リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギター…

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことをキッカケに、夢のように美しく、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。生きている人間に驚いてしてしまうようなユーモラスなガイコツ達が暮らす国で1人混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのはガイコツになったご先祖たち─。果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか?すべての謎を解く鍵は、故デラクルスの美しい名曲バラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。イマジネーションの無限の可能性を 追求し、“おもちゃの世界”から“頭の中の世界”を描くことでアニメーションの特別な体験を贈ってきたピクサーが初めて描く、誰も見たことのない死者の世界とは?

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

家族を大事にしようって思う心があったかぁくなる映画だった。そんな今日、お父さんが自分の手でラインを送れるようになるまで回復した。やっほー の一言でこんなに嬉しいって思えたから家族は大事にしたいし、してほしい。っていう日記。
近年のディズニー映画のマンネリ感を吹き飛ばす素晴らしい映画

死者の国という一見暗いテーマをメキシコの明るい祭りで誤魔化した様なモノではなく地に足の着いた設定

いつも通り作り込まれたピクサーの映像も素晴らしいし音楽だって良かった
子供から大人まで楽しめる映画です(*´ω`*)
映画一本を通して、違和感がある部分は最初から最後にかけて綺麗に一つの話に繋がっていきます。

何より死者の日のメキシコの景観、死者の国の世界観など、近年稀にみる映像美で感動しました。
けー

けーの感想・評価

4.2
大切な人のことを想う一本。
何年先でもいろんな人に見続けてもらいたい。

カラフルで鮮やかな世界観が素敵です。
街中に溢れたマリーゴールドの花びらが幻想的、、数多ある花言葉では″変わらぬ愛″がぴったりだなぁと思いました。

ストーリーは単純明快で、子供から大人まで楽しめます!
途中で感じる違和感がすべてその後の展開に繋がるところは「さすがピクサー!」といった感じで、とても気持ちいいです。

余談ですが、手の大きさや皺からキャラクター性が現れているところがリアルで好きでした。
青猫

青猫の感想・評価

4.3
ストーリーに飽きも無く、予想していない展開に感涙。泪が溢れて首までつたっていった。

吹替のミゲルも、藤木直人さんも橋本さとしさんも凄く良かった。

オープニングの切り絵風の部分も、綺麗だった。
機内で吹替観賞。ミゲル君の歌声が素晴らしくて。抱きしめたくなる声。
誰にも想われず、ヘヴンの世界でもさらにヘヴンに行くのは嫌やなー。孤独は生きてる間だけで十分。
私は常に上を見上げているので、大好きな方々がヘヴンの世界でも生き続けているのかと思うと凄く嬉しい。私のおかげやで。って涙出るわ。
seira

seiraの感想・評価

4.0
映像が綺麗。
ミゲルくんの演技が自然で、透き通る声。
内容も思ったよりもしっかりしていて、不覚にもラストは泣いてしまった。
吹き替えで観たのだけど、違和感はなく感情移入して観られた。
sho

shoの感想・評価

3.0
以前視聴。
最後の大どんでん返し以外は、、、。
あったかいお話って感じ。
夢

夢の感想・評価

4.1
劇中でミゲルが言っていたように、「家族が一番大切」だということを証明してくれたような映画。
色鮮やかな映像や素敵な音楽も良かったです。
大人も子供も楽しめて感動する作品だと思います。
「リメンバー・ミー」耳に残る楽曲ですよね♪
Kaede

Kaedeの感想・評価

4.2
フリーダ・カーロが大好きでメキシコが好きになったから本当に楽しめた映画だった。歌も素晴らしかった。個人的には家族への少年の葛藤→成長の過程が出来てない自分と重なってしまった。映画館でめっちゃ泣いた。