リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価 - 890ページ目

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

momoko

momokoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

脚本が浅く、予定調和が過ぎる。イライラするシーンが多くて感動したくても邪魔される、、。 等々、ツッコミどころが多過ぎた。
ディズニーや特にピクサーは、アメリカのバカやっちゃってる面白さと、アメリカアメリカしてない情緒が絶妙なバランスで相まっていて好きなのに、なんだか勧善懲悪すぎるし、情緒があまりなくて、残念。

音楽、ミゲルの声優さん(字幕Ver)、映像美、エンドロールの最後の演出はとても良かった。
てん

てんの感想・評価

3.5
久々のIMAX鑑賞。よかった〜。メキシコの死者の日と音楽。死生観とか宗教的なことを考えるきっかけにもなる。ぜひ家族で観てほしい映画。一人レイトショーで観たけど、ちゃんと先祖供養しようって思った。死を明るく表現できるのすごい。最後ディズニーのシンデレラ城のところまで音楽で、無性にディズニーランドいきたくなった。
yizumi

yizumiの感想・評価

4.2
何十年後も見られる名作!
「家族愛」と「死」というテーマが奥深くて、これは泣いちゃう。
歌を中心に持って来てて、スカッとする度合いがハンパじゃなかった。
邦題の訳し方もベスト。
muni

muniの感想・評価

4.5
⁂死者の日は日本で言うところのお盆かな⁂

まず、吹き替えで観たんですけど、ヘクター役の藤木直人さん吹き替え上手くないですか?途中まで全然分からなかったです。

最高でした...本当に観に行ってよかった。音楽ももちろん良いけど、あっと目を惹く色彩豊かなシーンが最高!
"死"だけで言ってしまえば、多くの人のイメージは黒やグレーの暗い色を連想すると思う。でも、あえて明るく華やかな世界で死の世界でも死んだ人たちは幸せに暮らしてることでファンタジーに描けてディズニーらしさも出ててとても好きでした。

でも画面は明るくてポップに感じても、ディズニーピクサー側が伝えたい「本当の死とは誰の記憶からも消えてしまうこと、2度目の死。」というのはしっかり重くてズンと伝わって来る。

メキシコの死者の日は日本で言うところのお盆に近いのかなと思った。1年に1度先祖がこっちに来る、道がわかるように花びらを散らす(日本だとナスとキュウリで動物だっけ?)etc...なんだか遠い国の文化でも親近感が沸いて観やすいのでは?

なんで原題がCocoなのかもわかってホロリ。おばあちゃんの終盤の笑顔...。゚(゚´ω`゚)゚。

--------------------------------------
関係ないティムバートンをここで出すのはどうかと思うけれど、これを観ながら「コープスブライド」を少し思い出しました。
コープスブライドも大好きな作品で、死をファンタジーで描いてる点は同じ。(あちらはダークファンタジー?)
でも、もしも...もしもティムがリメンバー・ミーを描いたらきっとこんなにカラフルではないんだろうな。どちらもコミカルさはあるけれど、視覚的には対照的だなって思う。
きっと多くの人のイメージにある "死らしい死" に近いものを描いていたのかな、なんて思ったり。どっちが良い悪いとかではなく、死の世界を描いてるという点でティムを思い出したひとりごとでした( ˘ω˘ )
チェン

チェンの感想・評価

4.9
お盆映画の座を「火垂るの墓」から奪い取った名作
毎年お盆に放送してほしい


脚本良すぎない?
脱水症状に気をつけて
snoomy

snoomyの感想・評価

4.1
お盆とかなんとなくお墓参りしてたけど、ちゃんと写真飾ったり、心で想ったりするのは亡くなった人が生きてた証として、とても大事なことなのかなと思った。

家族か音楽かどちらか1つだけを選ぶのは難しい。
物理的に豊かになって、1人でも生きがいがある世界になって、結婚する人も以前と比べると少なくなって来たかもしれないけど、やはり自分の家庭を築くことはより人生を豊かにしてくれることなんじゃないかなと改めて思った。

大人でも楽しめる作品。
まつこ

まつこの感想・評価

3.8
音楽か家族かだなんて選べないよね。ふとしたことで迷い込んだ少年とご先祖様が織りなすハートウォーミングな霊界コメディ。

この設定いいよねぇ。死者の世界だからって永遠が保証されてるとは限らないだなんてなんだかとっても切ないな。

途中「そんな世知辛い話なの((((;゚Д゚)))」とゾワゾワしましたがやっぱりそうなってよかったなぁと思いました。

原題がいいよねぇ。ココってなんかいいよねぇ。

世代を越えて、この世とあの世の境を越えて、家族がひとつに繋がる時、優しい涙があふれだす。

あんなおばあちゃんいたら私もいっぱいちょっかいかけちゃうな。お墓参りいこ。
IMAX吹替で観賞。ピクサーではトイ・ストーリー3以来のIMAX上映、音楽とカラフルな映像が素敵でIMAXで上映しようと判断した方々に感謝の気持ちでいっぱいになった。

家族と死の物語なんだけど、これほどまでに認知症をリアルに描いた作品があっただろうかという点で震えた。

今回は邦題わりとありだと思った!石橋くんの歌もずっと聴いてたくなる
mu

muの感想・評価

4.0
以前からメキシコの死者の日には興味があったのですが、今作を観てメキシコに行ってみたさがもっと募りました。
D23での制作発表であのタイトルを観てから絶対面白そうと期待しまくりからの日本公開延期だったのでやっと観れた〜😂 とても感動するお話で曲もとても良かった。

死者の国のヴィジュアルは予告の時から井上直久さんの描くイバラードっぽいなと思っていたのですが、本当にジブリ美術館でたまに上映されている井上直久さん原作の「星をかった日」みたいなのでああいった世界観が好きな人にはたまらないと思います。先日監督のインタビューで千と千尋の神隠しのようなジブリ作品に影響を受けている、というような内容を読んだのでやっぱりもしかすると…?
(耳をすませばのバロンとの飛行シーンの世界観もイバラード)
ちはや

ちはやの感想・評価

4.5
ディズニーが「老い」と「死」を描く時代が来たんだなぁ…
美しく描きすぎてるかもしれないけど、若さと老いの境目くらいにいる私にはこのくらいがちょうどいいし、生きていける。
エンドロールの最後まで席を立たないで見てほしい。