。
画が綺麗。歌が素敵。
『人の死は命を失ったら終わりでなく人の記憶から消えた時が本当の死である』みたいな言葉をなにかのマンガで読んだことがある。まさにそんな映画だ。
家族愛について考えさせられた。
どうしてもミュージシャン側の立場で観てしまいがちだが、靴職人を夢見てる人がこの映画を観たらどうなんだろ?なんて皮肉なことを考えてしまった。
Area

Areaの感想・評価

5.0
もう絵がきれいすぎて泣いた…
内容も暖かくて泣いた…
メキシコの雰囲気とか、音楽、芸術、
亡き方に対する思いの向け方や分化が分かって、メキシコが好きになる映画と思った。