swansong

トレマーズ ブラッドラインのswansongのレビュー・感想・評価

4.0

おかえりマックス!
おかえりT-800!
おかえりハン・ソロ!
おかえりロッキー!

だが、長すぎる時を経て俺たちの前に再びその姿を現したのは、彼らだけじゃなかった。

前作「トレマーズ4」から10余年、南アフリカに突如現れ村人を襲い始めた新種のグラボイズを倒すため、「あの男」が帰ってきたのです。

その名は、バート・ガンマー!

若きケヴィン・ベーコンが「こっち側」の仕事もイケる頼もしい兄貴であることを俺たちに証明してくれた第一作。

ベーコン兄貴の後見人だったフレッド・ウォード叔父貴が、強力な助っ人ガンマーの力を借りつつ一枚看板を張ってみせた第二作。

兄貴も叔父貴も去ったあと、銃器マニアにしてサバイバリストの「ガンマーの親っさん」がついに主役に昇格した第三作。

そして西部開拓時代に舞台を移し、親っさんの御先祖様の活躍を描いた第四作。(これが面白かった!)

それぞれが楽しいけれど作品個々のクオリティには当たり外れも目立つ「トレマーズ」シリーズのなかで、この最新作「ブラッドライン」は、ひょっとしたら最高傑作かも知れません。

我々がB級モンスター映画に求めるものがすべてブチ込まれた、まさに至福の90分 。( 誉めすぎ?)

ぜ~んぜん責任持てないけど、これはお薦めです!(笑)