リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価 - 890ページ目

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギター…

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことをキッカケに、夢のように美しく、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。生きている人間に驚いてしてしまうようなユーモラスなガイコツ達が暮らす国で1人混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのはガイコツになったご先祖たち─。果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか?すべての謎を解く鍵は、故デラクルスの美しい名曲バラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。イマジネーションの無限の可能性を 追求し、“おもちゃの世界”から“頭の中の世界”を描くことでアニメーションの特別な体験を贈ってきたピクサーが初めて描く、誰も見たことのない死者の世界とは?

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

RIN

RINの感想・評価

4.1
音楽、映像、脚本全てが◎
さすがのPixar💃🕺
笑って泣けて、ほっこりした気分になれる優しい映画です。
あんな

あんなの感想・評価

3.6
映像が綺麗だった。
飽きることなく、みることができた。

ミゲルの歌声に感動!
<字幕版>
初、エキスポIMAX次世代レーザーを体験
スクリーンが壁でした 馬鹿デカイスクリーンにも関わらず鮮明な映像で感動しました
IMAX用に撮った映画は下の黒帯が消えてスクリーンをフルに使ってくれるんでしょうか こんな環境で鑑賞出来たのでスコアを高めに出しているかもしれません 最高でした(*≧∀≦*)


さて、肝心の作品の評価ですが、想像していたものよりも遥かに良かったです
最初のアナ雪が無ければもっと気持ちよく観れたと思います そのくらいアナ雪は邪魔に感じてしまいました><


まず、CGについて
ディズニー・ピクサーのCGアニメーション作品が出る度に「 CGが凄いCGが凄い」と言われるので、あまりCGについては言及する必要はないかなと思ってしまうのですが、いやいや〜これは言いたい...
CGが凄い!! 笑
最近のディズニー・ピクサーのCGアニメを鑑賞された方に向けて言うのであれば、今までのCGよりも確実に進化してます!
特に素晴らしかった表現は 肌
シミ、シワ が凄くリアル ここまでこだわる必要があるのかと思いましたが、これがかなり重要で今作の「感動」を生み出すキーポイントの一つだと思っています
また、水の表現や色彩もとても良かったです 「ストーリーどうでもいいけど、ビジュアルで気になっている」方、絶対観るべき作品です!!


歌について
最近のディズニー作品って歌で攻めてる感じがあります でも今作を鑑賞して分かりました 最近は歌ではなく、歌の数に重きを置いていると思いました
今作は間違いなく、歌自体 に重きを置いています こいつは何を言っているんだと思うかもしれませんが、鑑賞すると、分かっていただけるのではないのでしょうか
アカデミー歌曲賞、「グレイテストショーマンじゃなくて、こっちなの?」と思いましたが、なるほど、これも鑑賞して分かりました アカデミー歌曲賞はこっちです
歌について書きたいことは多くあるのですが、色々と難しいのでここら辺でやめます


ストーリー・世界観について
全体的には良かったと思います
でも、期待していたものとちょっと違いましたね まず、残念だった点は、世界観の設定を活かしているシーンが少なかったという点です せっかく死者の国という面白い設定を使っているのに必要最低限にしか使っていなかったと思います 全体的にかなり急ぎ足でした
そしてこの作品の一番残念だった点は、次の展開が分かりやすすぎる点です
これはもう勘の良い人なら割と序盤の方で、最後どういう締め方をするか まで分かるレベルでした
これが私がラストで号泣出来なかった一番大きな理由だと思います

でも劇場で涙を流されている方は多かったですね 私も分かっていたので号泣まではいきませんでしたが、うるっとはきてしまいました これは恐らく前述した映像表現の進化のせいだと思います


テーマ自体は非常に良かったです
わんちゃんもメチャクチャ可愛くて◎
観て良かったです(^^)

劇場が明るくなるまで席をお立ちにならないことをお勧めします
misago335

misago335の感想・評価

4.9
全てが美しい。ものの質感、弦の揺れ、煙、圧倒的な技術力とそれに負けないストーリーテリング。
ピクサーは恐ろしい。

過去から未来へ繋がるラストシーンは完璧過ぎる。
Tomo

Tomoの感想・評価

4.2
物語構成:0.8
音楽映像:0.9
演技印象:0.8
エンタメ:0.8
全体総合:0.9
脚本がやはり徹底的に作り込まれており、
映像的なフレッシュさも言わずもがな。

作品の質が当然のごとく高いので
ピクサー作品については、
もはや個々人の好みの問題かもしれない。

という事で、個人的に
2010年代は
インサイド・ヘッドが未だ不動の地位。


3.23
地味な追記

そもそも子孫懐古欲が強いがゆえに、
当たり前に思ったせいでコミットしなかったのかもしれない。

知らず知らずのうちにわりと仏教徒
「リメンバーミー」見てきたよ〜
なるほど、そういう話かと。
日本だとだいぶ受け入れやすいテーマだよね。ようは「お盆」だから
音楽を呪いそして音楽に救われる話。
死者の国がとにかくカラフルでめちゃくちゃ綺麗だし、何より質感表現がまた進化しとる。ギターを弾く指の動きとかすごいわ。すげぇなぁピクサー。
おんなじ曲を何回も使うけど、それの質感意味が全部微妙にことなるっていうね。
あと悪役の立ち位置がまたなんともいえない気分に。
自分でもビックリするぐらいボロボロ泣いてた。
個人的にトイストーリー3以降のピクサーはあまり好きじゃなくて、だけど今回のリメンバーミーは全盛期のピクサー作品と肩を並べられる傑作でした。
ももも

もももの感想・評価

3.0
途中まで対して面白くなかったけど、色んな秘密が分かってからはそうだったんだー!ってなってまあ面白かった
音楽は最後のは良かったけど途中のはそんな心に残らず…
私はピクサー最高傑作の映画は他にあると思う
男の子のホクロがなんか良かった
家族とお盆は大切にします
ゆうじ

ゆうじの感想・評価

4.7
はい、泣きました😂
これは反則ではないか??
夢を、家族よりも優先しつつ、家族の為に
夢を諦めつつ…。
吹替え版で観て主役の少年の声に感動しつつ、
ならばと来週辺り字幕版を観ようと決意した、
それほど気に入った映画です🎵

追伸:1週間後に字幕版を観て、更に号泣😭